フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

その他

2017年7月23日 (日)

全部スカでした

先日紹介したアナカンの花殻を開けてみました。

Dsc_0340_convert_20170722210504

どれも中身は入っていません。粒のかけらもなし。

Dsc_0341_convert_20170722210525
自家受粉しないのでしょうか?きちんと花粉をつけてみればよかったです。とにかく全部スカ、残念です。

Dsc_0343_convert_20170722210545

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月21日 (金)

これは何でしょう

種を稔らせるため筆で花粉を付けて回っています。

Dsc_0244_convert_20170717130351
これがその筆・・・ではありません。
さてこれは何でしょう。

Dsc_0243_convert_20170717130329
ヒントはこれ。

Dsc_0247_convert_20170717130412
もうわかりますか。アナカンプロセスの花の跡でした。

アナカンプロセス属、二和園でアガベの鉢に住み着いていたものなので、種名は不明です。

小さかったのですが、いつの間にかこんなになっておりました。

Dsc_0249_convert_20170717130432
これが稔っているかは判りません。今度の土日にばらしてみます。

ところでアナカンの種ってどんなのですか?スベリヒユ科だそうですが、やはり粉みたいなのでしょうか。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月19日 (水)

また食われた

またやられました。犯人は何者でしょう。

Dsc_0250_convert_20170717130527
この食痕から見て、蛾の幼虫か何か、ナメクジではなさそうです。

大事なブリトニー、生長点が食べられてしまいました。成長期ならいいのですが、夏の間はただでさえ心配なのに、こんなハンデを背負って生き残れるでしょうか。他にも食べかけの葉がたくさん。

Dsc_0252_convert_20170717130557
以前、エケべリアの青天牡丹を青虫が食べていたことがあり、ひょっとしてと見てみたら、やはり食べられていました。

Dsc_0253_convert_20170717130620
他にもセクンダ系の薄葉のものとか、キャベツを食べる感覚のようです。しかしブリトニーなんか食欲をそそりそうな色ではないと思うのですが・・・。

Dsc_0254_convert_20170717130641
春に食われたレンゲは復活してました。こっちは美味そうな色、でももう若葉ではないせいか、他のものがいいみたいです。

多肉は食べるものでは無いし、農薬抜きにこだわる必要もありません。

取り敢えず手元にあったベニカをスプレーしておきました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月 7日 (金)

こちらは元気

ベンケイソウは日照不足と暑さでヘロヘロになっていますが、こちらは元気になっています。

Dsc_0092_convert_20170702220845
昨年の実生苗、謎の種でしたがガガイモの何かのようです。羽が生えている種をいっぱい貰って蒔いたのですが、蒔いたのはいつだったでしょうか。発芽した時に「ひゃっほー」と喜んでいる感じだったのを覚えています。冬の寒さと水遣り加減が分からなかったのが原因で、生き残ったのはこれだけ。しかし、残ったものはここのところ急成長です。

Dsc_0093_convert_20170702220901
こちらはヘキラン錦の実生苗です。自家採種ですが花がなかなかそろわないので、年に一回蒔くことができるかどうかです。これも最初の冬は苦労しますが、何とかこのくらい残りました。一つ二つ赤いのがあります。斑入りも残ったようです。

Dsc_0094_convert_20170702220918
こちらは3年目の銀冠玉、少しだけ大きくなりました。ここからスピードアップしたいところです。なんでもそうですが、最初の1年を無事に過ごせれば、その後は手がかからなくなるようです。小苗の育て方がいまいち判らず、亡くしてしまうことが多いのが残念です。まだまだ試行錯誤中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月 4日 (日)

そして誰もいなくなった

今までビニールハウス一つも無しでやってきましたが、思い切ってパイプハウスを作ることにしました。

Dsc_0790_convert_20170530224026
木が大きくなっていたのですが、脚立に上がっての剪定もそろそろ限界、伐採で場所を開けそこにハウスをつくるという計画です。柿に引き続き、夏ミカン、サクランボ、百日紅、グミと結構な大きさの木を抜根しました。

グミはこの家に引っ越してきた時、小学校低学年だった娘が「グミを植えたい」というので、苗木といっても私の背よりも高かったのを買ってきて、娘の指示通り庭の真ん中に植えたものです。なんでも前の小学校にグミの木があって、降るようにグミがなったのだとか。

一年目は実が一粒しかならず、肥料を与えたり土を入れたりしたものの、二年目はニ粒、三年目は三粒といった具合で、ほとんど実を付けず。

「うちのグミはダメだ」と娘は見向きもしなくなり、そして就職して家を出て行きました。

Dsc_0578_convert_20170513201433_2
その頃になってやっと実を付け出し、最近は降るように実を付けていたのですが、庭の真ん中なのでじゃまで、じゃまで。

Dsc_0795_convert_20170530224052
しかし思い出の木でもあるので、枝を挿し木したところ三本ほど根付いたようです。庭の端に挿し木を植え直し、取り敢えず命はつなぎました。

Dsc_0810_convert_20170530224118

そしてようやく庭を開け、整地しパイプを組み立て、巨大なプラモデルのような感じです。連休からずっと土日を費やし、漸くハウスができました。

Dsc_0827_convert_20170531222617
この間、アガベやサボの植替えも、エケの実生も、何もできず。

手段に過ぎないものにあまりにエネルギーを費やすと、いつの間にか手段が目的となり、本来の目的が忘れ去られてしまうという、凡人が陥るいつものパターンです。

Dsc_0826_convert_20170531222547
とにかく疲れました。
本来の目的を思い出すためにも休むことが必要なようです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月 8日 (月)

