フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

エケべリア

2017年7月24日 (月)

久しぶり

今日は曇り空、時々雨がぱらつくものの本格的な雨にはなりません。

Dsc_0344_convert_20170723212910
おかげでここのところの猛暑も少し和らぎ、比較的涼しくなりました。
この機会を逃さないよう水遣りしました。

Dsc_0348_convert_20170723213017
鉢底から給水します。この時期なので、できるだけ水が表面にまで上がってこないようにと水量少な目、浸ける時間は数秒、カラスの行水程度ですが、それでも水遣り過剰になることもあり難しいところです。

Dsc_0347_convert_20170723212947
水遣りした後は陰干しで乾かします。傾けて置いて水抜きをします。
1時間ほど置くと棚に置いても水が漏らなくなります。
棚に戻して出来上がりですが、明日からまた暑くなるのが不安です。これが裏目にでなければいいのですが。

Dsc_0349_convert_20170723213044
次に水を遣るのはいつになるでしょう。ひょっとすると10月になるかもしれません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月22日 (土)

危機管理

我が家のコロラータ軍団、今のところ隊伍を崩さず夏に突入しております。

Dsc_0269_convert_20170717135211
コロラータはその逞しい姿に似合わず、夏に弱くて信用できない処があります。いつも異常が無いか見ていなければなりません。早期発見できれば助かることも多いので、注意が必要です。

Dsc_0270_convert_20170717135231
生存確率を上げるため、昨年は抜き苗で越夏しました。生存率は高かったのですが、徒長から回復するのに時間を要しました。

Dsc_0274_convert_20170717135351
今年は空冷栽培で夏越しにチャレンジ、つまりトレー植え・網棚直置きです。
生存確率を上げつつ、秋に成長させて大きくしようという2方面作戦、二兎追う者にならなければいいのですが。

Dsc_0271_convert_20170717135251
Dsc_0272_convert_20170717135311

コロラータは完全休眠にはならないようで、夏でも日当たりは必要だと思います。どれも日当たりのいいとこに置いているので、白粉を出して自らを防衛しています。
Dsc_0277_convert_20170717135433
Dsc_0279_convert_20170717135525
Dsc_0278_convert_20170717135504
リンゼアナもブランディティも、同じような白系になってしまいました。お肌にはよくないかな。

Dsc_0276_convert_20170717135411
これは・・・コロラータではなく桃太郎、まあ同じようなものです。

この方法はいいのですが、秋にカッコいい鉢植えに戻すとすると、結局年2回の植替え、これは面倒です。人に見せる以外のものは年中このままになってしまいそうです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月16日 (日)

灰色多肉

灰色というのは白と黒が混ざり合った状態ですが、白とも黒ともつかない状態をいうこともあります。

Dsc_0199_convert_20170708210536
これは前にもご紹介したアフィニス×ラウイです。夏を迎え、黒い地肌に白粉が乗るという白とも黒ともつかない多肉になってきました。

Dsc_0200_convert_20170708210555
本来色が無いはずですが、何となくブルーや紫に見えたりするから不思議です。

組み合わせがわからなければ、かなりの謎多肉になるところです。

持っているどのエケべリアにも似ていないので、大事にしたいところですが、これ一本しかないのでこの夏は少し不安です。ラウイは夏に強いですが、アフィニスは弱いですから。なんとか増やして保険をかけておきたいところです。

Dsc_0201_convert_20170708210619
この花が稔るかどうかは不明ですが、花茎に付いている葉はいかにも芽を出しそうです。この葉を挿して増やすのが手っ取り早そう、今日にも外して植えることにします。

Dsc_0202_convert_20170708210640

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月 6日 (木)

プランターもヤバいことに

野菜ブランターの大葉エケもわずかな間に大きくなりました。
日照不足で徒長気味なところに押し合いへし合いで、陰になったものはもう大変です。

Dsc_0098_convert_20170702221223
カメオとレインドロップスが特に他を圧倒しつつあります。こういう時は成長が早いものが得、アーリーライトも大きくなるのですが、一度下になると盛り返すのは難しそうです。

Dsc_0121_convert_20170702221713
Dsc_0122_convert_20170702221742

仕方がないので、カメオとレインドロップスは独立させようと思います。単独でも見応えありますしね。

Dsc_0096_convert_20170702221201
それにしても野菜プランターの威力は相当なもの、地植え気分が楽しめます。大葉エケも鉢植えだと場所取りでじゃまですが、プランターで屋外に放置しておくとなかなかです。

Dsc_0098_convert_20170702221223_2
小さい頃とはもう別物、やはり大葉エケは大きくしないとその実力が発揮できないですね。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月 5日 (水)

セクンダがヤバい

梅雨らしくなりました。今年は5月に雨が降らなかったので、水不足になるのではと思いましたが、台風まで来て大雨です。夏至のころは日が高く、棚下が日陰になるのに加え、曇り空なので日照不足です。

Dsc_0080_convert_20170702220551
セクンダ・プエブラがビローンとなってしまいました。すごく大きくなったように見えますが、はっきり言って徒長です。もっとがっしりとしていないと、この後の暑さに耐えられません。水を切り始めましたが、この緩んだ葉はなかなか戻らない感じです。

Dsc_0083_convert_20170702220613
ラウレンシスもビローン。交配不明でしたが、こうしてみるとセクンダ系のようです。
Dsc_0084_convert_20170702220630
ニバリスもセクンダそっくり、セクンダの仲間ですね。

