フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

その他

2018年2月10日 (土)

この冬を忘れない 7

こんな冬でも屋外放置した多肉があります。

Dsc_0079_convert_20180205213801

地植え多肉たちです。当然のことながら冬になっても移動することは無し、毎年ここで冬越ししています。

しかし、今年は特別、ちょっとオーロラが怪しい感じです。

Dsc_0080_convert_20180205213937

薄化粧もヨレヨレ、こんなになったのは初めてです。

Dsc_0081_convert_20180205214114

グラプトペタルムたちはいつも通りな様子、すごいですね。

Dsc_0083_convert_20180205214228

と思ったら、朧月はちょっとつらそうです。ここに住んで20年ですが、これまた初めてつらそうな姿を見ました。

Dsc_0108_convert_20180206212616

こちらは屋外放置の鉢植え、大丈夫なことは実証済みなはずのセダムばかりですが・・・、全然成長していません。ここでもオーロラが怪しげ、虹の玉は平気なのですが、やはり斑入りは弱いのですね。

Dsc_0109_convert_20180206212743

高山植物のはずのセンぺルビウムも、必死な様子です。これは余程のこと、いったい氷点下何度まで下がったのでしょうか。

Dsc_0077_convert_20180205213503

そして雪に埋もれていた吉祥天様、やっと頭が出てきました。
雪が解けると変わりないお姿が。耐寒温度は‐10℃とのこと、さすがの強さです。

Dsc_0078_convert_20180205213555
しかし、気象庁によると近くの観測点で‐
8.4℃を記録したとのことで、実は危ないところだったようです。雪に埋もれたのが却って良かったのかもしれません。
来年は苗帽子でもかぶせて置くことにします。

Dsc_0106_convert_20180205220459

ともかくも犠牲者多数のこの冬、同じ過ちを繰り返さないよう誓います。
合掌。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年2月 9日 (金)

この冬を忘れない 6

その他の多肉の状況はどうかというと、それはもう様々です。例年の冬であれば、屋外放置にでもしない限りわからない差が露わになりました。

Dsc_0046_convert_20180203221429
Dsc_0047_convert_20180203221449

まず美空鉾です。確かセネキオだったはず、銀月とは違い寒さに弱いことは承知していましたが、ちょっとした置き場所の差で明暗が分かれました。

Dsc_0049_convert_20180203221525

セダムのコッパ―トーン、つまりちょっと派手な銘月ですが、これもまた凍みました。

Dsc_0051_convert_20180203221734
家の傍では葉差しがなんとか生き残っています。一つでも残れば、再生は可能なのが救いです。

Dsc_0050_convert_20180203221643
ちなみにアドロミスクスはびくともせず、これは本当に寒さに強そうです。

Dsc_0054_convert_20180203221852

グラプトペタルムのマクドガリーは、元の形を保ったまま立ち往生です。

Dsc_0057_convert_20180203222215
Dsc_0059_convert_20180203222249

唐印は全滅したようです。カランコエなので当り前のようですが、今まで大丈夫だったので油断でした。

Dsc_0067_convert_20180204152353

全滅を覚悟していた帝玉の実生苗、この1月に植え替えたばかりでしたが、なんとか生きていました。危ないところでした。

Dsc_0073_convert_20180204152612

シャコバサボテンは花をつけたまま立ち枯れ状態、復活するかどうか予断を許しません。

Dsc_0074_convert_20180204152634

ユーフォルビアのラクテア、寒さに強いと評判ですが、どうも生長点がやられたようです。カットすれば何とかなるかなという感じです。

全体に見て寒さに強いはずのものの方が、被害が大きいです。
ほんのわずかな差が生死を分けるので過信は危険です。
これを教訓に、来年は「このくらいでいいだろう」は止め、手間を惜しまず、
1ランク対策のレベルを上げたいと思います。

合掌。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月29日 (月)

