フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

アエオニウム

2017年11月 5日 (日)

成長早いです

9月に植え替えたアエオニウム、あっという間に大きくなりました。

Dsc_0286_convert_20171104193924

秋に水を遣れば一気に大きくなるとわかってはいるのですが、どうしてもこんなにきゅうくつになるとは思えませんでした。


Dsc_0772_convert_20170916192420
植え替えた時はこんな感じ、まだスカスカです。

Dsc_0287_convert_20171104193941

小さいものは日陰になって具合悪そうなので、ブロンズメダルは引っ越ししました。キリアツムもそろそろ危ないですね。大きいのをカットして日当たりを作らねば・・・また増えてしまいます。

ここのところの日照不足で緑色ですが、日当たりにおけばすぐ綺麗になると思います。この時期のアエオニウムは、ホントにみずみずしくて素敵です。

Dsc_0288_convert_20171104193956

ご近所さんに配っても迷惑じゃないかな?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年10月 9日 (月)

雨あがり

土曜日は明け方まで雨だったので、外に出しているものはずぶぬれでした。

Dsc_0035_convert_20171007224422
アエオニウムは植え替えたばかり、夏の休眠明けでちょうどいい目覚ましになったと思います。

Dsc_0034_convert_20171007224405
ここのところ日当たりが悪くなってきて、ちょっと色が薄いですが、今の我が家ではこれが限界です。このでかいプランターは2階には置けません。

Dsc_0033_convert_20171007224349
アエオニウムは春まで辛抱、徒長したらカットして増やします。これ以上増やしてどうするというのもありますが。

Dsc_0032_convert_20171007224332
セダムも水を吸ってプクプクです。
これを見ると多肉も本当は水が好きなんだなと思います。
別に好き好んで乾燥した厳しい環境のところを選んだ訳ではない、そういうところでも育つことができるというだけ。
楽をして満腹になるのなら、それはそれで構わないのは人間と同じです。

Dsc_0031_convert_20171007224317

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月17日 (日)

雨が降る前に

台風が来ているとか、今日は午後から雨だそうです。ひょっとすると3連休は何もできずに終わりそう、そろそろ冬型を起こすときなのに・・・。

Dsc_0763_convert_20170916192213
ということで大急ぎで植替えです。まずはアエオニウムから。

Dsc_0764_convert_20170916192246
これはムーンバーストです。ほぼ3ヶ月水を切っていますが、萎びもせず結構元気な様子です。

Dsc_0766_convert_20170916192306

抜きあげてみると根っこはびっしり。これだけ根が張っていると、やはり丈夫ですね。

Dsc_0770_convert_20170916192329
こちらはブロンズメダル(左)と夕映え(右)です。ちなみにブロンズ・メタルではなくブロンズ・メダルだそうです。
「キツネ様じゃないのか、残念」

Dsc_0771_convert_20170916192400
夕映えも日陰に置いていたのですっかり緑色になってしまいました。これからは日当たりに置いて取り返します。

Dsc_0772_convert_20170916192420
「ええい、一つ一つは面倒だ!」アエオニウム、数が多いのでまとめてしまいました。寄せ植えではなく、ブッコミ・プランターです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月25日 (金)

残暑避難中

残暑厳しい中、暑さに弱いものは家の北側の軒下の奥深くへ避難中です。

Dsc_0540_convert_20170819232314
ずっと水を切っているのでヨレヨレですが、この状態になってからはあまり変化が無く、休眠状態に入っていると思われます。あとひと月は十分にもちそうです。

Dsc_0541_convert_20170819232348

心配なのは吹降りの雨、水をもらっってしまった場合の方が厄介です。この辺りのものは水がかかると、一発でダメになりそうです。

Dsc_0517_convert_20170819232455
さて、アエオニウムのサンデルシーですが、こちらも休眠中です。
表面がべたつき、ホコリをもらって土色です。ちょっとした保護色になっています。

Dsc_0520_convert_20170819232412

横から見るとこんな感じ、キャンデーほどは丸まってないかなというところです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月20日 (火)

夏姿になってきました

アエオニウム・サンデルシー、通称チュッパチャプスですが、暑くなっていよいよ通称通りになってきました。

Dsc_0960_convert_20170618220148
まだちょっと丸さが足りません。もう少し水が切れればもっとまん丸になり、棒付きキャンディーのようになるはずです。

Dsc_0962_convert_20170618220214
サンデルシーに限らず小型アエオは丸まって夏を越すものが多いですが、これは枝が長いので、面白カワイイ姿になって楽しいです。

