フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

その他

2017年11月21日 (火)

カゼです

寒くなりました。寒風の中冬型植物は元気です。

Dsc_0397_convert_20171119205928

この風に吹かれているのはカーナです。学名は何だっけ、何回も書いたのに思い出せません。

冬のこの時期はドンドン新芽が出て伸びるのですが、増やすのが難しいです。

Dsc_0399_convert_20171119205959

カットしても根が出てきません。幹の真ん中で切っても、葉の付け根で切ってもです。

それにしても、カゼ、食欲も無し、頭も熱っぽい。もう気力が尽きたので、もう寝ます。

Dsc_0401_convert_20171120211103

皆様もお身体に気を付けて。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月15日 (水)

帝玉に紫のものあり

紫は中国では皇帝の色とか、尊い色だそう。やはり帝玉には紫が似合います。

しかし紫帝玉って結構いい値段するんですよね。育てる自信がないとなかなか買いづらいです。

Dsc_0362_convert_20171113210130
ところが、この夏に実生した普通の帝玉から何と紫のものがでましたよ。

Dsc_0366_convert_20171113210315
紫帝玉というのは普通の帝玉とは別の種類だと思っていました。突然変異というほどのものでは無く、それなりの確率で出るようです。50個に1個くらいでしょうか。

Dsc_0364_convert_20171113210206
最初は見分けがつかなかったのですが、双葉から本葉がでてくるにつれ、色が付きました。寒くなったからというのではないようです。

Dsc_0365_convert_20171113210240
見ていくうちにもう一つ発見、こちらは双葉のうちから紫です。やったね。

Dsc_0367_convert_20171113210349

 

2017年11月11日 (土)

危機一髪のその後

今日は、朝少しだけ時間ができたので、明るい時間にハウスに入ることができました。

Dsc_0325_convert_20171110200118
アガベの白岳殿、葉が折れていました。位置から見て手をラウイについた後、倒れた時にひじがぶつかったと思われます。

Dsc_0326_convert_20171110200135
葉の真ん中あたりなので、スピンが直撃することはなく、ゲガはありませんでした。真ん中の立ち上がった葉の上に倒れていたらと思うと、今さらながらぞっとします。

大事なアガベの白岳殿でしたが、仕方ありません。来年の今頃には葉が生え変わって判らなくなっているはずです。

Dsc_0327_convert_20171110200154
この他にも地植えのラウイにもどこかが当たったらしく、葉が折れていました。

防ごうと思えば防げたはず、ホントにちょっとした油断でした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年11月 8日 (水)

ほっと一息

昨日は恐ろしい思いをしたので、今日はホッとするものを。

Dsc_0294_convert_20171105220539

秋になりアルブカが元気になりました。アルブカは冬型で夏は葉がヨレヨレになりますが、秋になるといつの間にか復活します。球根ものは丈夫です。

昔これに「アルパカ」と札を付け、笑われたことがありました。知らなかったのではなく、つい書いてしまったのですが、たった一字でえらい違い、カッコ悪いー。

Dsc_0295_convert_20171105220554
それはさておき、アルブカはやはりクルクルしている方がいいです。
見ていると何か落ち着く感じです。

どうしてかと不思議に思いましたが、写真を見ていたら理由がわかりました。

Dsc_0296_convert_20171105220626
これは・・・温泉マークじゃないですか。

なるほど、納得です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月24日 (火)

さてどうしよう

台風はほぼ真上を通りすぎたようです。台風対策で、多肉は部屋内に取り込むか、地面べた置きで雨ざらしにしました。図体の大きいアガベなどは、当然雨ざらしのほうです。

Dsc_0154_convert_20171023235536
思いのほか強い風が吹かなかったようで、ほとんど被害はありませんでした。

Dsc_0155_convert_20171023235604
これなら無理に棚を空にしたり、雨除けのビニールをはずしたりすることも無かったかと思いますが、小苗はひっくり返したら終わり、元には戻らないので用心するしかありません。

Dsc_0156_convert_20171023235626
しかしながら、テーブルの上にまで置いてしまったので、早々の復旧が必要です。ああ面倒。

Dsc_0185_convert_20171023235728
窓際もびっしり、隙間なく埋まっています。こんな感じです。

Dsc_0184_convert_20171023235654
「あれ、主のラウリンゼがいない!」
「良くお気付きになられました。ご心配なく」

10年ほどこの窓際の隅を占領していたのですが、調子を崩したため、早期の復活を期して地植えにしました。取り敢えず元気です。

Dsc_0186_convert_20171023235831

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月23日 (月)