ああ!凍みた

近くの気象庁の測定点で‐8.4℃を記録した後、-7.1℃、-7.8℃と続きました。いずれも観測点ができて以降の40年ほどで記録の無い寒さです。

Dsc_1015
Dsc_1013_convert_20180128215401

ハウスの中も最低気温は‐4.9℃、凍ります。

Dsc_0001_convert_20180128220634
Dsc_0002_convert_20180128223158
水を入れたペットボトルをたくさん置けば、水が氷るときに凝固熱を出すので、ハウスの温度が下がるのに時間を稼げるということで、あちこちに置いていましたが、効果は限定的なようです。

Dsc_1014

記録破りの寒波のおかげで例年なら屋外無加温ハウスで越冬できる寒さに強いと思っていたものに被害が続出です。寒さに弱いと思っていたものは、対策したので被害はありません。難しいものです。

エケベリアは、ラウイ以外は屋外の加温無しビニール温室でも平気だったのですが、今年は幾つかダメになりました。
特に大葉のエケべリアの被害が大きいです。どうも限界は‐3℃~‐4℃のようです。
小苗もダメでした。芯まで凍って再起不能な感じです。

ハオルシアも例年は元気なのですが、小苗を中心に被害甚大です。

やはり用心深さが必要ですね。がっくりです。

Dsc_1011

これだけは強かった。屋外放置で雪に埋もれましたが、元気です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月23日 (火)

東京は雪に埋もれた

東京も郊外の山沿いでは30㎝以上積りました。

会社から帰るのに電車が遅れて時間がかかり、遅くなってからハウスや庇の雪下ろしです。もう疲れました。

Dsc_1003_convert_20180122232316

この雪山は玄関の吉祥天です。うっかり踏まないようにしないと。せっかく5枚の葉が16枚まで増えたのに、台無しです。

Dsc_0705_convert_20180122232230

雪の下は意外と暖かいので、雪をかぶった時は取り除かない方がいいそうです。取り除くと濡れた表面が凍って、かえって傷むことがあるそうです。

暖かい陽射しが戻るまで、埋めて置くことにします。

Dsc_1006_convert_20180122232354

ハウスは巨大なかまくらのようになっていました。ビニールは30㎝の雪に耐えていました。庇のポリカの方が危ういくらいです。もっとも昼間に見ると、のびのびになって、どうしようもないかもしれないですけど。

とにかく一応はハウスの雪を取り除き、後は運任せです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

Dsc_0116_convert_20161230203333

一同勢ぞろいしてにぎにぎしくご挨拶です。

Dsc_0691_convert_20171231194604

Dsc_0693_convert_20171231194636

Dsc_0694_convert_20171231194702
Dsc_0695_convert_20171231194742

Dsc_0696_convert_20171231194910
Dsc_0698_convert_20171231195421
Dsc_0700_convert_20171231195448
Dsc_0702_convert_20171231195520

Dsc_0703_convert_20171231195544

Dsc_0706_convert_20171231195632
Dsc_0709_convert_20171231195724

Dsc_0710_convert_20171231200127
Dsc_0710_convert_20171231200127_2
Dsc_0712_convert_20171231195918
Dsc_0713_convert_20171231195948

いやしかし、趣味が広いと言えば聞こえはいいですが、手あたり次第というところです。やはり、今年のテーマは「メリハリ」、間口を広げるだけでなく、深く掘り下げるところが必要です。

Dsc_0705_convert_20171231195609

今年はメリハリつけて、少しでも深めるところを造っていこうと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月23日 (土)

強いクルクル

アルブカ系は冬型植物、当然寒さには強いです。
地植えでもいいのではないかと思います。フミリスは実際地植えしていたこともあります。

Dsc_0642_convert_20171217212954

これはアルブカ・スピラリス・フリズルシズルです。

実は今年の梅雨頃に長雨に当ててしまい、葉がぶよぶよになって無くなってしまいました。さすがにもうダメかと思いましたが、球根を埋めたままにしておくと、秋になって新しい葉が出てきました。球根は生命力が強いです。

