フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

園訪問

2018年1月 6日 (土)

大晦日の宝さがし その5

第五のハウスです。

Dsc_0780_convert_20180103165525
Dsc_0783_convert_20180103165628

こちらはギッシリ、小型苗が多く、ファームというか、いかにもナーセリーという感じです。

Dsc_0782_convert_20180103165605
Dsc_0786_convert_20180103165716

こんなものもありました。エケベリア・プロリフェラの斑入りです。育てるのが難しそうです。

そして第六のハウスです。

Dsc_0791_convert_20180103165824

Dsc_0792_convert_20180103165847
Dsc_0795_convert_20180103165931
こちらも多肉がいっぱい、エケベリア、ダドレアなどベンケイソウもありましたが、ちょっと変わった最近の人気者がありました。

Dsc_0794_convert_20180103165911

アルブカ・スピラリスです。

Dsc_0799_convert_20180103170014

こちらはタマネギのようですが、ブルビネだと思います。

Dsc_0801_convert_20180103170040

こちらはカーナ、我が家にも居ますが、ついに出回りだしたかという感じです。

Dsc_0787_convert_20180103165754

二和園は以前より整理も行き届いていて、覗き込んで頭をぶつけるリスクが無くなった気がします。それでも量があるので、掘り出し物も多く、見つけ出す楽しみは以前と変わらない気がします。

また春になったら行ってみようと思います。

二和園の園主様、ありがとうございました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月 5日 (金)

大晦日の宝さがし その4

今日は第四のハウスです。なんか千夜一夜物語みたいになってきました。

Dsc_0772_convert_20180102224328

こちらは入口から見て右側がベンケイソウ、左側がサボテンですが、サボテンが見るからに少ないです。

Dsc_0778_convert_20180102224641

反対方向から見るとこんな感じです。サボテン側の空白が目立ちます。

Dsc_0777_convert_20180102224618

そのサボテンも新規入荷はしていない感じです。夏になると入ってくるのでしょうか。
サボテンファンの方はガッカリだと思います。これも時代の流れでしょうか。

Dsc_0773_convert_20180102224412
Dsc_0774_convert_20180102224451

ラウリンゼが大きくて立派です。

Dsc_0775_convert_20180102224515

そうそうダドレアはここにたくさんあったのでした。

Dsc_0776_convert_20180102224545

これもまた目が廻りそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月 4日 (木)

大晦日の宝さがし その3

第三のハウスです。

Dsc_0760_convert_20180102210424

ここは大型のエケベリアやアエオニウムなどベンケイソウが中心で華やかです。

Dsc_0761_convert_20180102210445
Dsc_0762_convert_20180102210504
Dsc_0764_convert_20180102210551

こんな感じでごちゃごちゃと。
二和園全体で見てもエケベリアが増えているような気がしました。やはり巷の人気を反映しているのでしょうか。

Dsc_0769_convert_20180102210619

眼が廻る写真です。

Dsc_0763_convert_20180102210523_2

ダドレアも少しありました。見たところでは、ブリトニーとブリトニー・グリーンフォーム、ハッセイ、エデュリス、ビレンスなど。

Dsc_0771_convert_20180102210649

探しているうちに、いい物発見。アエオニウム・リンドレ―です。なかなかの枝っぷり、カッコいいです。値段をお訪ねしたところ「これは高いよー、千円!」とのこと。素直にいただきます。出会いは大事にしないと。

とにかくたくさんあるので、目の前にあっても見逃してしまい、後で写真を見て後悔することが多いです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月 3日 (水)

大晦日の宝さがし その2

ハウスはたくさん、一般公開されているのが6棟、鉢が置いてあるのが1棟、このほかにも秘密のハウスがあるみたいです。

Dsc_0740_convert_20180102205931

これは第ニのハウスです。ここは大型の塊根植物やアガベなど、ちょっと珍しいものが置かれています。

Dsc_0741_convert_20180102210016

サルコカウロンです。大きくて盆栽のよう、カッコいいです。

Dsc_0759_convert_20180102210357

ここまでくると盆栽を通りすぎて森のようです。

Dsc_0747_convert_20180102210155

これは峨眉鉄甲かな?1本なのは見たことがありますが、群生は初めてです。

Dsc_0749_convert_20180102210217

これはオトンナ・レトロルサ、これだけ大きいと見ごたえがあります。

Dsc_0755_convert_20180102210316

エケベリアもちょっと変わっています。綴化もの、ちょっと苦手です。これは遺伝するものなのでしょうか?

