フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

« 復活するダドレア | トップページ | ラウイの冬支度 »

2018年11月20日 (火)

葉挿しで勝負

いつか紹介した記憶があるブラックラウイ、花芽についた葉が大きかったので挿してみたところ、芽が出てきました。

Dsc_0383_convert_20180702221400

花芽の葉は小さいので難しいことが多いのですが、このくらいの大きさがあると、普通の葉を挿すより成功率は高い感じです。

Dsc_0356_convert_20181118195847

自家受粉に期待して種も蒔いたのですが、今のところ発芽はなし。これくらいの確率で葉挿しが出るなら、無理に種まきすることも無さそうです。

Dsc_0357_convert_20181118195913

葉挿しだと実生ほど爆発的に増えることもなさそうなので、後で困ることもなさそうです。

それにしても、葉挿しで芽が出るかどうかの境目はどこにあるのでしょう。根が出ても芽が出ないことが多い気がします。

Dsc_0359_convert_20181118200003

こちらは昨年図らずもバラバラになってしまったアガボイデス・エボニー、幸いにも3つほど残りました。しかし、挿した葉の数からみると、たった3つという感じ、芽が出たのは2割くらいです。

しかも立派な葉より、ちょっと傷ついたり、小さかったりする葉の方が芽が出ている感じです。

Dsc_0358_convert_20181118195939

人に訊くと「パラパラと葉を蒔いて後は放っておけばいいんだよ」とか言われるのですが、実は葉挿しには何か秘密の技があるのでしょうか。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

« 復活するダドレア | トップページ | ラウイの冬支度 »

エケべリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉挿しで勝負:

« 復活するダドレア | トップページ | ラウイの冬支度 »