Dsc_0644_convert_20171217213042

こちらはアルブカ・ナマクエンシス、同じクルクルでもちょっと巻き方が違う感じです。

Dsc_0645_convert_20171217213130

こちらは名前からして、南アフリカのナマクアランド原産と思われます。

そう思ってナマクアランドを検索すると自然のお花畑の画像が出てきてびっくり、乾燥地帯ですがわずかな雨を受けて一斉に花が咲くそうです。

Dsc_0646_convert_20171217213154

すごいところから来たんだなと改めて感動です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月18日 (月)

こんなところにも

夏型の典型と思っていたモナデニウム・リチェイ錦です。

Dsc_0648_convert_20171217213354

咲く差に弱いようでもう真っ赤に染まっています。葉は全て落ちてしまいました。これから春まで冬眠する準備完了です。

Dsc_0651_convert_20171217220729

先の方に何か付いているなと思ったら、枯れ葉ではなく花のようです。

Dsc_0649_convert_20171217213418

雄しべか雌しべかわかりませんが、それらしいのが出ています。明らかに花です。

ちょっとビックリ、夏の葉が青々としている頃ならともかく、この時期に花が咲くとは。これもユーフォルビアと同じで、雌株雄株の違いがあるのでしょうか。一本じゃ実らないのかな。弱々しい様子で、ちょっと種が採れそうな感じはないですね。

Dsc_0650_convert_20171217213442

ともかくも、真冬に花が咲くのは少ないと思っていたところ、こんなところにも花がありました。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月13日 (水)

なにこれ帝玉

実生の帝玉に紫のものが出たことは先日紹介しましたが、気が付くと変なのが出ていました。

Dsc_0578_convert_20171210234952

放りっぱなしで面倒見が悪いので、どこか調子が悪いのかもしれません。育つかどうかもわからないのですが、ちょっと見てもらいたいと思います。

Dsc_0579_convert_20171210235034

わかりますか、紫に混じって赤、黄、まだら模様が出ています。
帝玉って紅葉するんでしたっけ?それとも栄養不足?びっくりです。

Dsc_0580_convert_20171210235129

細菌感染とか、病気じゃなければいいのですが、ちょっと怪しい感じです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月25日 (土)

遭難者発見

どこかに植えた記憶はあったのですが、その後行方不明、満足な捜索も行われないまま捜索打ち切りになっていました。

Dsc_0385_convert_20171118194719

セデべリア・ダーリーダールです。

11月の初めごろ、大きくなりすぎたエケべリアを植替えしていて発見、そのまま保護しました。衰弱しているけれど、命に別状なしという感じでした。

発見時の写真を撮っていなかったので、劇的な瞬間をお見せできないのが残念です。

Dsc_0387_convert_20171118194805

単独鉢植えに戻してだいぶ回復しました。まだ色が緑です。この時期はもっと縁取りが赤く、全体に華やかになるはずなのですが、まだ病気上がりな様子です。実物を見た時は回復したなと思ったのですが、写真でよく見るとまだまだです。

Dsc_0386_convert_20171118194743

ダーリーダールのような小型種は、単鉢でいくか寄せるにしても小型種同士にしないとダメですね。わかっていてもできないところが、一番ダメなところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月21日 (火)

カゼです

寒くなりました。寒風の中冬型植物は元気です。

Dsc_0397_convert_20171119205928

この風に吹かれているのはカーナです。学名は何だっけ、何回も書いたのに思い出せません。

冬のこの時期はドンドン新芽が出て伸びるのですが、増やすのが難しいです。

Dsc_0399_convert_20171119205959

カットしても根が出てきません。幹の真ん中で切っても、葉の付け根で切ってもです。

それにしても、カゼ、食欲も無し、頭も熱っぽい。もう気力が尽きたので、もう寝ます。

Dsc_0401_convert_20171120211103

皆様もお身体に気を付けて。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