フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

アガベ

2018年6月11日 (月)

白子採れました

アガベの子株もいろいろあるようで、地下を長く伸びるものも、親株の近くで出るものも。

Dsc_0328_convert_20180610224956

吉祥天などは地下をどこまでも伸びるようで、親株から地下茎のようにつながったままです。
一方、吉祥冠は親株のすぐ傍で子株に根が出て親から外れます。

Dsc_0330_convert_20180610225036

親はこれ、コロラータです。薬をかけたので、ちょっと色がくすんでいますが、本当は青白で綺麗です。

Dsc_0329_convert_20180610225017

コロラータの子株は、天と冠の中間的な感じで少し伸びた地下茎に根が出ていました。そのまま親に付けたまま植替えようと思ったのですが、もう既に親から外れていたようで、枯れた根と一緒にポロリと落ちました。
拾って頭だけ出して植えつけたところです。

Dsc_0326_convert_20180610224937

これから日に当たるので、緑になってくるはず、育つかどうかというところです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年6月 5日 (火)

気になっちゃってどうしよう?

ベイビーメタルのユイちゃんは体の具合が悪いそうで、アメリカツアーに参加していないとか。ヨーロッパは大丈夫?とても気になります。(何を言っているのか気になる方は、ユーチューブで検索してみて下さいね)

さて、それはともかく、気になって仕方がないのはこちらです。

Dsc_0137_convert_20180604204247

1年ほど前に行ったグランカクタスさんのアガベ・ハウスにあったアガベです。
直径は7080㎝はあったと思います。

園主さまが近くにおられず、買えもしないのにわざわざ探して来てもらう勇気もなく、名前を聞かずじまいでした。

Dsc_0143_convert_20180604204204

銀色の肌に金の棘がついていてとてもオシャレ、他のものが目に入らなくなるほど美しいアガベです。

Dsc_0142_convert_20180604204143

「検索すればすぐにわかるさ」と思ったのですが、意外と似た画像に出くわさず、ずっと気になっておりました。交配種なのかもしれません。これは何というアガベなのか、お教えいただけると幸いです。

ブログで疑問を呈するとちゃんとお答えがいただけるので、またまたご厚意に甘えてのお願いです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年6月 4日 (月)

暑くなりました

日が長くなり、晴れると暑い季節になりました。

Dsc_0754_convert_20180603234357
夜はまだ気温が下がるので、エケは最後の成長期ですが、ハウスの中は危険なのでラウイを残して全て撤退です。

Dsc_0755_convert_20180603234424

ほとんどアガベ・ハウスと化しています。

結局いろいろあってアガベの植替えはこれから、ボチボチとやっていますが、ハウスの中が暑くて能率が上がりません。

Dsc_0171_convert_20180528214745

まだ枯葉を付けたままのものが多いです。植え替えるときは枯葉を取るので、枯葉が植え替えたかどうかの目印になっています。

Dsc_0170_convert_20180528214724

温度が上がるにつれ、アガベの元気が良くなってきました。枯葉を残して成長しています。

Dsc_0169_convert_20180528214701

アガベの他にも元気なものはいるようです。こちらは暑くてフラフラですが。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年6月 1日 (金)

怪しい

アガベ・吉祥天はカッコいい。
吉祥天は学名でいうとパリーなんだそうで、パリーの仲間と聞けば、見境なく集めていた時があります。

Dsc_0188_convert_20180528215347

これはその時パリー・ホーチュエンスで入手したものです。

ホーチュエンスは吉祥天の代表種のはずですが、これは他の吉祥天に比べて葉が細長く、色も青色ではなく緑色です。

Dsc_0189_convert_20180528215408

何か変だなと思っていたところ、よく似たものがありました。
これもパリーの仲間、ネオメキシカーナです。

Dsc_0194_convert_20180528215516

細長くて緑色の葉、そっくりです。

Dsc_0193_convert_20180528215456

じゃネオ・メキシカーナでいいかと思ったところ、気になる情報が。
ネオ・メキシカーナは子株を噴かないとか。

Dsc_0192_convert_20180528215434
ホーチュエンス?の方はしっかり子株を出しています。

結局正体は迷宮入り、怪しいアガベとなりました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月18日 (金)

