フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

エケべリア

2017年9月22日 (金)

さあ植替えだ

と思ったのですが、台風と暑さに意欲をくじかれたのは先日書いたとおりです。
実はダドレアに引き続き、エケべリアも植え替えておりました。

Dsc_0751_convert_20170916191649
エケべリア・ジュリアです。実はジュリアとギガンティアは同じものとか、その名のとおり地植えするととても大きくなります。

Dsc_0750_convert_20170916191626
でも頭が重くなりすぎて、幹が折れカッコ悪くなります。これくらいがちょうどいいかも。

Dsc_0754_convert_20170916191711
根はカチカチです。

Dsc_0757_convert_20170916191735

次は3頭立ての白鳳です。白鳳は幹から子株を出して増えていきます。
これも幹が伸びるのでいずれ仕立て直しが必要です。

Dsc_0758_convert_20170916191758
こちらもカチカチ、毎年の植替えは絶対必要ですね。

Dsc_0759_convert_20170916191816
こちらは2頭立てのカリブラです。

Dsc_0760_convert_20170916191836
それらしく不気味な感じになりました。

Dsc_0761_convert_20170916191903
こちらも「一つ一つは面倒だ!」ということでプランターにブッコミ、恥ずかしいので寄せ植えとは言いません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月21日 (木)

暑さが戻って

ラウイ様、最後の成長期です。

Dsc_0821_convert_20170917221932
珍しく暑い夏が元気というラウイ様、冬になると成長が止まります。これをよくある冬型のエケべリアと一緒にして冬に水を遣ると腐ります。氷点下になると凍死します。冬越しの方が難しいと思います。

Dsc_0822_convert_20170917221956
ただし夏はハウスの中、水を葉の間に溜めないように注意します。雨ざらしは粉が剥げるだけでなく、病気の原因になります。
何でもラウイの原産地は暑くて乾燥したところだそうです。乾燥のため雑菌も少ないとのこと、ばい菌には弱いようです。

Dsc_0825_convert_20170917222045
これは3個ではありません、3頭立てのラウイです。寒さで生長点が凍り、それを取り除いたところ、3頭立てになりました。以前は虫に食われたのかと思っていましたが、よく考えると凍傷が原因のようです。

Dsc_0824_convert_20170917222020
実生したので、大きさ形がバラバラですが、上手く成長したものはそれなりに綺麗です。

Dsc_0827_convert_20170917222106
時々こんなのも、ハート型の葉のラウイです。きっと何かの花粉を拾ってしまったのですね。これはこれで選抜して固定すれば面白いかも。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月18日 (月)

雨が降ったので

今日は植替えを諦め、今日は種蒔きでも。

Dsc_0844_convert_20170917143126
こちらはストリクチフローラです。

Dsc_0843_convert_20170917143101
今でも花芽が残ったままです。夏は完全に成長がストップ、花は咲きかけたまま時間が止まってしまいました。

Dsc_0842_convert_20170917143039
下の方の枯れた花を外したのが、この種です。
自家受粉が頼りなので実っているかどうか不明です。

Dsc_0848_convert_20170917143153
種を取りだしてみるとこんな様子、ちょっと黒いのが少ない感じです。これでは発芽は厳しいかなという雰囲気です。

Dsc_0850_convert_20170917143216

ダメもとで蒔いてみました。他にも色々蒔いてプラケース入り。実っていれば1~2週間で芽が出るはずです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月12日 (火)

厚蒔き注意

先日蒔いたエケべリア・ラウイの種が発芽しました。

Dsc_0725_convert_20170911195200
エケべリアの種は小さい上に採れるときは大量に採れるので、すぐ厚蒔きになってしまいます。ラウイの場合は、種が実っているかどうかは、種の鞘をちぎって中身をコピー用紙の10㎝位上から落とすとわかります。

実っているときは、黒い砂のような粒がパラパラと音をたてて落ちてきます。実っていないときは、赤紫の煙のような感じです。

Dsc_0727_convert_20170911195224
7月に蒔いた種は今こんな感じ、ラウイ系は夏でも成長します。

Dsc_0728_convert_20170911195247
こちらは6月に蒔いたラウリンゼ、もう限界です。

そろそろ大きいものを傷つけないように抜きあげ植え替えます。普通の間引きと逆ですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月11日 (月)

季節外れのカット

多肉のカットは、夏型も冬型も雑菌が多い夏は避けるのが常識ですが、そんなことは言っていられない非常事態もあります。

Dsc_0664_convert_20170909214114

こちらも葉から腐りが伝線したので、取り急ぎカット。

Dsc_0665_convert_20170909214132

切り口の赤いのは?トップジンMペーストです。

この夏からカット部につける薬品を変更してみましたが、これが思ったより効果があるようです。

Dsc_0666_convert_20170909214151
Dsc_0667_convert_20170910191909

こちらは8月初めにカット、同じように茎に腐りが入っていたので、これはでなら「奮闘努力のかいもなく、今日も涙の」となるところでしたが、1月たった今も生きています。秋になれば復活できそうです。

Dsc_0668_convert_20170909214218
同じく根腐れして胴切りしたユーフォルビアも。ペーストなので乾きは遅くティッシュの上に置くとこびりつきますが、生きていればよし。

Dsc_0669_convert_20170909214232
これは使えそうです。もちろん住友化学さんとは関係ありません。念のため。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月24日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

突然暑さ蛾が戻ってまいりましたが、皆様の多肉はいかがお過ごしでしょうか。

Dsc_0487_convert_20170819213228
私のグロブローサは、ここのところの日照不足ですっかり徒長してしまいましたが、それ以外の不調も無く元気です!

