フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

実生

2017年9月20日 (水)

のこった、のこった

今年の夏は大して暑くなかったと思いますが、ダドレアの実生苗はブリトニー以外全て消えてしまいました。やはり春蒔きは厳しいです。水を切っても生き残る程度の大きさに育っていないと夏は越せないと思います。

Dsc_0811_convert_20170917141351
そんな中、このセダムはびくともせず。ずっと実生苗として乾燥しないよう水を遣り続けていましたが、そのまま育ちました。

Dsc_0813_convert_20170917141428
名前はセダム・ペレスデラロサエです。あまり聞いたことがないセダムです。

Dsc_0815_convert_20170917141448

これは間延びしてしまっているのか、こんなものなのかよく判りません。

Dsc_0816_convert_20170917141507
ちょっとエケべリア・プロリフェラに似ています。これから普通の土に植え替えて、よく陽に当ててやろうと思いますが、変化はあるでしょうか。

Dsc_0812_convert_20170917141408

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月18日 (月)

雨が降ったので

今日は植替えを諦め、今日は種蒔きでも。

Dsc_0844_convert_20170917143126
こちらはストリクチフローラです。

Dsc_0843_convert_20170917143101
今でも花芽が残ったままです。夏は完全に成長がストップ、花は咲きかけたまま時間が止まってしまいました。

Dsc_0842_convert_20170917143039
下の方の枯れた花を外したのが、この種です。
自家受粉が頼りなので実っているかどうか不明です。

Dsc_0848_convert_20170917143153
種を取りだしてみるとこんな様子、ちょっと黒いのが少ない感じです。これでは発芽は厳しいかなという雰囲気です。

Dsc_0850_convert_20170917143216

ダメもとで蒔いてみました。他にも色々蒔いてプラケース入り。実っていれば1~2週間で芽が出るはずです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月12日 (火)

厚蒔き注意

先日蒔いたエケべリア・ラウイの種が発芽しました。

Dsc_0725_convert_20170911195200
エケべリアの種は小さい上に採れるときは大量に採れるので、すぐ厚蒔きになってしまいます。ラウイの場合は、種が実っているかどうかは、種の鞘をちぎって中身をコピー用紙の10㎝位上から落とすとわかります。

実っているときは、黒い砂のような粒がパラパラと音をたてて落ちてきます。実っていないときは、赤紫の煙のような感じです。

Dsc_0727_convert_20170911195224
7月に蒔いた種は今こんな感じ、ラウイ系は夏でも成長します。

Dsc_0728_convert_20170911195247
こちらは6月に蒔いたラウリンゼ、もう限界です。

そろそろ大きいものを傷つけないように抜きあげ植え替えます。普通の間引きと逆ですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年9月10日 (日)

玉扇実生苗の今

昨年蒔いた玉扇の実生苗です。蒔いたのは11月だったので、まだ1歳にならない子供です。

Dsc_0671_convert_20170909213640
夏の日照不足のせいで、こちらもちょっと徒長気味ですが、まあこれから長い一生なので、どこかで取り返せるかと思います。

Dsc_0672_convert_20170909213656
ハオルシアは根が伸びると、体全体を押し上げるようで、倒れかけているものもあります。生産者さんのところに行くと、よく針金で抑えてある小苗を見かけますが、浮き上がり防止のためだったのですね。何だろうと疑問に思っておりましたが納得です。

Dsc_0673_convert_20170909213711
まあともかくも成長期を無事に迎えて、これからというところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

気になっちゃってどうしよう

夏に収穫したハオルシアの種、コレクタとコンプトニアナ、真夏に蒔くと煮えてしまうのではないかと思い、冷蔵保存しておきました。案に相違して、それほど暑い夏ではなかったですが。

Dsc_0657_convert_20170909213121
今回は種が多いので、前回のプラスチック瓶だけでなく、タッパーも使用することに。レンジにかけられるものです。

土を入れて水を適当に吸わせて、レンジで消毒。種はカビキラーで消毒。これは前回通りのカクタスニシ様仕様です。

Dsc_0653_convert_20170909213059
819日から20日にかけて蒔きました。まだかな、まだかなと毎日気になって仕方がありません。種を採り置いたのが大丈夫か時になります。前回は採り蒔きでしたから。

Dsc_0658_convert_20170909213138
9月に入って、突然ピッコ、パッコと出てきました。

Dsc_0660_convert_20170909213153
タッパー越しその上水蒸気で曇りがちですが、
4個とも中は新芽でいっぱいです。
数は数えてませんが、ほとんど発芽した感じです。後は春まで放って置くだけです。

Dsc_0661_convert_20170909213212

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年8月10日 (木)

初めての猛暑

今日は、と言ってももう昨日ですが、最高気温は37℃とか。百葉箱の中ではない地表近くでは、40℃以上になっていると思います。こんな暑さは生まれて初めて。

Dsc_0436_convert_20170805225538
いや、嘘ではありません。この小苗たちの話です。

Dsc_0438_convert_20170805225553
ハオルシア・玉扇、昨年の11月に蒔いたので、初めての夏を迎えています。今までで経験した最高気温なのは間違いないと思います。