時々変なのが

大船が終わり、平常モードというか、お疲れモードになりました。
やる気スイッチが入りません。

さて、たくさん実生をすると、変わり者が出ます。

エケベリアの場合は意図せぬ花粉が付いたりすることがあるので、さほど驚かなくなりました。アガベも種屋さんの間違いもあるかもしれないので、違う種類が出ることはありそうですが、これはちょっと違います。

Dsc_0898_convert_20180518000836

「なんじゃこりゃ」な感じです。

Dsc_0899_convert_20180518000856

見ただけでは何か不明ですが、札はパリー・チワワとなっていました。

Dsc_0900_convert_20180518000918

同時に芽を出したパリー・チワワはどれもこんなです。


これがモンストというものでしょうか。
取り敢えず植替え、もう少し様子を見ることにします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月10日 (木)

待望の地植え

昨年、雑木林と化していた花壇スペースを切り開き、確保した場所です。
生えていた笹を一年かけて除去し、このゴールデンウィークにようやくアガベの地植えにこぎつけました。

Dsc_0838_convert_20180509225008

天気には恵まれたので、植替えなども順調だったのですが、体力不足のため3日目からはバテてしまい、思ったようには行きませんでした。
長い休みより、3連休くらいが一番効率的です。

取り敢えず地植え苗は、寒さに強く、長雨にも負けず、かつ大きくなりすぎないのが条件です。

Dsc_0779_convert_20180510002123

アメリカーナはカッコいいですが大きくなりすぎるので却下、パリーを取り敢えず3本植えました。

Dsc_0848_convert_20180509225117

奥から吉祥天(パリー・パリーかホーチュエンスか不明なもの)、パリー・コーエシー、パリー・トランカータです。

Dsc_0835_convert_20180509224943

さすがのパリーも水たまりではまずかろうと、地面より高植えにしました。

Dsc_0846_convert_20180509225054

あっという間に雑草に埋もれそうです。周りには砂利でも敷くべきでしょうか。

Dsc_0845_convert_20180509225031
これからもパリー系を植えていくつもり、ここはパリー畑です。

Dsc_0852_convert_20180509225145_2

まだスカスカですが、これでも株間が十分かどうかわかりません。
ギュウギュウになる心配をしなくてはならないほど大きくなってほしいです。

それはそうと、もう大船フラワーパークの展示即売会は始まっているようです。確か8日から13日までだったはず。ゴールデンウィーク明けに「休みます」という勇気は無く、初日には行けませんでした。

ただ、信頼できる筋からの情報によると、平日休めない方のために、土日に追加苗の持ち込みをするとのこと。この週末には出かけて、買い物のついでにアガベの栽培法も教わってきます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月 3日 (木)

教えて下さい 2

先日札落ちアガベの名前を教えて下さいと記事にしたところ、早速にも回答をいただきました。あっという間に疑問が解決です。

Dsc_0683_convert_20180429231755

名前はウォレリアナでいいとのこと、回答ありがとうございました。

しかし、このしがないブログでも、ちゃんとご存知の方が見て下さっているという、ほんとうにありがたいことです。

ここで喜んで止めておけばいいのですが、また皆様の知識を借りたくなりました。楽をしないで自分で調べろとお叱りを受けそうですが、ネットワークの威力を知ってしまうとつい頼ってしまいます。

Dsc_0760_convert_20180503005227

謎アガベはこれです。

Dsc_0762_convert_20180503005251

一昨年に某園さんを訪問した時に購入したものです。

園主様の話によると、遠い昔通販で購入したアガベだそうです。
まだネットが無い時代、カタログを見て注文したとのこと。それからカキ子をとって、親を販売して、とかいろいろあって、残ったのがこれとのこと。当時は珍しいアガベだったはずだが、今となっては名前が思い出せないとのことでした。

Dsc_0765_convert_20180503005336

葉の棘が大きいのと、縞模様が綺麗なので、ひょっとして掘り出し物ではないかと思い購入、こんなのばかりです。

Dsc_0763_convert_20180503005311

葉は分厚くまだまだ長くなりそうですが、成長は遅いのか購入時からあまり変わっていません。

これもまた、ヒントになりそうなことだけでも構いませんので、お教え願えれば幸いです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月 2日 (水)

