フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

2017年12月12日 (火)

我慢の限界です

寒いのは苦手、朝もつらいし、早く春が来てほしいと、年も明けないうちからそればかり願っています。4月まで長すぎます。

アガベにも寒さが苦手なものはあります。

Dsc_0579_convert_20170205195251
ポタトルムも寒さに弱いと言われていますが、その中で比較的寒さに強いはずの吉祥冠錦でさえ、昨年冬に被害が続出しました。
吉祥冠より弱いはずのポタトルムは、室内取り込みなのでデータはありません。

Dsc_0562_convert_20171210234231

ポタトルム・バーシャフェルティ錦、室内の窓際で元気です。

Dsc_0567_convert_20171210234257

ポタトルム・スノーフォールです。こちらも元気です。
見た目は寒さに強そうな雰囲気ですが、屋外で試す勇気はありません。

Dsc_0568_convert_20171210234316

しかし、これは室内窓際にもかかわらず、早くも我慢の限界が来たようです。
ポタトルムの何かですが、葉が赤くなってきました。

一見強そうな外見ですが、実は寒さに一番弱いようです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月11日 (月)

この寒いのに

昨年の3月に蒔いたトリコディアデマ・ステラチウムが花を咲かせていました。

Dsc_0620_convert_20171210235828

天気はいいですがとても寒いです。こんな時に花を咲かせても、虫も来ないし受粉する確率は低いと思うのですが、そんなことはお構いなしのようです。まあ、コノフィツムも咲いているのでそういうものらしく、狂い咲きではなさそうです。

Dsc_0621_convert_20171210235852

しかし1年で花を咲かすとは成長が早いです。いやこれが普通ですか。多肉は成長が遅いものが多いので、とても早く感じます。

Dsc_0623_convert_20171210235955

葉や茎は産毛が生えていて、なんとなく可愛げがありますが、モフモフではありません。

Dsc_0622_convert_20171210235917

花はマツバギクによく似ています。とりたてて素晴らしいという訳ではありませんが、群生になるとそれなりに綺麗な感じです。マツバギクは夏咲きですが、こちらは花の少ない時期に咲くので、それなりに重宝しそうで

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月10日 (日)

豆の花

豆のようなコノフィツムに花が咲きました。

Dsc_0482_convert_20171208212004

細い花弁の白い小さな花です。

Dsc_0483_convert_20171208212018

本体の形はうずら豆か何かその辺の感じです。緑の地肌に下部が紫で色がとても綺麗です。模様はたいしたことはありません。この模様の入り方で価格がずいぶん変わるようですが、やっとなんとか1年を無事に過ごせたばかりの初心者には、このくらいが身の程というところです。何といってもダメにするとショックが大きいですからね。

Dsc_0489_convert_20171208212137

まあしかし、思ったよりは育ちます。夏も水を切るのは不安でしたが、枯れることもありませんでした。丸い形は乾燥に強そうです。

Dsc_0484_convert_20171208212038

こちらはまだちょっとしわが残ったままです。花が咲きはしましたが、体力を消耗してしまいそうでちょっと不安です。

Dsc_0487_convert_20171208212055
根から水を吸っていないのかも。抜いて水につけたほうがいいか、ほっといた方がいいか、迷うばかりです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 9日 (土)

旬のダドレア

ダドレア・サクソーサです。

Dsc_0454_convert_20171126220311

サクソーサの中でもサクソーサ・サクソーサというど真ん中のもの。

夏が苦手なダドレアの中でも特に夏縮みやすい高山系ダドレアですが、今年の夏は過ごしやすかったようで、縮みは少なくある程度の大きさのところから、成長期をスタートすることができました。寒さには強いので、この時期は安心です。

Dsc_0455_convert_20171126220346

葉の先がとがってひし形、それにうねりが加わっており、葉の形はとても面白いです。仙女盃のような派手さはありませんが、見飽きないダドレアです。

Dsc_0456_convert_20171126220425

あまり幹立ちしないようで、地表にへばりつくように広がっています。

これもまた脇役系のダドレアですが、渋い演技に注目が集まることもあるのではないかと期待しています。

我が家に来て何年か経ちますが、まだ花を見た覚えがありません。花が咲いたら枯れるダドレアもあるので不安ですが、早く花を見てみたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 8日 (金)

