フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

2017年4月27日 (木)

やっと花

なかなか花が咲かなかったアガボイデス、やっと花がつきました。

Dsc_0421_convert_20170423203538

これまでは花芽が出ても途中で萎れてしまい、花が咲くところまで行きませんでした。肥料の関係でしょうか。リン酸がもっと必要だったかも。

Dsc_0422_convert_20170423203600

昨年から植替え時には発酵済油粕とマグアンプを併用していますが、まだまだ萎れる方が多いです。花サボテン用の肥料でもやってみようかと思っていたところです。しかし、花芽が萎れる現象が出るのはアガボイデスだけです。自生地の環境で違いが出るのでしょうか。

Dsc_0423_convert_20170423203622

花はごく普通のエケべリアの花、オレンジのつぼんだ釣り鐘型です。一度に枝分かれして先端にかたまっているところが特徴でしょうか、ラウイなどとはかなりつき方が違います。

Dsc_0424_convert_20170423203924

とにかくついた花は大事にして種を採りたいところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月26日 (水)

よし、実生をしよう

ハオルシアも花芽が伸びてきました。

Dsc_0389_convert_20170423202220

伸び過ぎて画面に納まりません。

Dsc_03922_convert_20170423202242
開花時期を合わせるため、1本目の花芽をカットしたのですが、
2本目も成長が早く先に開花してしまいました。元気があるのですかね。

ハオルシアの花は開花が遅い方の花粉をとって、早く開花した花の雌しべに付けると実りがいいとのこと。成熟のスピードが雄しべと雌しべで違うのだそうです。みんな研究されているのですね。

Dsc_0394_convert_20170423202304

花はこんな感じ、小さくて受粉が難しそうです。昨年は玉扇の花でいろいろ試したのですが、実ったのは1花だけでした。ただ、種が大きいのでベンケイソウより種が採れた実感はありました。

コレクタは初めて、とにかくやってみるしかありません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月25日 (火)

花もある多肉 その2

多肉植物は葉や幹や根などに水を貯え、普通の植物と違った形になるところが見どころです。水を貯えることに専念して植物らしくない形になってしまったものもあるところが、面白いところです。

Dsc_0429_convert_20170423202617

大抵の場合、花は種を採るために必要かなくらいの感覚なのですが、これは花がカワイイので、花も見どころです。

Dsc_0430_convert_20170423202642

ペラルゴニウム・アッペンディクラーツムです。「ディスイズ・アッペン・ディクラーツム」今だけ通用するギャグです。「え、もう古い?」

Dsc_0433_convert_20170423202729

岩のような逞しい塊根と雲のようなふわふわの葉があり、それだけでも十分なカッコよさなのですが、ここにこんな花が付くなんて、とっても贅沢。
欲張りすぎな多肉です。

Dsc_0432_convert_20170423202706

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月24日 (月)

花もある多肉

以前、花が見事な多肉植物はサボテンとアデニウムくらいしか思いつかないと書きましたが、他にも花が綺麗な多肉がありました。

Dsc_0371_convert_20170422202258

レウィシア、ホームセンターでは多肉売場よりも花売場に置かれることが多いようですが、これも立派な多肉です。

Dsc_0372_convert_20170422202318

寒さに強いので、花の少ない真冬の時期に重宝するようで、早春になると花が枯れたものが安売りされます。多肉と違って室内に置かれているわけではないので売れ残りでも大丈夫です。春になればまた花芽が出て復活します。

Dsc_0376_convert_20170422210448

色も色々あるので、まとめて植えても良さそうです。ただあくまで多肉なので、梅雨や秋の長雨には弱く、花壇などに植えこむのは無理があるようです。

梅雨時に軒下に取り込めるプランターならいいかも。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月23日 (日)

北側の春

我が家は北側道路なので、北側の方が広々していますが、家の陰になり冬の間は日照0が続きます。こんな状態でも寒さに強いセダムなどはちゃんと育っています。真冬は成長も止まるので、徒長はしないようです。

Dsc_0368_convert_20170422202122

4月になってやっと陽が射すようになりました。これを待っていたかのように花が咲きだしました。日当たりのいいところと比べると1ヶ月ほど遅いような気がします。

Dsc_0369_convert_20170422202153

セダム・パリメリー、和名は薄化粧です。夏はデロンとしてあまりぱっとしませんが、この時期は紅葉した葉に黄色の花が綺麗です。この薄い葉で冬の寒さにもめげず、大したものです。

