フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

ディッキア

2016年11月15日 (火)

子だくさんディッキア

上から見るといまいち魅力が伝わらないディッキア・プラティフィラです。

Dsc_0813_convert_20161113222042

このディッキアのカッコいいところは裏側の縞模様、横からあるいは下から見上げないとわからないです。

Dsc_0815_convert_20161113222106

ということで横から見ると、縞模様もいいですが、気になるのはこの子供たちです。いくついるのでしょうか、数えるのが面倒なくらい。さすがディッキア素晴らしい。

Dsc_0817_convert_20161113222126
しかし、これはどうするものなのでしょうか。ディッキアは葉が細長くとげとげなので、群生株にするとこんがらがって、訳わからなくなりそうです。やはり、ばらして独立させるのでしょうか。夏型なので、ばらすとしても
5月頃、それまではこのまま放置ですが、ばらしたものがまたそれぞれ子を噴いたら?あっという間に鉢数が増えて場所がなくなりそうです。

Dsc_0818_convert_20161113222148

まあ、来年の心配は来年するしかありませんけど。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2016年9月15日 (木)

裏模様

これはディッキア・プラティフィラです。上から見ると冴えません。

Dsc_0182_convert_20160911222933

しかし、裏から見ると綺麗な縞模様、なかなかカッコいいです。

Dsc_0185_convert_20160911223030

昔、ごく普通の黒灰色の地味なスーツなのですが、前をはだけて裏地を見せると、鮮やかな黄色に阪神タイガースのマークがベタベタ、というスーツを着て、みんなを驚かせていた友人がいたのを思い出します。裏地に凝るとはなかなかやりますね。

Dsc_0184_convert_20160911223010

いつの間にか子供が一杯。さすがディッキア、ですがこれどうすればいいのでしょうか。このまま群生?それともはずす?はずすならやはり春でしょうか?数を増やすよりは、凄い群生のほうが見栄えしそうですが、どんなものでしょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2015年11月27日 (金)

渋すぎでしょ

ディッキア属のマニエール・ラポストレイです。

Dsc_0494_convert_20151126223740          Dyckia marnier-lapostollei

白いベルベットのような質感で、白銀に輝いています。葉は独特の形をしており、葉の縁には爪がいっぱいあって、一枚一枚は恐竜のよう。渋いです。

Dsc_0496_convert_20151126223909

関西では「渋い」というのは褒め言葉で、「あいつなかなか渋いのー」という風に使います。見た目がいいというよりも、態度や発言がカッコいい時に使うことが多いようです。実は、私は福岡の出身ですが、中学の時に大阪に転校したので、大阪弁もわかるんですよ。
ちなみに「渋チン」というのは悪口で、金を出し渋る人のことを言います。「ケチ」とは違います。「ケチ」はどちらかと言えば褒め言葉で、節約家のことを言います。節約家は無駄金は使いませんが、出すべきお金を出し渋ることはありません。しかし「どケチ」になると、節約が行き過ぎているという悪口に。
ややこしいです。

Dsc_0495_convert_20151126223838

マニエール・ラポストレイは原種ですが、ディッキアは実生が比較的容易なので、交配種がいろいろ出ています。見た目が良く似ているのに、違う名前が付いていることが多くて、これまた、ややこしいです。

Dsc_0498_convert_20151126223933



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2015年11月20日 (金)

宝さがし その6 多肉のドンキ

二和園から染谷サボテン園にはしごです。

Dsc_0861_convert_20151119224631

まずは大きな吉祥天様がお出迎え。ハウスわきに露地植えされ、雑草に埋もれています。しかし素晴らしい。雑草に埋もれても、神々しいお姿に変わりはありません。これはおそらくパリー・ホーチュエンス、さがしてもなかなか出会えないまさにお宝です。

Dsc_08592_convert_20151119225554      Agave parryi v.huachuensis

ハウスは1棟しかなく、二和園より小さいですが、その分多肉密度が濃く、まさにドン・キホーテ状態、カオス感も二和園以上です。

Dsc_0868_convert_20151119224919
Dsc_0869_convert_20151119224945

これはディッキアです。

Dsc_0877_convert_20151119225253
これもディッキアかと思いましたが、大きなアロエのようです。

Dsc_0865_convert_20151119224804
Dsc_0866_convert_20151119224830

これはムーンバーストですが、斑が乱れていて変わった感じです。

Dsc_0875_convert_20151119225123          Aeoniumu ‘Moonburst’

他にもキュービックなど、変わり者のアガベがありました。エケべリアもすごくおおきなラウイをはじめ、素晴らしいものがいっぱいあったのですが、撮り忘れました。すみません。

Dsc_0876_convert_20151119225222

ここも、「お宝を手に入れるまで」は、二和園と同じです。しかし、園主様は高齢化が進む園の中ではまだお若く、いかにも次世代という感じです。アイドルのようなカワイイ女子大生風の子が、一人で多肉を探していました。なんとアガベを選んでいる品のいい奥様風の女性も。一昔前ならありえない光景です。時代は確かに変わっています。かつてのサボテンブームは、団塊の世代と言われた昭和20年代前半に生まれた男性達が巻き起こし、その後はその方々の高齢化とともに下火になって行ったのですが、今まさに違った風が吹いている感じです。「そのうち、多肉の聖地はここになるかも」という予感がしました。

Dsc_0873_convert_20151119225045
               Agave‘Cubic’ 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


2015年10月11日 (日)

秋の植替え ディッキア

今日はいろいろ植替えです。コロラータ、ちょっと元気がありません。怪しい感じです。スアベオレンスも、水遣りしても萎れたままなので、ちょっと心配です。

Dsc_0456_convert_20151010203014    左から 上段:ダドレア属ブリトニーグリーンフォーム、エケべリア属コロラータ
         下段:
ダドレア属ブリトニー、セダム属スアベオレンス、
            ディッキア属プラッティフィラ

まず、抜き苗で届いたディッキア、一番右端、プラッティフィラという種類です。本来の植替え時期ではないと思いますが、このまま放っておくわけにもいきません。

Dsc_0458_convert_20151010203138

土は濃い目、余っていた観葉植物の土に、鹿沼土、赤玉土を足しました。ディッキアはそれほど水はけに気を使うことはなさそうです。

Dsc_0460_convert_20151010203112
Dsc_0462_convert_20151010203308

植えこむとこんな感じ。なかなかカッコいいです。葉に歯がありますが、アガベほど強力ではありません。こちらは飾り程度です。

Dsc_0461_convert_20151010203214

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村