アガベの冬越し

やっと暑くなりアガベの根も生えだしました。植替えを始めたのですが、新しい太い根が出ていると安心します。

Dsc_0780_convert_20180501235016

これは植替え前の吉祥天、パリー・パリーかホーチュエンスかその辺りのものです。屋外の軒下の雨除けビニールだけで越冬しました。下の葉が枯れて見るからにボロボロ、でも生長点の葉が開きだしているので根は伸びていると思います。

Dsc_0781_convert_20180501234959

こちらも同じ場所で越冬した吉祥天です。先ほどよりはましですが、やはり下葉が枯れ込んでいます。

Dsc_0782_convert_20180501235036

パリー・トランカータも同じ状態、「まあ仕方ないか。今年の冬は寒かったからね」で済むはずだったのです

Dsc_0777_convert_20180501234922

ところが、こちら家の北側に地植えした吉祥天、日当たり無し、雨除け無しの吹き曝し。雪もかぶりました。
それなのに下葉の枯れ込みが無く、葉が増えています。
どうも寒さだけが原因ではないようです。

ベテランの方に訊いてみたところ、水を切ったのが下葉が枯れる主な原因とのことです。
水を切ると、下の葉の水分を上の葉に回して、生命を維持するのだそうです。
「なるほど、それで地植えは下葉が枯れなかったのか」なんとなく納得です。

Dsc_0778_convert_20180501234939

しかし成長期じゃないのに水を遣ってもいいものか、何となく腐りそうな気がして怖いです。
何といっても、一昨年だったか、秋の長雨で屋外放置の大株を腐らせましたからね。それ以来、羹に懲りてなますを吹く状態です。
いろいろと悩みは尽きません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月 1日 (火)

謎アガベ 

似たようなアガベが3つ並びました。

Dsc_0696_convert_20180429231912

謎アガベは真ん中の物です。

Dsc_0697_convert_20180429231935

左は屈原の舞扇(パルメリーの変種とされています)。

Dsc_0699_convert_20180429232026

右はパルメリーです。

Dsc_0698_convert_20180429231957

問題はこのアガベsp、名前が不明ということで販売されていました。

Dsc_0701_convert_20180429232107

屈原の舞扇に似ていると思ったのですが、微妙に違うようにも見え、ひょっとしたら掘り出し物かもと思い購入しました。

Dsc_0700_convert_20180429232046

実際に比べて見ると、屈原の舞扇よりもパルメリーに近い感じです。

Dsc_0704_convert_20180429232212

見比べてみてどうでしょう。

Dsc_0702_convert_20180429232129

パルメリーと全く一緒かというと、なんか違うような気もします。

パルメリーによく似たアガベに、シュリーベイというのがあるそうですが、これは比べるものを持ち合わせてないので、分かりません。

Dsc_0703_convert_20180429232149

どれもまだ小苗なので、まだ特定するのは早いかもしれません。

でも、掘り出し物ならうれしいです。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年4月30日 (月)

教えて下さい

黄緑色が綺麗なアガベです。
葉はすこし細長いです。丸葉アガベではないともいます。
葉は滑らかな感じで、葉の縁の棘も形だけです。

Dsc_0681_convert_20180429231734

札落ちですが、手元には2015年にウォレリアナという名前で買ったという記録があります。

Dsc_0683_convert_20180429231755

しかしながら、検索してもウォレリアナというアガベは出てきません。
当時(といってもそんなに昔ではないのですが)の札が違っていたか、記録が間違っているかのどちらかだと思います。

Dsc_0684_convert_20180429231822

分からないとなるとなると、とても気になります。知ったからといって、何が変わるという訳ではありませんが、なんとか名前を知りたいです。

名前が似ているアガベとして、ウィンテリアーナというアガベがありますが、アメリカーナのような大アガベで、ちょっと違う感じです。大きくなるとそうなるのでしょうか。

Dsc_0693_convert_20180429231844

ということで、このアガベの名前はなんでしょうか。
まだ小苗かもしれないので、難しいかもしれませんが、ヒントになりそうなことだけでも構いませんので、お教え願えれば幸いです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