Dsc_0085_convert_20170702220648
巨大で良く育っているように見えますが、夏には弱くここからが勝負です。

Dsc_0105_convert_20170702222104

カトルスなんかもヤバそう、水冷にした方が良かったかもしれません。

Dsc_0108_convert_20170702222208
これはセクンダ・ヒチュー、我が家では初の夏越しです。

その他、どれも夏に弱そうな顔をしています。台風が過ぎると晴れのようですが、蒸し暑いので最初の試練到来です。

Dsc_0106_convert_20170702222126

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月 1日 (土)

地植えスタート

ハウスもでき、落ち着いてきたのでエケべリアの地植えを始めました。

Dsc_0990_convert_20170630223409
ハウスの中はもう十分暑いので、エケべリアも暑さに強そうなものばかり集めました。

Dsc_0991_convert_20170630223439
ラウイとかラウリンゼとか、鉢ではなかなか難しい大きさのものを育ててみたいです。

Dsc_0992_convert_20170630223505
これはポルックス、こんなものを大きくしてどうするのかという感じですが、どこまで大きくなる物か試してみたくなりました。

Dsc_0994_convert_20170630223543
大葉エケとかはこの間隔でも狭いと思います。どこかで植直すことになるのは覚悟の上です。

Dsc_0993_convert_20170630223524
ちぎった葉っぱとか花芽とか、わけわからないものを放り込んでおけるのも地植えの強みです。欠点は虫にかじられること、取り敢えず薬はまいておきましたが、毎日見ることができないので心配です。

今回は予行演習、この秋からはもっと色々植えてみるつもりです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月30日 (金)

思ったより

ブルーエルフという名前の正体不明のエケべリアです。原種ではないようですし、交配親も見当がつきません。

Dsc_0025_convert_20170626231433
ブルーの葉に魅かれたのですが、ロゼットはちょっとバラバラした感じだったので、今一つかなと思っていたのですが、久しぶりに見てみると群生して綺麗になっていました。

Dsc_0026_convert_20170626231452
花もルンデリ―のような赤い花を想像していたのですが、意外にも黄色です。青い葉に鮮やかな黄色が映えて思ったより綺麗です。

Dsc_0027_convert_20170626231507
しかし、こんな黄色の花のエケべリアはプリドニスくらいしか思いつきません。
花弁もエケべリアにしては少し開いた感じ、グラプトか何かとの属間交配種ぽい気配がしますが、エケべリアとのことなのできっとそうなのでしょう。

Dsc_0030_convert_20170626231524

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月19日 (月)

エケべリア天気

今年は今のところ雨が少なく、梅雨とは思えない天気が続いています。梅雨らしくなるのは、今週半ばからでしょうか。

Dsc_0942_convert_20170617210858
ともかくも強光と水不足はコブエケに向いているようです。

大葉エケ全般に固く締まってカッコいいですが、コブエケはその上にその特徴であるコブが出て、今までで一番いい出来栄えです。コブエケのコブはこうやって作る物なんですね。

Dsc_0877_convert_20170617210807
レインドロップスのドロップも大粒になっています。

Dsc_0876_convert_20170617210742
カメオの方も彫物が彫りあがってきました。
本格的に梅雨になるとコブが消えてしまうかもしれません。なんとか維持したいですね。

Dsc_0941_convert_20170617210838

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

ちょっと遅めの花盛り

セクンダやピンフィールなど、夏に弱いエケべリアはトレーに寄せ植えにしました。もちろん網棚に直置きです。普通のプラ鉢栽培よりは生存の確率が上がるはずです。

Dsc_0916_convert_20170613222502
他のエケべリアより夏に弱いエケべリアの方が花の時期が遅く、梅雨になっての花盛りです。

Dsc_0919_convert_20170613222522
真ん中のサブアルピナ
HYBは半分溶けながら花芽をあげています。生長点が無事なので復活するかな?

Dsc_0921_convert_20170613222541
花の時期がずれるのは、他の種を採種している最中なので助かります。今、春に咲いたエケべリアやダドレアの整理で大変です。
この時期の花だと採種できるのは7月頃になるはずなので、採った種はやはり秋までとって置くしかないですね。

Dsc_0923_convert_20170613222559

せっかく採種してもその後の管理ができないと台無しです。わかってはいますがこれが一番面倒で、気合が入らないんですよね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月13日 (火)

ホントに群生に

花芽挿しのその後です。秋に出た大葉エケの花芽、いたずらで庭に植えたら根付きました。そしてそのまま冬を越し、春になって芽を出し、子株が沢山できて群生になりました。

Dsc_0899_convert_20170610221403
枯れた花が上についています。見慣れない形なのでちょっと不気味ですが、一応群生株、育ちそうです。

Dsc_0895_convert_20170610221306
整地したので地植えから鉢に戻しましたが、元気に大きくなっています。

Dsc_0898_convert_20170610221345
花芽挿し、これは使えそうです。種を蒔けば大量に増やすことができますが、実生は面倒ですし、そんなに増やしても置き場所がないということもあります。

ちょっとだけ増えればというのであれば、この方法はぴったりです。葉挿しよりも簡単で、成功率も高そうです。

Dsc_0896_convert_20170610221324
花が付いていたのを強引に挿したのですが、もう少し早い段階で挿したほうがいいかもしれません。いろいろ試してみると面白そうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