フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

« 実生 銀冠玉とパキポディウム | トップページ | セダム スアベオレンス 花咲きました »

2015年5月22日 (金)

実生 パキポディウムの続き

昨日実生の方法を書いたところ、早速知り合いの方からアドバイスというか、お叱りというかをいただきました。「種は消毒したほうがいい」「蒸さないほうがいい」とのことです。
要は、カビにやられてしまうので対策をきちんとしなければいけないとのこと。言われてみると、芽は出たもののその後成長が止まっているものもあり、芽が出なかったものは全てカビに巻かれておりました。あわてて今日ベンレート溶液をかけましたが、次のステージに行けそうなものは、ホロンベンセ8/10、グラキリス5/10、ロスラツム2/10と激減、まだ死んでないレベルのものがグラキリス1、ロスラツム3です。
いやー、やっぱりパキポディウムって難しんですね。手を抜いていけないところもある、当り前ですけど。知らないというのは恐ろしい、全滅していてもおかしくなかったかもしれません。とにかく生きているものを死なさないよう、明日から徐々に日光に慣らしていきます。それにしても、実生は明日を迎えるのが楽しみ言いましたが、こうなると明日を迎えるのが不安ですね。くれぐれも私の真似をしないでくださいね。栽培は自己責任でお願いします。「おまえ無責任だろ!」

Dsc_0645_convert_20150521225122
Dsc_0646_convert_20150521225212
ところで、今朝大豪丸が咲いていました。よく王冠短毛丸の札が付いて売られていますが、王冠短毛丸は別物です。大豪丸は、稜が浅く、稜数が少ないので区別できるそうです。

Dsc_0653_convert_20150521225238
Dsc_0656_convert_20150521225308        エキノプシス属サブデヌダータ(和名:大豪丸)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

« 実生 銀冠玉とパキポディウム | トップページ | セダム スアベオレンス 花咲きました »

実生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600787/61625482

この記事へのトラックバック一覧です: 実生 パキポディウムの続き:

« 実生 銀冠玉とパキポディウム | トップページ | セダム スアベオレンス 花咲きました »