Dsc_0367_convert_20170422202059
もっと評価されてもいいはずですが、雑草扱いの露地植えです。

Dsc_0378_convert_20170422210514

北側ではこんなものも満開、ちょっと遅い春です。

Dsc_0383_convert_20170422210535

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月22日 (土)

かなしい花

咲いたら終わりのアエオニウム、ドドランタリスがついに花を咲かせてしまいました。

Dsc_0357_convert_20170419223356
アエオニウムはどれも黄色い花で芸がありません。あんまり綺麗な花ではないですが、たくさん咲いて数で華やかさを出すタイプです。

Dsc_0358_convert_20170419223427

しかし、大事に育ててきたのに、この花と引き換えに命を落とされたのでは割に合いません。かといって株別れしてどんどん増えるものを種を採る気にもなれず、結局成り行きまかせです。

Dsc_0359_convert_20170419223449


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

うれしい花

フィロボルスが花盛りになっていました。

Dsc_0342_convert_20170418233014

花はマツバギクに似ていますが、少し小ぶりで可愛い感じです。

マツバギクと同じメセン科で多年草、毎年花を付けます。マツバギクというと道端に生えている普及種ですが、フィロボルスというと高級な感じになるのが不思議なところです。

Dsc_0346_convert_20170418233132

一応樹木のようになって幹ができるので、盆栽らしくなるのが重宝される理由のようです。もっとも素晴らしい形になるのもあれば、地を這う種類もあるようで、全てがカッコいいわけではないようです。

Dsc_0345_convert_20170418233107

私のは残念ながら大したことがない物らしいです。それはともかく群生株になって毎年花を見ることができるのはうれしい限り、健康第一です。

Dsc_0343_convert_20170418233042

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月21日 (金)

春の宝探し 多肉祭り編 番外

さて色々見せていただき、一息ついたところで気が付くともう12時近く、あっという間に時間が経過していました。

Dsc_0312_convert_20170415215537
こんなものが目に入って、急にお腹がすいてきました。「丼!」

Dsc_0327_convert_20170417223334

ここは富士宮ということで、名物を食べに。神社の前のフードコートというか屋台村のようなところ、やはり焼きそばは屋外が合いますね。

Dsc_0331_convert_20170415215659

その神社は富士宮では有名な桜の名所だったようで、ついでに見ていくことに。

Dsc_0326_convert_20170415215636

4月も半ばなのですが、まだ十分花が残っていました。

Dsc_0322_convert_20170415215613

青空に桜が映えます。

Dsc_0317_convert_20170415215557

そして風が吹くと一面の花吹雪、花びらが髪にも肩にも。

Dsc_0334_convert_20170415215721

一緒に行った友人に、「あ、花筏」と言われて、「えっ!どこどこ」とエケべリアを探した私は本当に常識知らず。
どうも花びらが川に浮かんだこの状態を花筏というらしいです。知らなかった。

Dsc_0335_convert_20170415215742

ということで、花見もでき、とても楽しい一日を過ごすことができました。

富士多肉愛好会の皆さま、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月20日 (木)

春の宝探し 多肉祭り編 その5

このあと栽培中のところも見せていただきました。

Dsc_0304_convert_20170415215328

この辺は養生中のカット苗でしょうか?そんな雰囲気です。細かくふるった赤土が印象的です。根がもぐりやすそうです。

Dsc_0305_convert_20170415215354

この入れ物もきっちりと収まっています。特注品かな?

Dsc_0306_convert_20170415215413

Dsc_0307_convert_20170415215429
これがだんだん成長して、こうなっていくのだろうなという感じで並んでいました。

Dsc_0308_convert_20170415215445
この辺は斑物、特別扱いされているようです。

ここまで来てあることに気が付きました。
「網の上に直置きしてる!これって空冷栽培じゃ?

Dsc_0309_convert_20170415215504

寄せ植えしたトレーもちゃんと網の上に置かれています。

ここを訪れる前日、オリジナル栽培法として書いたばかり。もっとも吊り鉢にしている先輩からヒントを得たので、完全なオリジナルじゃないですが、既に実施されていました。
私は昨年始めたのですが、こちらの方が年季が入ってそう。

実は「そんなの常識のタッタタラリラ」だったらしいです。知らなかった。しかし、考えてみると実施されてるということは効果があるということです。

まるでデタラメを書いたわけじゃなかったというところが救いですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月19日 (水)

