フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

« 角葉のエケ | トップページ | ハオルシア植え替えました »

2018年2月19日 (月)

窓際の白い植物たち

今年の冬は南側の出窓が最高の環境でした。
ここの主役は白い植物たち、屋外で育てることができるものもありますが、温暖な環境の方がやはり良く育ちます。

Dsc_0190_convert_20180218235259

これはダドレア・アンソニーです。今年はデカくするぞと決めて、窓際に取り込み肥料たっぷり、水たっぷりで育てています。冬はこれでもまず大丈夫、腐ることはまずありません。効果がでたのか、成長軌道に入ったようです。周りのラウイが小さく見えます。

Dsc_0191_convert_20180218235326

こちらはダドレア・ブリトニーです。特に葉が太いタイプで、ブリトニーの中でもお気に入りです。成長中なので、白粉の供給が追い付かない感じですが、この方が実は健康です。

Dsc_0194_convert_20180218235412

こちらはアンソニーの近縁と言われるダドレア・プルベルレンタです。
こちらも成長中ですが、中央付近はかなり白いです。

Dsc_0195_convert_20180218235457
プルベルレンタには赤いバラエティもあり、アリゾニカと呼ばれています。

Dsc_0192_convert_20180218235346

こうして見るとラウイも白いけれど、少し赤い色が入っている感じです。

Dsc_0193_convert_20180218235435

ラウイはラウイで綺麗ですけれどね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

« 角葉のエケ | トップページ | ハオルシア植え替えました »

エケべリア」カテゴリの記事

ダドレア」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ネットサーフィンして来ました。
とても全部は、見れてないですが少しづつ過去のブログ楽しませて読ませて頂いてます。去年からエケの実生(原種)種子は個人輸入ですが、楽しんでます。ダドレアブリットニーも去年少しだけ試しまきし発芽し育ってます。過去に購入したブリットニーが今季花芽つけてますが、自家受粉するのでしょうか?花芽つけた後は枯れてしまわないでしょうか?初コメで聞くばかりですみません。

エケ様、こんばんは。
読んでくださり、ありがとうございます。
ブリトニーは一般的には自家受粉しやすいようですが、
必ずするかどうかはわからないです。
今年だめでも来年は実るかもしれません。
花の時期は長く2か月くらい次々と咲きます。
エケと違い鞘がはじけて種がいつの間にか
飛んでしまうので、実った花から取り入れしてます。
花は毎年咲きます。枯れることはないです。
プルベルレンタは花が咲くと枯れると聞いていますが、
他のダドレアは大体のものが枯れないようです。
実生って楽しいですね。

回答有難うございます。
かなりの数のエケベリア購入してきましたが、
鑑賞では、先人達は素晴らしいですね。
しかし、突然原種の神が取り憑いてしまい、播種を楽しんでいます。ダドレアの真っ白さにも魅了され参ってます。実生で分かったのは、色んな顔を楽しめる事でしょうか?春には、実生されるのでしょうか?

エケは交配種がたくさん出ていますので、
わけわからない状態ですね。追いかけるとキリがないので、
ここ数年原種に絞って購入するようにしています。
交配種は自分で作ればいいかという感じです。
ダドレアはまだ交配種があまり出回ってなくて、
わかりやすくていです。
実生は春と秋、春は夏型植物、秋は冬型植物と
一応分けてます。
               

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600787/66409276

この記事へのトラックバック一覧です: 窓際の白い植物たち:

« 角葉のエケ | トップページ | ハオルシア植え替えました »