Dsc_0963_convert_20170618220236
ただ表面に産毛があり、ちょっと粘つく感じなので、ホコリが付いて汚れてしまいます。なかなかなめてみる気にはなれないですね。

せめて枯葉くらい取ってから写真を撮ればよかったのに。

Dsc_0965_convert_20170618220304

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月 6日 (火)

夕映えが変身

よくホームセンターで見かけるアエオニウム・夕映えです。小型で斑入りなので扱いやすく人気があるようです。ただ挿しておくといくらでも増え、夏に潰れることもないので、どこにでもある普及種です。

Dsc_0846_convert_20170604213309
その名のとおり穏やかな黄色イメージなのですが、強光線下に放置しておいたところ赤が混じったがっしり肉厚アエオに変身です。

Dsc_0848_convert_20170604213344
日焼け寸前のようにも思われますが、葉が濃縮されている感じで冬の穏やかな夕映えとはまるで別物です。

Dsc_0847_convert_20170604213325
栽培の本には遮光するよう書かれているものが多いようですが、思い切って日ざらしにするのもアリですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月 9日 (火)

お日様がいっぱい

5月は陽ざしが強いです。夏至が一月半後なので当然と言えば当然、大体8月初旬と同じ陽射しのはずです。

Dsc_0557_convert_20170507212802
しかしこの時期は水遣りできるので、直射日光下でも大丈夫です。8月と何が違うかと言えば最低気温です。この時期は朝夕が涼しく、根が元気で水を吸うので強光にも耐えることができます。最低気温が上がってくると要注意ですね。

Dsc_0561_convert_20170507212922

アエオニウムは休眠間近ですが、陽によく当てるととても綺麗です。

Dsc_0560_convert_20170507212848
残念なのは砂埃、黄砂の影響もあるのでしょうか、カシミアとか黒法師はちょっと汚れが目立ちます。

Dsc_0558_convert_20170507212823
微毛系、べたべた系のアエオはもっと悲惨です。緑のはずが茶色に変色しています。
Dsc_0556_convert_20170507212735
まだら黒法師が輝いています。今はこれが一番かな?

そういえば、大船の展示即売会が今日から。
仕事で行けないのが残念です。
行かれた方は状況をお教え願います。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物ランキング

2017年4月22日 (土)

かなしい花

咲いたら終わりのアエオニウム、ドドランタリスがついに花を咲かせてしまいました。

Dsc_0357_convert_20170419223356
アエオニウムはどれも黄色い花で芸がありません。あんまり綺麗な花ではないですが、たくさん咲いて数で華やかさを出すタイプです。

Dsc_0358_convert_20170419223427

しかし、大事に育ててきたのに、この花と引き換えに命を落とされたのでは割に合いません。かといって株別れしてどんどん増えるものを種を採る気にもなれず、結局成り行きまかせです。

Dsc_0359_convert_20170419223449


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月13日 (木)

チュッパチャプスと呼んでるしー

前から機会があればと思っていたこのアエオニウム、ようやく出会えました。

Dsc_0256_convert_20170409225127

グリーノビアと普通のアエオの中間みたいな様子の小型のアエオです。

Dsc_0258_convert_20170409225218

今でも十分に魅力的ですが、夏になるとこの棒の先のロゼットが丸まって、チュッパチャプスそっくりになるのです。

Dsc_0257_convert_20170409225157

そうそう名前はアエオニウム・サンデルシー、チュッパチャプスでは恐らく通じないと思います、念のため。

Dsc_0259_convert_20170409225242

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月 4日 (火)

花芽といえば

アエオニウム・ドドランタリスの花芽が大きくなりました。10年位増えたり減ったりしながら、生き残ってきたものです。やっとというか、ついにというか、花を咲かせそうです。

Dsc_01872_convert_20170402221724

ドドランタリスはオーレアなどと同じ旧グリーノビア属、いつの間にかアエオニウムの一員になっていました。子株をだしてよく増えますが、夏に弱くちょっとでも水を遣るとそのままあの世に行ってしまいます。

Dsc_0188_convert_20170402221739

そして花が咲いても枯れてしまうそうです。まあこれだけ大きい花ですから、溜めていたエネルギーが尽きてもおかしくありません。

Dsc_0191_convert_20170402221759

種を採って蒔くかというと、これだけどんどん増えるものを実生する気力もなく、結局花を見て終わりということになりそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村