春の宝探し 多肉祭り編 その4

さて、即売苗の方はこんな様子。9時半着は既に出遅れ、トレーには空きが目立ちます。

Dsc_0276_convert_20170415214119
Dsc_0279_convert_20170415214615
Dsc_0277_convert_20170415214140
Dsc_0272_convert_20170415213958
3
個は当然千円、安いです。やはり苗を買うなら趣味の方からが一番ですね。

Dsc_0278_convert_20170415214159

セダムもありました。

Dsc_0283_convert_20170415214746

山盛りミニマ。

Dsc_0302_convert_20170415215310

Dsc_0291_convert_20170415214924
ハオルシアもいい物がたくさん残っているように見えますが、これは空いたトレーのものを寄せたもの、要するに「まだ残っていた!ラッキー」というような感じ、無くなったものには何があったのか気になるところです。

Dsc_0298_convert_20170415215223
ブラックオブツーサもこの値段でした。写真を撮っている間にも次々と無くなっていきました。そりゃそうですね。

Dsc_0297_convert_20170415215057

ちょうど花の時期がよかったサボテン、綺麗な花ですね。サボテンは花も見ごたえがあります。多肉でこういう芸があるのは少ないですね。アデニウムくらいしか思い浮かびません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月18日 (火)

春の宝探し 多肉祭り編 その3

多肉植物祭りの続きです。

エケべリアとコノフィツム以外もありました。

Dsc_0293_convert_20170415215003

ベンケイソウの仲間たちです。

Dsc_0294_convert_20170415215021
これはアドロミスクスの何か。

Dsc_0310_convert_20170415215520

すごく綺麗な斑入り、サンシモンバイオレットとエケべリア・クロマだったかな?

Dsc_0289_convert_20170415214900

レツーサ錦かな?これも綺麗ですね。何といっても園主様がハオルシアの大家なので、ハオルシアのレベルは高いです。

Dsc_0284_convert_20170415214838

Dsc_0285_convert_20170415214815
アガベも数は少ないですが、雪山みたいなのの向こうの氷山とかイスシメンシス錦とか、貴重品はしっかりありました。

Dsc_0295_convert_20170415215038

ダドレアは少なかったです。気が付いた限りではこれだけだったと思います。やはり人気がないというか、栽培する人が少ないですね。そう言えばダドレアの斑入りとか見ないですね。派手さが無く、変化が少ないのも人気がない原因かもしれません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物ランキング

2017年4月17日 (月)

春の宝探し 多肉祭り編 その2

次に見せていただいたのはコノフィツム。

Dsc_0267_convert_20170415213820
エケべリアと違って全て単独
植えなのですが、まるで絨毯を敷き詰めたよう。
お花畑ぽい感じでしょうか。

Dsc_0266_convert_20170415213759

コノフィツムといっても色も形も様々、全体をみるとカラフルで圧倒されます。

Dsc_0269_convert_20170415213858

群生株が多いのも迫力の要因でしょうか。

Dsc_0268_convert_20170415213840
コノフィツムに無知な私でもこれは知ってる、そして多分全ての方が知っているウィッテベルゲンセ。ここまでの群生になるのはずいぶん時間がかかるそうです。
ウィッテベルゲンセも模様が色々、面白いものです。この模様の良し悪しで価値が決まるそうです。好き嫌いもあると思いますけど。

Dsc_0270_convert_20170415213914

これなんか綺麗にデザインされていると思います。万人好みではないでしょうか。

Dsc_0271_convert_20170415213931

これは唐草模様とのことですが、真ん中に口が付いているようでちょっと不思議、マスクマンですね。

Dsc_0265_convert_20170415213732

そしてブルゲリ、「大きい!こんな大きいのがあるのですね」といったところ、出品者の女性の方が特に並べて下さいました。
「小さい方が綺麗なので好みです」とのこと。
言われてみると確かに小さい方が輝いて見えます。

宝石のようで、とても植物とは思えないですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月16日 (日)

春の宝探し 多肉祭り編 

富士多肉植物愛好会の春の多肉植物祭り、招待状をいただいたので行ってきました。いや、本当は招待状なしでも行くつもりでしたが、案内をいただけるのはうれしいものです。

Dsc_0337_convert_20170415214331

東京を7時半に出発し、到着は9時半、出足は早くもうすでに駐車場はいっぱい。詰めてもらってやっと入れました。人気のイベントです。今日もやってますよ、今から行っても間に合います。近くの方は是非どうぞ。