えらいこっちゃ

台風が直撃しそうです。というか今は台風の真っただ中。海の中を進んでくるので勢力も強そう、我が家ごと吹き飛んだらどうしようと心配です。

Dsc_0142_convert_20171022200255
Dsc_0141_convert_20171022200226
多肉ですが、先日も2階の棚のサボテンが落下、下段のハオを直撃したばかり。おかげで玉扇の花芽はポキリと折れ、残った種は一鞘だけです。
それは仕方がないのですが、今回はそんなものでは済まない様子、棚ごと吹き飛んだらどうしようもありません。

Dsc_0140_convert_20171022200204
Dsc_0150_convert_20171022200317
幸い台風が過ぎると好天が続くようなので、復旧に時間がかかるのは承知の上で、棚の上の多肉は全て撤去し、棚に張っているビニールも全て撤去しました。さすがに棚のスケルトンは飛ばないでしょう。

Dsc_0139_convert_20171022200133
復旧ついでに冬支度でもするしかないですね。
植替えも済んでいないのに大変、大変。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月16日 (月)

飛ぶ種

空を飛ぶための羽が生えていました。タンポポのような種でした。

袋いっぱいに持ってきてくれた方がおられて、みんなでつかみ取りで分けた物です。とても軽い種で、つかみ損ねた種がふわふわと逃げ出して大騒ぎでした。

Dsc_0042_convert_20171007193815
適当に蒔いたら発芽して育ちました。1年でこんなになりました。
もう立派なガガイモです。種類は不明、花が咲けばわかるかもしれません。

Dsc_0040_convert_20171007193926
一番大きなものは既に枝が出ています。

Dsc_0041_convert_20171007193900
全部で13本あります。
花が咲くのは来年か再来年だと思います。これだけの数があれば、花が揃う可能性が高いです。
空飛ぶ種、もう一度見ることができるかも。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月12日 (木)

アロエです

我が家にいる唯一のアロエです。

Dsc_0073_convert_20171009171439
アロエは道端でのたうちまわっているのをよく見かけるので、いまいち印象が良くありません。多肉園に出かけても何となくアロエは避けていました。

Dsc_0074_convert_20171009171530
これは、ビッグバザールでA.エリナケアと書かれている札を見て、アガベと勘違いして持って帰ってしまったという初心者にありがちな間違いで入手したものです。

Dsc_0077_convert_20171009171622
出会いは間違いですが、このトゲトゲぶりカッコいいです。しかし、この姿どこから見てもアガベに見えないですね。いったいどうしたんでしょう、ビッグバザールの熱気に当てられたのでしょうか。

Dsc_0075_convert_20171009171559
入手してもう3年になるのですが、育て方が判りません。枯れたり、腐ったりはしていないのでこれでいいかと思いますが、ずっとこの大きさ、この姿、成長の跡が見られません。
変わらない姿が好きな方にはいいかも、成長していく姿を見るのが好きな方にはお勧めできないです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月10日 (火)

セイラン咲きました

セイランと言ってもあまりなじみがないと思います。帝玉のでかいやつ、そして帝玉ほど丸くはなくちょっと三角おにぎりみたいなやつです。

二和園の園主様によると、「この辺はわかんねえんだよなあ。いろいろ交配されてっからよ」とのこと、確かにセイランにしてはちょっと尖り方が足りないような。

Dsc_0029_convert_20171008183603
でも、この花崗岩を二つに割ったような形は魅力があります。
これもまた水耕栽培、帝玉系は普通に育てる自信がありません。
そして10月になって、花が咲く気配が。

Dsc_0094_convert_20171008183627
と思ったら翌日咲きました。はや!見逃すところでした。
この手の花には珍しく夕方になると花が開きます。

Dsc_0095_convert_20171008183648
帝玉はオレンジの花でしたが、これは黄色です。やはり帝玉とは違っています。
自家受粉を目指して筆でクニュクニュしておきました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月 1日 (金)

珍客来訪

9月になって棚下にも陽が射すようになってきたので、多肉棚に寒冷紗を張りました。

Dsc_0567_convert_20170827235255
9月の残暑に強光線でやられることが多いですからね。もっとも今日は曇りですが。

Dsc_0560_convert_20170827235345

次の日の朝見るとこんなのが捕まっていました。横は空いているのですが、出口が見つからないようです。

アゲハなので流石に多肉に卵は産まないかな?蛾の幼虫は悪食が多いので要注意ですが・・・。

Dsc_05652_convert_20170827235322

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