Dsc_0743_convert_20180102210100

そしてアガベ氷山、綺麗なので欲しいのですが、一向に安くなりませんねえ。

Dsc_0744_convert_20180102210129

これなどはいくらするのか、恐ろしくて訊くこともできないです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年1月 2日 (火)

大晦日の宝さがし

昨年のこと、「年末年始はどうなってますか」と二和園さんにお訊ねしたところ、「無休でやってるよ」とのこと。

初詣を兼ねていこうかと思ったのですが、
31日は天候が悪く植替えなどやる気が起きなかったので、急遽出かけました。

雪がちらほら、初雪が大晦日に降るのは130年ぶりだそうです。

「大晦日のこんな日に多肉園に出かけるなんて」と思いましたが、二和園には先客もちらほら、私だけじゃなかったです。

Dsc_0724_convert_20180101213037

いつものようにハウスの紹介、第一のハウスです。いろんな多肉が入っていました。成株が中心で良く整理されています。

Dsc_0725_convert_20180101213101

Dsc_0727_convert_20180101213217_3
コノフィツムがお出迎え、最近の流行がわかります。

Dsc_0733_convert_20180101213302
Dsc_0738_convert_20180101213459

コチレドンにチレコドン、後の棒状のはチレコドン・パニクラツスです。

Dsc_0729_convert_20180101213240
Dsc_0734_convert_20180101213338
これはセネキオ・エンジェル・ウイングスですね。最近は花屋さんでも見られます。

Dsc_0726_convert_20180101213155
Dsc_0735_convert_20180101213417

以前のように掻き分けてお宝をさがすことはなくなりましたが、それでも数があるので見落とさないようにするのは大変です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月21日 (金)

春の宝探し 多肉祭り編 番外

さて色々見せていただき、一息ついたところで気が付くともう12時近く、あっという間に時間が経過していました。

Dsc_0312_convert_20170415215537
こんなものが目に入って、急にお腹がすいてきました。「丼!」

Dsc_0327_convert_20170417223334

ここは富士宮ということで、名物を食べに。神社の前のフードコートというか屋台村のようなところ、やはり焼きそばは屋外が合いますね。

Dsc_0331_convert_20170415215659

その神社は富士宮では有名な桜の名所だったようで、ついでに見ていくことに。

Dsc_0326_convert_20170415215636

4月も半ばなのですが、まだ十分花が残っていました。

Dsc_0322_convert_20170415215613

青空に桜が映えます。

Dsc_0317_convert_20170415215557

そして風が吹くと一面の花吹雪、花びらが髪にも肩にも。

Dsc_0334_convert_20170415215721

一緒に行った友人に、「あ、花筏」と言われて、「えっ!どこどこ」とエケべリアを探した私は本当に常識知らず。
どうも花びらが川に浮かんだこの状態を花筏というらしいです。知らなかった。

Dsc_0335_convert_20170415215742

ということで、花見もでき、とても楽しい一日を過ごすことができました。

富士多肉愛好会の皆さま、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月20日 (木)

春の宝探し 多肉祭り編 その5

このあと栽培中のところも見せていただきました。

Dsc_0304_convert_20170415215328

この辺は養生中のカット苗でしょうか?そんな雰囲気です。細かくふるった赤土が印象的です。根がもぐりやすそうです。

Dsc_0305_convert_20170415215354

この入れ物もきっちりと収まっています。特注品かな?

Dsc_0306_convert_20170415215413

Dsc_0307_convert_20170415215429
これがだんだん成長して、こうなっていくのだろうなという感じで並んでいました。

Dsc_0308_convert_20170415215445
この辺は斑物、特別扱いされているようです。

ここまで来てあることに気が付きました。
「網の上に直置きしてる!これって空冷栽培じゃ?