Dsc_0299_convert_20170415214546

入口でまず目に入ったのは山のようなエケべリア、すごい!さすが多肉祭り、趣味の方の展示品と思われますが、レベルはプロ以上です。
因みにこの撮影禁止のハウス内は啓芳園園主様のハオルシア、びっくりするような銘品ぞろいです。これを見るだけでも来たかいがあるというものです。

Dsc_0275_convert_20170415214100

エケべリアのコーナーはとても華やかです。

Dsc_0274_convert_20170415214015
Dsc_0273_convert_20170415214034
中央のボウルにもエケべリアがぎっしり、我が家の寄せ植えトレーとは迫力が違います。寄せ植えはこれくらいでないとダメですね。

Dsc_0281_convert_20170415214704

個別で目についたのはやはりこれ、モノケロテス錦です。確か大和錦と紅司の交配種の斑入り、エケべリアの斑入りは葉の形が崩れることが多いのであまり好きではないのですが、これは葉の形も綺麗です。

Dsc_0282_convert_20170415214727

Dsc_0280_convert_20170415214644
出るのはため息ばかり、やはり軒下ではこのレベルにするのは無理そうです。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月15日 (土)

空冷栽培準備中

夏越しが不安なものはまず空冷栽培、これは私が勝手に名付けたので、真面目に調べても見つからないと思います。

Dsc_0245_convert_20170413210038

いや大したことではありません。園芸用のトレーに、将来の成長を見越して余裕を残して寄せ植え、そしてそれを網棚に直接乗せるだけです。

これだけのことですが、昨年は思ったより成果が上がりました。夏に腐る確率がずいぶん減ったと思います。

Dsc_0246_convert_20170413210102

理由を考えてみましたが、トレーの底からも水分が蒸発するので、早く土が乾き蒸れにくい、かつ底面は日照が当たらないので気化熱で鉢底から熱を奪い、プラ鉢より鉢温を低く保てるのだと思います。

Dsc_0249_convert_20170413210130

水遣りは鉢底からです。夏も水位を低くすれば水遣りしても大丈夫です。夏もそれほどしわしわにならなくて済みます。

Dsc_0250_convert_20170413210152

「トレーの底漏れで棚下のものが泥水をかぶるんじゃないの?」
その通りなので、鉢底給水してから2時間ほど水切りしています。
水切りといっても、給水後こんなところにのせて置くだけ。水が落ちなくなれば大丈夫です。

Dsc_0251_convert_20170413210218

水冷栽培もいいのですが、数がこなせないので、特に夏に弱い物だけに限定です。ラウイ系を除くエケべリアやダドレアなどは、今年の夏はこれで行く予定で、今暇を見つけては植え替えています。

暇があったらお試し下さい。
ただし、結果に責任は持ちません、栽培は自己責任で・・・。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月14日 (金)

ピートモス育ちの植替え

エケべリア・ルンデリ―、ホームセンターで安売りしていたので、思わず衝動買いしてしまいました。

Dsc_0199_convert_20170409214415

たくさん入っています、超お買い得

Dsc_0206_convert_20170409222816

これ、育てるのは難しいはずなのですが、さすがプロの方はこんなのも量産できるのですね。

Dsc_0209_convert_20170409222757

ところで最近出回っているものは、こういうピートモスのようなものに植えられていることが多いです。量産するのに便利なのでしょうね。こういう土の植替えには今まで苦労していましたが、昨年「逆転の発想」でなんとか上手くいくようになりました。

Dsc_0210_convert_20170409222850

普通は乾かして根を傷めないように土を落とすのですが、ピートモスの場合は逆、水に浸け込みます。

Dsc_0212_convert_20170409222912

しばらくふやかせば、ボロボロと取れていきます。

Dsc_0213_convert_20170409222931

後は根を傷めないように洗い流し、こんな感じに仕上げます。

Dsc_0214_convert_20170409222956

多数を寄せ植えしているのかと思ったら群生株でした。びっくりです。

Dsc_02152_convert_20170409223020

想定外でしたので、用意していたトレイはちょっと浅かったです。

まあ梅雨明けには水冷にするので、それまでの仮植えということで辛抱してもらいます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月13日 (木)

