フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

« 水冷栽培の途中経過 | トップページ | 優雅なアガベ »

2017年7月27日 (木)

春蒔き苗の運命

春に蒔いた種、エケべリアのほか、セダムやダドレアなど夏に弱いのを承知で蒔いたものもあります。確か3月の終わりごろ、まだ寒さの残るころでした。

Dsc_0295_convert_20170722204001

なぜ春に蒔いたかといえば、昨年秋に蒔いて発芽しなかったから。
秋といっても9月でしたので、まだ気温が高すぎたのだと思います。

Dsc_0291_convert_20170722203811
春に蒔いた種はまもなく発芽し、6月半ばまでは順調に育っていましたが、ダドレアなどは急に腐りだしました。

Dsc_0292_convert_20170722203900
あわてて水冷栽培のポットに突っ込んだのですが、結果はダドレアはほぼ壊滅、エケべリアのなかで暑さに弱いストリクチフローラやサブアルピナは、水冷栽培に入れてから持ち直しています。

Dsc_0293_convert_20170722203925
Dsc_0288_convert_20170722203715

やはりダドレアは、水を切っても枯れない大きさまで育てておかないと夏越しできない感じです。いっそのこと抜いて冷蔵庫にでも入れて置けばよかったかなと思います。
Dsc_0290_convert_20170722203836

不思議なのは6月頃蒔いたブリトニー、暑くなってから全く成長しませんが、双葉のままでそれなりに元気で夏を過ごしています。

Dsc_0372_convert_20170726205416
セダムの小苗はそのまま水浸しで生きています。これも不思議なところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

« 水冷栽培の途中経過 | トップページ | 優雅なアガベ »

実生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600787/65584139

この記事へのトラックバック一覧です: 春蒔き苗の運命:

« 水冷栽培の途中経過 | トップページ | 優雅なアガベ »