旬のエケ

寒い時期に綺麗になるエケベリアは多いですが、その中でも人知れず美しくなっているエケベリアがこれ、サブアルピナです。

Dsc_0491_convert_20171207001838
いつの間にか、真ん中にグラプトペタルム・マクドガリーが紛れ込んでいます。まあ有害ではないので、慌てて排除することもないかと思いますが、マクドガリーはランナーが伸びてどこにでも入ってきます。

Dsc_0497_convert_20171207001947

サブアルピナは高山系のエケのようで、寒くなるとガゼン元気になります。

Dsc_0493_convert_20171207001903

こちらはサブアルピナ・ペローテです。葉が太くロゼットは綺麗ですが、葉先の爪はあまり目立ちません。

Dsc_0495_convert_20171207001928

一方、こちらはサブアルピナ・メイラニアナです。こちらは爪がチャームポイント、綺麗なピンク色です。クスピダータのような黒爪、かぎ爪も迫力があっていいですが、こちらはマニキュアのようです。

Dsc_0510_convert_20171207002007

なんとなく脇役のような位置に置かれているエケですが、もっと脚光を浴びても良さそうな感じです。そのうちブレイクするのではないかと期待していますが、そう言っていつまでも下積みのままというのも多いから、どうなるかは判りません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 7日 (木)

アガベ寺で宝さがし その4

さて即売会のほうはというと、錦玉園さん、鶴仙園さんの老舗両店と趣味家の方がお店を出されておりました。

当然のことながら行列の方はこちらが目当て、相変わらずの多肉人気です。のんびりお話しながら買物できた昔が懐かしいです。

Dsc_0541_convert_20171203231520

こちらはお馴染み錦玉園さん、いつもながら綺麗な苗です。

Dsc_0542_convert_20171203231539
同じものでも錦玉園産は別のものに見えてしまいます。

Dsc_0540_convert_20171203231502

最近人気のメセン類も取りそろえ、相変わらずの充実ぶり。

Dsc_0543_convert_20171203231557

ブルゲリなどもありました。

Dsc_0546_convert_20171203231642

一方、鶴仙園さんはハオルシアなどが中心、黒のラン鉢にゼオライトが敷き詰められ、また違った趣です。

Dsc_0544_convert_20171203231618

鶴仙園さんには、こういう珍し物も多く、錦玉園さんと両方で上手く多種類をカバーされています。

Dsc_0545_convert_20171203231713

趣味家さんのほうは写真がありませんが、サボとアガベが中心だったような気がします。

2時間ほど滞在し、知り合いとおそばを食べて調布まで歩きました。天気も良く、紅葉の中をお散歩できて、本当に充実した日曜を過ごせました。

こういうところのイベントは、買い物以外にも楽しみがいろいろあって、出かけ甲斐があります。

次は世田谷のボロ市でも行こうかなあ。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 6日 (水)

アガベ寺で宝さがし その3

展示品の続きです。

Dsc_0539_convert_20171203224554

これはマクロアカンサの中斑です。細く鋭い直線の葉に斑が入ってとても綺麗です。アガベはベンケイソウとは違って、斑が入っても形が崩れない処が魅力です。斑入りの華々しさは、アガベならではです。

Dsc_0548_convert_20171203224636

これはバーシャフェルティ錦、大きくて迫力が違います。

小さい温室だと持て余しますが、広いところで伸び伸び育ったアガベは本当にカッコいいです。

Dsc_0532_convert_20171203224435

もっとも園芸的には、小さい鉢植えで大きくなった姿を再現するのが腕の見せ所だそうです。こんな感じかな。雷神は小さくてもカッコいいです。

Dsc_0536_convert_20171203224533

オーレアと吉祥天の縞斑です。
オーレアは我が家にも小さいのが居たのですが、昨年の台風
3個の雨続きの時にボツになりました。

Dsc_0551_convert_20171203224724

これを見ると、もう一度育てて見ようかなという気になります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 5日 (火)

アガベ寺で宝さがし その2

境内をうろうろしていると一か所だけ行列ができていました。

Dsc_0523_convert_20171203224255

Dsc_0552_convert_20171203224741
皆さんこのために並んでいるのでした。

「みんなすごいね。日曜の朝早くから」と自分のことは棚に上げ、列に並びました。すると知り合い発見、おおこちらにも、ということで結局3人になってしまいました。多肉バカは1人ではありません、心強い限りです。