チュッパチャプスと呼んでるしー

前から機会があればと思っていたこのアエオニウム、ようやく出会えました。

Dsc_0256_convert_20170409225127

グリーノビアと普通のアエオの中間みたいな様子の小型のアエオです。

Dsc_0258_convert_20170409225218

今でも十分に魅力的ですが、夏になるとこの棒の先のロゼットが丸まって、チュッパチャプスそっくりになるのです。

Dsc_0257_convert_20170409225157

そうそう名前はアエオニウム・サンデルシー、チュッパチャプスでは恐らく通じないと思います、念のため。

Dsc_0259_convert_20170409225242

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ベンケイソウいろいろ実生報告

31820日の3連休に蒔いたベンケイソウたち、全種類発芽しました。全て買った種です。

今まで「買った種は発芽しない」と思っていましたが、種ではなく蒔き時期に、問題があったようです。

ダドレア、チレコドン、エケべリア(高山系)など、昨年は全く発芽せず。
冬型の植物なので秋蒔きと思い9月に蒔きましたが、9月では暑すぎたようです。
ラウイなどと同じ要領で、タッパー蒸ししたのが致命傷だったと思われます。

Dsc_0216_convert_20170409225524

秋蒔きに失敗したので、3月に蒔いたところ、ダドレア・アブラムシ―を先頭に続々と発芽しました。

Dsc_0223_convert_20170409225608

温度でいえば、室内で78℃から20℃といったところ、秋であれば11月初旬の気温です。このくらいであれば、蒸してちょうどいいようです。

Dsc_0224_convert_20170409225640

4月も中旬を過ぎ暑くなるようであれば、蒸さずに底面給水で湿度だけ保てばいいかなと思います。やはり植物の種類によって、蒔き時期、蒔き方の工夫が必要です、って当り前ですね。まあ今回は結果オーライです。

Dsc_0225_convert_20170409225746

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月12日 (水)

セダムの花

花盛りです、満開です。お花見ができそう。

Dsc_0237_convert_20170409223340

この花の主は誰?

Dsc_0240_convert_20170409223655

ジャーン、正体はこれでした。セダム・アドルフィです。

Dsc_0239_convert_20170409223740

まだ単頭ですが、群生株になってこの花が咲けば、本当にお花見してもいいかなと思います。

Dsc_0244_convert_20170409223811

この弾けるように開いた花、前の記事のインシュラリスと似ている?
いやいや、こちらが本家。セダムの花でした。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

セダムのような花

ダドレア・ビレンス・インシュラリスです。
ビレンスはダドレア属の中で、スティロフィルム亜属に分類されています。

Dsc_0148_convert_20170408203613

スティロフィルム亜属の特徴は、細長い棒状の葉とセダムのような弾けたように開く花です。

棒状の葉はバラバラとしていて、典型的なロゼットを形成するわけではありませんが、銀白色の葉が密集するとそれなりに綺麗です。もう少し分頭して大株になれば迫力がでそうです。

Dsc_0150_convert_20170408203630

単頭の小苗は、雑草のようにしか見えないので人気もないようです。従って、多肉園さんもあまり相手にしないので、大株を見る機会はあまりありません。かえって作り甲斐があるというものです。

Dsc_0154_convert_20170408203647

そして花、確かにセダムのような開いた花で、この亜属の記載のとおりです。エケべリアのようなロゼットを持つダドレアは、エケべリアのようなつぼんだ花です。かつてエケべリアに近いダドレア群とビレンスが別属だと思われていたのもわかるような気がします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月11日 (火)

強い子をつくろう

エケべリア・ラウイはたくさんあるのですが、全て同じ親からの実生なので、何代も続けていくのもどうかなと思い、違う系統を入れることにしました。もっとも違う系統かどうかの保証はありません。

Dsc_0228_convert_20170409230513

左が我が家産、親は鶴仙園で入手したもの、右が先日二和園で入手したものです。葉が丸くて形がいいので、似た子が出るといいなということで、これにしました。

Dsc_0232_convert_20170409230636
もっとも、育て方の差が色形に出ているだけかもしれず、素質に差があるのかどうかは不明です。我が家に来るとあっという間に他のものと一緒になってしまうことが良くあります。

Dsc_0227_convert_20170409230444

ちょうど花芽が揃っているのもいいところです。二和園から来た方は、不注意で花芽を居らないように植替えも見合わせ、ビニールポットのままです。

Dsc_0230_convert_20170409230605

今までラウイの花粉付けは習字の筆で行っていました。花粉を筆に乗せ、違う花に突っ込んでかき回すだけ。ピンセットで雄蕊をとって、雌蕊の柱頭に付ける方が確実だと思うので、今回は丁寧にやって見ます。

Dsc_0229_convert_20170409230540

種ができるのは6月頃でしょうか?ラウイなので例え真夏でも採り蒔きするつもりです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

«葉挿し出ました