Dsc_0489_convert_20170819213255
高山エケのセトーサ・デミヌタ、通称ルンデリ―もこの通り、元気に過ごしております。

Dsc_0491_convert_20170819213317
こちらもルンデリ―のはずですが、図体ばかり大きくなり、毛が出てきません。本物かどうか疑わしいところですが、取り敢えず元気です。

Dsc_0492_convert_20170819213338
夏に弱いロドルフィ、消滅することも無く、この夏も成長しております。

Dsc_0494_convert_20170819213403
今年の日照不足には参りましたが、この夏も水冷栽培で元気です!

それでは、皆様の多肉もお元気に秋を迎えられますよう、お祈り申し上げます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月19日 (土)

地植え最強伝説

困った時の地植えです。

Dsc_0415_convert_20170818221708          8月

地植えしたのが6月、鉢植えのエケべリアはもう成長期を過ぎたところです。

Dsc_0990_convert_20170630223409     6月

しかし、地植えなら暑いハウスの中でも成長します。原因を想像すると、地表面は暑くても、地中はそれ程でも無く、根が適度に冷えているからだと思います。おそらく大きな野菜用コンテナでも同じような効果があるはずです。夏を乗り切るのにコンテナ植えは使えるかもしれません。

Dsc_0418_convert_20170818221753
Dsc_0992_convert_20170630223505

話がそれましたが、小さかった大葉エケが巨大になりました。ポルックスはこの辺が最大サイズかもしれません。

Dsc_0417_convert_20170818221736
Dsc_0993_convert_20170630223524

ラウリンゼもグングン大きくなっています。鉢植えではなかなか到達しないサイズになりそうです。

今年は6月でしたが、3月ごろからスタートすればひと夏で大物ができそうです。やはり地植えに勝る栽培法は無いですね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月11日 (金)

夏の花

黒エケと白エケの代表の交配種、アフィニス×ラウイです。
黒い地肌に白粉が乗り、見た目は灰色というより紫色に。

Dsc_0426_convert_20170805230053
そして猛暑の最中、真っ赤な花が咲きました。この時期に花が咲いているのはこれだけです。

Dsc_0427_convert_20170805230115
花はアフィニス、丸くて赤い花です。花弁が細長いラウイとは明らかに違います。両方をミックスした感じではありません。

Dsc_0429_convert_20170805230156
結構な量の花粉が出ています。これは自家受粉で稔るかもしれません。

こういう物のFⅡ世代はどうなるんでしたっけ?優勢なほうが3、劣勢な方が1で出現するのだったでしょうか。自家受粉じゃ無理かな?もう忘れてしまいました。

Dsc_0428_convert_20170805230135
アフィニスとラウイの特徴はどちらが優性か、わかるかどうかは不明ですが、とにかく実生してみたいです。

Dsc_0431_convert_20170805230210

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月 7日 (月)

耐えてます

今日は暑い日でした。ここのところ曇り空の日が続いていたのですが、さすがに晴れると暑いです。

Dsc_0419_convert_20170805225318
エケべリアもここが我慢のしどころ、水を切って必死に耐えています。とはいえ2週間ほど前に水遣りしているので、そんなにヨレヨレではありません。

Dsc_0420_convert_20170805225337
トレーを網棚に直接乗せて乾かす空冷方式にしてから死亡率はぐっと下がりました。
Dsc_0422_convert_20170805225354
暑さに弱いサブアルピナもなんとか耐えています。

Dsc_0423_convert_20170805225409

コロラータ系、メキシカンの下葉がちょっと変かな?今写真で気が付きました。明日の朝チェックします。迅速に対処すれば一命をとりとめることも多く、早期発見が一番大事です。

Dsc_0424_convert_20170805225424
ロメオも何とか耐えています。オランダ生まれのせいか、アガボイデスのくせに暑さに弱く困りものです。

Dsc_0425_convert_20170805225446

ああ、これはダメですね。エケべリア・ファンキ、子株までやられています。
カットして保険をかけておくべきでした。残念。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月 5日 (土)

こちらにも

ラウイは暑さに強いというか、暑い方が元気なので、アガベと一緒にハウスの中に入れています。ラウイ以外のエケべリアは溶けてしまいます

Dsc_0373_convert_20170729202029
ハウスの中にも変なのが登場しました。

Dsc_0374_convert_20170729202059
夏は色々面白いものが出てきます。楽しくていいですけど、多肉を食われるのでちょっと迷惑です。

Dsc_0375_convert_20170729202126
しかしこれはカッコいいです。調べてみるとアゲハではなく蛾の幼虫、セスジスズメのようです。作物を食い荒らすので農家の嫌われ者だとのこと。何も我が家に出なくてもいいのに。

Dsc_0378_convert_20170729202151
それにしてもこのデザインは出色、未来の乗り物のようです。

Dsc_0379_convert_20170729202215
このアンテナがちょっとツボですね。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