Dsc_0527_convert_20171203224322

開場と同時に皆お店に殺到、かき分ける気力がなく、1人余裕のふりをして展示品を見ていました。

展示品はほぼ全てアガベです。アガベ好きにはいい眼の保養です。
展示品を勝手に紹介、お許しください。

Dsc_0535_convert_20171203224515

いやーどれもカッコいい、それに大きく立派。アガベも育ててみて判りましたが、貝殻虫が付いたり、カビ病にかかったりと綺麗に育てるのは難しいです。

Dsc_0529_convert_20171203224400

ウィルモリアナ、実物を見るのは初めてです。こういうのを育ててみようと思うのは大したものです。私はどうしても派手な斑物や大棘に心が魅かれます。

Dsc_0534_convert_20171203224455

そうこんなところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 4日 (月)

アガベ寺で宝さがし その1

今日はお寺にお参りなどという殊勝なことを考えるはずもなく、皆様の想像どおり目的は別のところにあってのこと。

Dsc_0513_convert_20171203223816

Dsc_0515_convert_20171203223848
それでも冬の陽射しに紅葉が映えて綺麗、これくらいの風流を解する心は持ち合わせております。

Dsc_0516_convert_20171203223907

Dsc_0520_convert_20171203224102
しかしながら国宝の仏像には全く興味なし、会いに来たのは如来さまの守り神吉祥天様でございます。

Dsc_0518_convert_20171203223954
Dsc_0519_convert_20171203224015
さすがにこの大きさになるとカッコいい、我が家の小さいのとは違って迫力が違います。

Dsc_0517_convert_20171203223934

もっとも真ん中のはチタノータ、アガベ好きの間では吉祥天ではないことになっています。もっとも参詣される大部分の方にとってはどちらでもいいことだと思われます。

Dsc_0522_convert_20171203224123

ここは東京都調布市の深大寺、境内にはアガベが祭られている不思議なお寺です。境内は広く迷子になりそうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 3日 (日)

復活です

ダドレアが続きます。

Dsc_0447_convert_20171202202926

夏に黒焦げになったダドレア・フォルモサです。めざましい復活です。

Dsc_0449_convert_20171202203104

「まだまだじゃ?」

Dsc_0037_convert_20171008183916

いやいや9月はこんな様子でした。これからみれば十分な回復ぶりです。

フォルモサは「美しい」という意味だそうです。確かに美しい黄緑色です。ただ白粉が売りのダドレアが好きな方には物足りないかも。検索しても出てくるのはどれも緑色です。どうも緑色がこのダドレアの基本色のようです。

Dsc_0448_convert_20171202202955

ただ検索画像では葉の縁が赤くなっているものが多く、エケベリアのリンゼアナに似ている感じです。

昨年の画像を見てみましたが、紅葉はわずかでした。環境によるものか、この株の特徴かわかりませんが、この青々した様子では紅葉は期待薄かな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 2日 (土)

今年は元気です

ダドレア・キモサは夏に弱いダドレアの代表ですが、これはダドレア・キモサの中のプミラという亜種です。

Dsc_0450_convert_20171130214823
標高が比較的高いところに分布しているので、特に夏に弱いです。

Dsc_0451_convert_20171130214847
まだ葉の枯れが残っていますが、例年よりも縮み方が少なく元気な様子です。分頭が始まり、成長している実感が出てきました。これまでは夏に萎れて、成長どころでは無かったです。やはり、今年の夏は涼しかったのでしょうね。

Dsc_0452_convert_20171130214923

高山植物は小さく可憐なものが多いですが、これもダドレアの中では小型で綺麗です。分頭しているので形が乱れていますが、分かれてしまえば一つ一つのロゼットはとても綺麗です。

Dsc_0453_convert_20171130214945

群生株になるのが楽しみ、どの位先のことになるのかわかりませんが。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 1日 (金)

始まりました

いよいよきました、ダドレアの季節です。

Dsc_0434_convert_20171126214836

これはダドレア・アンソニーです。白さは仙女盃つまりダドレア・ブリトニーと同じく真っ白、世界で一番白い植物です。

Dsc_0437_convert_20171126214936

白さが同じなのと、丸葉仙女盃という和名が付いているので、仙女盃の親戚かと思ったら、どちらかというと雪山=ダドレア・プルベルレンタのほうが近縁なようです。

Dsc_0435_convert_20171126214856

確かに葉が薄く丸いところはプルベルレンタによく似ています。

今年の夏は涼しかったので、例年より縮まり方が少ない、つまりいい状態で秋を迎えたダドレアが多いようです。秋冬に大きくなって夏に縮むのがダドレアのサイクルなので、縮む量より大きくできれば全体に成長しますが、縮み方が酷いと毎年小さくなるばかりということも起こります。つまり今年は大きくするチャンスということ、頑張れと力が入ります。