Dsc_0439_convert_20170805225609
夏には弱いのかと思いきや存外元気です。夏に水を遣れば溶ける、水を遣らなければ枯れるという、気難しい実生苗が多い中、この玉扇は乾き過ぎないように水を遣っていますが、今のところ危うい雰囲気はありません。

Dsc_0440_convert_20170805225624

生まれた時から雑菌の多い我が家で育っているので、免疫力がついたようです。本当?こちらの方が嘘っぽいですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月27日 (木)

春蒔き苗の運命

春に蒔いた種、エケべリアのほか、セダムやダドレアなど夏に弱いのを承知で蒔いたものもあります。確か3月の終わりごろ、まだ寒さの残るころでした。

Dsc_0295_convert_20170722204001

なぜ春に蒔いたかといえば、昨年秋に蒔いて発芽しなかったから。
秋といっても9月でしたので、まだ気温が高すぎたのだと思います。

Dsc_0291_convert_20170722203811
春に蒔いた種はまもなく発芽し、6月半ばまでは順調に育っていましたが、ダドレアなどは急に腐りだしました。

Dsc_0292_convert_20170722203900
あわてて水冷栽培のポットに突っ込んだのですが、結果はダドレアはほぼ壊滅、エケべリアのなかで暑さに弱いストリクチフローラやサブアルピナは、水冷栽培に入れてから持ち直しています。

Dsc_0293_convert_20170722203925
Dsc_0288_convert_20170722203715

やはりダドレアは、水を切っても枯れない大きさまで育てておかないと夏越しできない感じです。いっそのこと抜いて冷蔵庫にでも入れて置けばよかったかなと思います。
Dsc_0290_convert_20170722203836

不思議なのは6月頃蒔いたブリトニー、暑くなってから全く成長しませんが、双葉のままでそれなりに元気で夏を過ごしています。

Dsc_0372_convert_20170726205416
セダムの小苗はそのまま水浸しで生きています。これも不思議なところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月 7日 (金)

こちらは元気

ベンケイソウは日照不足と暑さでヘロヘロになっていますが、こちらは元気になっています。

Dsc_0092_convert_20170702220845
昨年の実生苗、謎の種でしたがガガイモの何かのようです。羽が生えている種をいっぱい貰って蒔いたのですが、蒔いたのはいつだったでしょうか。発芽した時に「ひゃっほー」と喜んでいる感じだったのを覚えています。冬の寒さと水遣り加減が分からなかったのが原因で、生き残ったのはこれだけ。しかし、残ったものはここのところ急成長です。

Dsc_0093_convert_20170702220901
こちらはヘキラン錦の実生苗です。自家採種ですが花がなかなかそろわないので、年に一回蒔くことができるかどうかです。これも最初の冬は苦労しますが、何とかこのくらい残りました。一つ二つ赤いのがあります。斑入りも残ったようです。

Dsc_0094_convert_20170702220918
こちらは3年目の銀冠玉、少しだけ大きくなりました。ここからスピードアップしたいところです。なんでもそうですが、最初の1年を無事に過ごせれば、その後は手がかからなくなるようです。小苗の育て方がいまいち判らず、亡くしてしまうことが多いのが残念です。まだまだ試行錯誤中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月11日 (日)

蒔いたはいいけど

3月に蒔いたダドレア、エケべリアそしてセダムの実生報告です。

Dsc_08682_convert_20170605222611
ここまでは順調に育ってきましたが、ちょっと厳しい感じになってきました。

Dsc_0832_convert_20170604214245
ダドレアはアブラムシ―とか、クルトラータとか、ファリノサとか。夏を越すにはちょっと育ち過ぎた感じです。

Dsc_0840_convert_20170604214433
小さいいかにも発芽したばかりというのであれば、実生苗として水を与え続けても大丈夫です。これは昨年のダドレア・ブリトニーで経験済です。
実生苗は高温・湿潤の乾燥地帯とは思えない環境で芽生えるので、日本の夏も大丈夫です。親苗が腐るような環境になって初めて種が芽生えるという、命をつないでいく遺伝子の仕組み、すごいですね。

Dsc_0834_convert_20170604214324

この大きさになると実生苗扱いしていいのかどうか、かといって親苗のように水を切って育てるには小さすぎ、枯れてしまいそうです。

Dsc_0835_convert_20170604214416
Dsc_0837_convert_20170604214357
エケべリアとセダムも夏に弱い種類ばかり、成長が止まってきた感じです。

Dsc_0833_convert_20170604214305
やはり秋蒔きのほうが心配は少ないですね。秋にもまた蒔いてみます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月 5日 (月)

実生苗植え替えしました

ずっとやろうと思いながらできなかったハオルシア実生苗の植替え、やっと昨日植替えしました。

Dsc_0858_convert_20170604212552
ハウス造りのせいだけではありませんが、力仕事をすると他のことをする気力が全く無くなります。それだけ体力が落ちているということだと思います。

それはさておき昨年11月の種まきから半年、ようやくここまで成長しました。全部で18本ありました。植替えにはそれなりに根気が要ります。

Dsc_0860_convert_20170604212613
直径は3mmほどです。実生苗には選抜がつきものですが、この大きさでは全く区別がつきません。もっとも無名の玉扇なので選抜もなにも無いのですが・・・。

Dsc_0862_convert_20170604212638
取り敢えず「みんな頑張れ」です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