主役交代

ゴールデンウィーク中に気温が上がり、最初と最後で季節が変わったように思います。
Dsc_0261_convert_20170409230836
温度が出る温室がないので、室内で肩身の狭い思いをしていた耐寒性の無いアガベも安心して外で過ごせるようになりました。

Dsc_0262_convert_20170409230906
マクロアカンサ、これは私の手を刺したので危険防止用キャップを付けました。いつの間にか新しい葉も出ているのが一目でわかります。

Dsc_0263_convert_20170409230933
子株も出ているのでそろそろ植替えですね。

Dsc_0406_convert_20170423202522
一方の冬型多肉たち、花芽を上げているのもありますが成長が止まる気温になってきました。
こちらも危険防止のため、トレーのまま網棚に置いて風通しのいいところで過ごします。

Dsc_0405_convert_20170423202459
夏を無事に越えてほしいものです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月24日 (月)

花もある多肉

以前、花が見事な多肉植物はサボテンとアデニウムくらいしか思いつかないと書きましたが、他にも花が綺麗な多肉がありました。

Dsc_0371_convert_20170422202258

レウィシア、ホームセンターでは多肉売場よりも花売場に置かれることが多いようですが、これも立派な多肉です。

Dsc_0372_convert_20170422202318

寒さに強いので、花の少ない真冬の時期に重宝するようで、早春になると花が枯れたものが安売りされます。多肉と違って室内に置かれているわけではないので売れ残りでも大丈夫です。春になればまた花芽が出て復活します。

Dsc_0376_convert_20170422210448

色も色々あるので、まとめて植えても良さそうです。ただあくまで多肉なので、梅雨や秋の長雨には弱く、花壇などに植えこむのは無理があるようです。

梅雨時に軒下に取り込めるプランターならいいかも。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月 9日 (日)

緑化フェアに行ってきました その2

我が家でアガベを地植えする場所を作ろうと、今ある樹木の抜根の見積もりを造園屋さんに依頼したところ、その方が見えられるや「おお、マピサガ・リサ錦だ!」「アメリカーナ縞斑!かっこいい」と。

Dscf1444_convert_20170404222538

つまり偶然にもその造園屋さんが、この作品の制作者さんだったということです。ともかくも思わぬアガベつながりで、作品を見に行ったのでした。

Dscf1442_convert_20170404222520

作品はさすがにプロ、アガベが庭に溶け込み、リゾートの雰囲気が出ています。

Dscf1449_convert_20170404222747

湘南をイメージしたという白と青の取り合わせですが、湘南というよりカリフォルニアですね。行って見たい。

Dscf1447_convert_20170404222607

この辺にダドレアがあれば、まさにカリフォルニアのイメージそのものなのですが。

Dscf1441_convert_20170404222503

左はおそらくオバチフォリア、右はフランゾシニーまたはアブラプタかな?この大きさになると見ごたえがあります。

Dscf1448_convert_20170404222655

「うーん、我が家の吉祥天花壇とはえらい違いだぞ」

Dscf1452_convert_20170404222831

これはセンスの問題ですね。反省です。
鉢植えだけでなく、庭を作り込むのもいいものですね。

6月4日までだそうです。関東付近の方は是非どうぞ。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月 8日 (土)

緑化フェアに行ってきました その1

横浜で行われている緑化フェア、正確には全国都市緑化よこはまフェアというそうです。
横浜市内、赤レンガ倉庫や象の鼻パークといった港の付近を中心にあちこちでイベントが行われています。

Dscf1437_convert_20170404222400
行ったのは象の鼻パーク、県庁の近くの海沿いです。

Dscf1438_convert_20170404222420
いろいろな造園家の方が腕を競っています。

Dscf1454_convert_20170404222910
Dscf1453_convert_20170404222852

多肉ブームということで、造園展示にもちらほらと多肉が使われています。

Dscf1435_convert_20170404222322
Dscf1436_convert_20170404222341
これはセネキオ、エンジェル・ウイングスですね。多肉というかどうかは微妙なところですが、とても綺麗です。銀月と同じような白い膜が表皮を覆っています。

Dscf1432_convert_20170404222242
Dscf1433_convert_20170404222303

アガベを使った展示もありました。アガベ好きにはちょっと物足りない感じです。

Dscf1439_convert_20170404222443

「おお、これは!こんなところに本格的なアガベ展示が!」

ちょっと白々しいですね。実はこれを見に行ったのでした。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月22日 (水)

こんなん出ました

水耕栽培を始めて3年目の帝玉です。

Dsc_0815_convert_20170320203334
花芽に気が付いたのは2週間くらい前です。

Dsc_0955_convert_20170320203405
そして昨日花が咲きました。難物と言われる帝玉ですが、水耕栽培でもちゃんと花を咲かせます。水に浸け日当たりに置いているだけ、なぜ腐らないのか今でも不思議です。

Dsc_0959_convert_20170320203439

一度もじゃもじゃになってしまった根っこは整理したので、綺麗になっています。どうも水位を低くすると、水面上に出た部分に苔などがついてベタベタになるようです。水面下にある部分は綺麗です。特に水位が高いからと言って弱るようなことはないようです。

Dsc_0960_convert_20170320203510

ちょっと不気味な感じの容姿ですが、花はなかなかのものです。花をよく見るとこんな感じ、小さいひまわりのようです。

なにはともあれ一区切りついた感じです。めでたし、めでたし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