Dsc_0436_convert_20171126214916

寒いのは苦手ですが、冬は冬で楽しくなりました。ダドレア様のおかげです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月30日 (木)

タパルパ

タパルパはメキシコの都市、緯度はメキシコの中央付近で東海岸寄りです。

グーグルマップで旅すると、森林原野が続きますが樹木は痩せており、雨が少ないことがうかがわれます。

Dsc_0443_convert_20171126235552

さて、その土地の名前を背負ったコロラータ、この付近が出身地らしいです。

色が白いですが、メキシカン・ジャイアントに比べ、かなりブルーがかかっています。この色がコロラータ・タパルパの魅力です。

Dsc_0444_convert_20171126235618

もっとも実生すると微妙な色違いが出ました。左のものはメキシカン・ジャイアントに似た感じの色です。どっちもメキシコなので、きっと近い親戚なのですね。

Dsc_0445_convert_20171126235638

ちょっと根が弱い様子で、夏に傷みやすいですが、夏を超えるととても綺麗です。このピンクの爪がチャームポイント、とても色っぽいコロラータです。

Dsc_0446_convert_20171126235658

コロラータもこうやって見るとバラエティがあり、面白いです。集めきれないほどの数でもないようなので、集めてみたくなりました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月29日 (水)

庇にビニール張ってみました

一階の軒下の棚には、これまで個別にビニールをかぶせていましたが、容量が小さいので日中の温度が上がりすぎる心配があり、毎朝開けて毎夜閉めるを繰り返していました。

Dsc_0567_convert_20170827235255
朝暗いうちに開けると、何のためのビニールかよく判らないこともあり、まとめて面倒を見ることにしました。

Dsc_0459_convert_20171126215414

そこで今年はアルミ製の既製品の庇に直接ビニールを留め、全体を温室風にしてみました。

Dsc_0461_convert_20171126215348

中から見るとこんな感じです。

Dsc_0464_convert_20171126215436

ビニールの留め方はこれ、農業用ビニールを留める金具セットです。

Dsc_0465_convert_20171126215459

これを通販で購入、サッシュ業者さんに頼んで、アルミの庇にネジ釘で付けてもらいました。門型に左右と上に設置、おかげでビニールを張るのは簡単にできました。

ちょっと見た目は悪いですけど、そこは我慢。本格的にサッシュを入れてサンルームにするのに比べれば、
100分の1くらいのコストです、多分。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月28日 (火)

プラダン敷いてみました

一階の多肉棚は庭に直接置いているので、冬は地面の冷気が直接伝わって寒いです。

Dsc_0457_convert_20171126214346

これまでは使い古しの農ビを敷き込んだりしていましたが、今年はホームセンターで目についたプラスチック・ダンボールを試してみることにしました。ダンボールのように間に空気の層があるので、断熱効果もありそうです。

Dsc_0469_convert_20171126214437

900×1,800のサイズなので、900×4504枚取れます。ちょうど棚のサイズに合っていて効率的、端切れが出ないのが助かります。

Dsc_0467_convert_20171126214415

加工もしやすく、切り欠きも簡単です。こんな感じ、明るい床なのもいいですね。

Dsc_0474_convert_20171126214506

今年は冬の準備が遅れ気味、ピッチを上げないと冬が目の前です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月27日 (月)

プチプチ巻いてみました

二階のベランダは日当たりがいいので、ビニールで雨除けした棚を置いています。冬はビニールで覆って温室ぽくしているのですが、放射冷却で思いのほか寒くなるようで、凍死するものが出てしまいます。

Dsc_0438_convert_20171126204914
なんとかならないものかなと、今年はビニールの下にプチプチを張って見ました。

Dsc_0440_convert_20171126205255

思ったよりも雰囲気が出て、デザインされた建築物のようです。これなら暖かそうです。

Dsc_0442_convert_20171126205320
遮光率についてのデータがなく、不明なところが不安要因です。ここは様子を見るしかありません。

Dsc_0476_convert_20171126205349

余ったので、1階の棚の天井と後ろにも付けてみました。

ホームセンターには、園芸用品だけでなく使えるものがありそうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月26日 (日)