Dsc_0309_convert_20170415215504

寄せ植えしたトレーもちゃんと網の上に置かれています。

ここを訪れる前日、オリジナル栽培法として書いたばかり。もっとも吊り鉢にしている先輩からヒントを得たので、完全なオリジナルじゃないですが、既に実施されていました。
私は昨年始めたのですが、こちらの方が年季が入ってそう。

実は「そんなの常識のタッタタラリラ」だったらしいです。知らなかった。しかし、考えてみると実施されてるということは効果があるということです。

まるでデタラメを書いたわけじゃなかったというところが救いですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月19日 (水)

春の宝探し 多肉祭り編 その4

さて、即売苗の方はこんな様子。9時半着は既に出遅れ、トレーには空きが目立ちます。

Dsc_0276_convert_20170415214119
Dsc_0279_convert_20170415214615
Dsc_0277_convert_20170415214140
Dsc_0272_convert_20170415213958
3
個は当然千円、安いです。やはり苗を買うなら趣味の方からが一番ですね。

Dsc_0278_convert_20170415214159

セダムもありました。

Dsc_0283_convert_20170415214746

山盛りミニマ。

Dsc_0302_convert_20170415215310

Dsc_0291_convert_20170415214924
ハオルシアもいい物がたくさん残っているように見えますが、これは空いたトレーのものを寄せたもの、要するに「まだ残っていた!ラッキー」というような感じ、無くなったものには何があったのか気になるところです。

Dsc_0298_convert_20170415215223
ブラックオブツーサもこの値段でした。写真を撮っている間にも次々と無くなっていきました。そりゃそうですね。

Dsc_0297_convert_20170415215057

ちょうど花の時期がよかったサボテン、綺麗な花ですね。サボテンは花も見ごたえがあります。多肉でこういう芸があるのは少ないですね。アデニウムくらいしか思い浮かびません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月18日 (火)

春の宝探し 多肉祭り編 その3

多肉植物祭りの続きです。

エケべリアとコノフィツム以外もありました。

Dsc_0293_convert_20170415215003

ベンケイソウの仲間たちです。

Dsc_0294_convert_20170415215021
これはアドロミスクスの何か。

Dsc_0310_convert_20170415215520

すごく綺麗な斑入り、サンシモンバイオレットとエケべリア・クロマだったかな?

Dsc_0289_convert_20170415214900

レツーサ錦かな?これも綺麗ですね。何といっても園主様がハオルシアの大家なので、ハオルシアのレベルは高いです。

Dsc_0284_convert_20170415214838

Dsc_0285_convert_20170415214815
アガベも数は少ないですが、雪山みたいなのの向こうの氷山とかイスシメンシス錦とか、貴重品はしっかりありました。

Dsc_0295_convert_20170415215038

ダドレアは少なかったです。気が付いた限りではこれだけだったと思います。やはり人気がないというか、栽培する人が少ないですね。そう言えばダドレアの斑入りとか見ないですね。派手さが無く、変化が少ないのも人気がない原因かもしれません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物ランキング

2017年4月17日 (月)

春の宝探し 多肉祭り編 その2

次に見せていただいたのはコノフィツム。

Dsc_0267_convert_20170415213820
エケべリアと違って全て単独
植えなのですが、まるで絨毯を敷き詰めたよう。
お花畑ぽい感じでしょうか。

Dsc_0266_convert_20170415213759

コノフィツムといっても色も形も様々、全体をみるとカラフルで圧倒されます。

Dsc_0269_convert_20170415213858

群生株が多いのも迫力の要因でしょうか。

Dsc_0268_convert_20170415213840
コノフィツムに無知な私でもこれは知ってる、そして多分全ての方が知っているウィッテベルゲンセ。ここまでの群生になるのはずいぶん時間がかかるそうです。
ウィッテベルゲンセも模様が色々、面白いものです。この模様の良し悪しで価値が決まるそうです。好き嫌いもあると思いますけど。

Dsc_0270_convert_20170415213914

これなんか綺麗にデザインされていると思います。万人好みではないでしょうか。

Dsc_0271_convert_20170415213931

これは唐草模様とのことですが、真ん中に口が付いているようでちょっと不思議、マスクマンですね。

Dsc_0265_convert_20170415213732

そしてブルゲリ、「大きい!こんな大きいのがあるのですね」といったところ、出品者の女性の方が特に並べて下さいました。
「小さい方が綺麗なので好みです」とのこと。
言われてみると確かに小さい方が輝いて見えます。

宝石のようで、とても植物とは思えないですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