恐怖ゲーム

まるでジェンガのよう、今にも崩れ落ちそうです。

Dsc_0423_convert_20171123231413

これはセネキオ・サギナータです。サボテンの武蔵野のように、今年成長した部分が団塊になり、ちょっとした弾みで落ちてしまいます。

武蔵野と違うのは、その落ちた部分から、なかなか根がでないことです。昨年も二つ新しい部分ができたのですが、二つとも落ちて、根が出ず枯れました。

植えつけた時期が悪かったかもしれません。育たないのなら、落ちやすいはずはないですから。

Dsc_0426_convert_20171123231512

ともかくもそんなことがあるので、今年は落とさないように注意しています。成長期は夏なので、初夏まではこの姿を維持したいです。

Dsc_0425_convert_20171123231447

よく見れば先端に花芽らしきものが付いています。どんな花が咲くのか、まあキク科なので想像はつきますが。

Dsc_0428_convert_20171123231602

もっとよく見ると、足元に何かのこぼれ種が発芽しています。

どこに置いてあったか思い出せず、これが何かの想像はつきません。とりあえず拾ってポットに植えておきました。

Dsc_0427_convert_20171123231536

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月25日 (土)

遭難者発見

どこかに植えた記憶はあったのですが、その後行方不明、満足な捜索も行われないまま捜索打ち切りになっていました。

Dsc_0385_convert_20171118194719

セデべリア・ダーリーダールです。

11月の初めごろ、大きくなりすぎたエケべリアを植替えしていて発見、そのまま保護しました。衰弱しているけれど、命に別状なしという感じでした。

発見時の写真を撮っていなかったので、劇的な瞬間をお見せできないのが残念です。

Dsc_0387_convert_20171118194805

単独鉢植えに戻してだいぶ回復しました。まだ色が緑です。この時期はもっと縁取りが赤く、全体に華やかになるはずなのですが、まだ病気上がりな様子です。実物を見た時は回復したなと思ったのですが、写真でよく見るとまだまだです。

Dsc_0386_convert_20171118194743

ダーリーダールのような小型種は、単鉢でいくか寄せるにしても小型種同士にしないとダメですね。わかっていてもできないところが、一番ダメなところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月24日 (金)

らしくなってきた

仙女盃、ある程度大きくなると夏に水を切ってもそんなに縮みません。
成長が止まって白粉が全体にいきわたり真っ白になります。

Dsc_0413_convert_20171123165804

すくすくと成長している健康な姿もいいですが、やはりこの真っ白なところがセールスポイントです。

Dsc_0411_convert_20171123165741
世界で一番白い植物というキャッチフレーズも誇大広告ではないと思えます。

Dsc_0414_convert_20171123165949

一方こちらは実生2年目の小苗たちです。小苗と言っても直径10㎝はあり、葉数は少ないですが、仙女盃らしくなってきました。

こちらはまだ白粉も乗りが悪いですが、成長は旺盛です。

ダドレアは夏に縮む分、秋冬の成長が旺盛で、あっという間に大きくなります。

Dsc_0416_convert_20171123170049

ちょっとしたはずみに葉先を痛めてしまうので、鉢間距離を大きくしておきたいところですが、スペースを確保できないのでギュウギュウです。

仙女盃様申し訳ない。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月23日 (木)

ミステリアス

エケベリア・ヒューミラスで入手したものです。

Dsc_0394_convert_20171118195209

見た目は明らかにエレガンスの何かのようですが、検索してもなかなかヒットしません。

昔我が家に居たことがあるエレガンス・アルビカンスか、はたまたイリアが巨大化したのか、そんな感じだなと思いつつ探していると、エケベリア・ヒューミリスというのが出てきました。写真で見る限り、これに間違いないようです。

Dsc_0393_convert_20171118195148

しかし一緒に出てきた学名ぽい標記はEcheveria hughmillusとなっています。

これは、やはりヒューミラスと読むのではなかろうかと探してみましたが、どうも正式な学名ではないようです。書くとしても‘Hughmillus’とするほうがいいようです。つまり原種ではないということ。

Dsc_0395_convert_20171118195229

まあ、エレガンスも似たようなものがいっぱいあって、見分けがつかなくなっていますからね。エレガンスに限ったことではありませんが、どこかでひとまとめにして整理してもらいたいものです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

«ナーセリー