フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

園訪問

2017年4月21日 (金)

春の宝探し 多肉祭り編 番外

さて色々見せていただき、一息ついたところで気が付くともう12時近く、あっという間に時間が経過していました。

Dsc_0312_convert_20170415215537
こんなものが目に入って、急にお腹がすいてきました。「丼!」

Dsc_0327_convert_20170417223334

ここは富士宮ということで、名物を食べに。神社の前のフードコートというか屋台村のようなところ、やはり焼きそばは屋外が合いますね。

Dsc_0331_convert_20170415215659

その神社は富士宮では有名な桜の名所だったようで、ついでに見ていくことに。

Dsc_0326_convert_20170415215636

4月も半ばなのですが、まだ十分花が残っていました。

Dsc_0322_convert_20170415215613

青空に桜が映えます。

Dsc_0317_convert_20170415215557

そして風が吹くと一面の花吹雪、花びらが髪にも肩にも。

Dsc_0334_convert_20170415215721

一緒に行った友人に、「あ、花筏」と言われて、「えっ!どこどこ」とエケべリアを探した私は本当に常識知らず。
どうも花びらが川に浮かんだこの状態を花筏というらしいです。知らなかった。

Dsc_0335_convert_20170415215742

ということで、花見もでき、とても楽しい一日を過ごすことができました。

富士多肉愛好会の皆さま、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月20日 (木)

春の宝探し 多肉祭り編 その5

このあと栽培中のところも見せていただきました。

Dsc_0304_convert_20170415215328

この辺は養生中のカット苗でしょうか?そんな雰囲気です。細かくふるった赤土が印象的です。根がもぐりやすそうです。

Dsc_0305_convert_20170415215354

この入れ物もきっちりと収まっています。特注品かな?

Dsc_0306_convert_20170415215413

Dsc_0307_convert_20170415215429
これがだんだん成長して、こうなっていくのだろうなという感じで並んでいました。

Dsc_0308_convert_20170415215445
この辺は斑物、特別扱いされているようです。

ここまで来てあることに気が付きました。
「網の上に直置きしてる!これって空冷栽培じゃ?

Dsc_0309_convert_20170415215504

寄せ植えしたトレーもちゃんと網の上に置かれています。

ここを訪れる前日、オリジナル栽培法として書いたばかり。もっとも吊り鉢にしている先輩からヒントを得たので、完全なオリジナルじゃないですが、既に実施されていました。
私は昨年始めたのですが、こちらの方が年季が入ってそう。

実は「そんなの常識のタッタタラリラ」だったらしいです。知らなかった。しかし、考えてみると実施されてるということは効果があるということです。

まるでデタラメを書いたわけじゃなかったというところが救いですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月19日 (水)

春の宝探し 多肉祭り編 その4

さて、即売苗の方はこんな様子。9時半着は既に出遅れ、トレーには空きが目立ちます。

Dsc_0276_convert_20170415214119
Dsc_0279_convert_20170415214615
Dsc_0277_convert_20170415214140
Dsc_0272_convert_20170415213958
3
個は当然千円、安いです。やはり苗を買うなら趣味の方からが一番ですね。

Dsc_0278_convert_20170415214159

セダムもありました。

Dsc_0283_convert_20170415214746

山盛りミニマ。

Dsc_0302_convert_20170415215310

Dsc_0291_convert_20170415214924
ハオルシアもいい物がたくさん残っているように見えますが、これは空いたトレーのものを寄せたもの、要するに「まだ残っていた!ラッキー」というような感じ、無くなったものには何があったのか気になるところです。

Dsc_0298_convert_20170415215223
ブラックオブツーサもこの値段でした。写真を撮っている間にも次々と無くなっていきました。そりゃそうですね。

Dsc_0297_convert_20170415215057

ちょうど花の時期がよかったサボテン、綺麗な花ですね。サボテンは花も見ごたえがあります。多肉でこういう芸があるのは少ないですね。アデニウムくらいしか思い浮かびません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月18日 (火)

春の宝探し 多肉祭り編 その3

多肉植物祭りの続きです。

エケべリアとコノフィツム以外もありました。

Dsc_0293_convert_20170415215003

ベンケイソウの仲間たちです。

Dsc_0294_convert_20170415215021
これはアドロミスクスの何か。

Dsc_0310_convert_20170415215520

すごく綺麗な斑入り、サンシモンバイオレットとエケべリア・クロマだったかな?

Dsc_0289_convert_20170415214900

レツーサ錦かな?これも綺麗ですね。何といっても園主様がハオルシアの大家なので、ハオルシアのレベルは高いです。

Dsc_0284_convert_20170415214838

Dsc_0285_convert_20170415214815
アガベも数は少ないですが、雪山みたいなのの向こうの氷山とかイスシメンシス錦とか、貴重品はしっかりありました。

Dsc_0295_convert_20170415215038

ダドレアは少なかったです。気が付いた限りではこれだけだったと思います。やはり人気がないというか、栽培する人が少ないですね。そう言えばダドレアの斑入りとか見ないですね。派手さが無く、変化が少ないのも人気がない原因かもしれません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物ランキング

2017年4月17日 (月)

春の宝探し 多肉祭り編 その2

次に見せていただいたのはコノフィツム。

Dsc_0267_convert_20170415213820
エケべリアと違って全て単独
植えなのですが、まるで絨毯を敷き詰めたよう。
お花畑ぽい感じでしょうか。

Dsc_0266_convert_20170415213759

コノフィツムといっても色も形も様々、全体をみるとカラフルで圧倒されます。

Dsc_0269_convert_20170415213858

群生株が多いのも迫力の要因でしょうか。

Dsc_0268_convert_20170415213840
コノフィツムに無知な私でもこれは知ってる、そして多分全ての方が知っているウィッテベルゲンセ。ここまでの群生になるのはずいぶん時間がかかるそうです。
ウィッテベルゲンセも模様が色々、面白いものです。この模様の良し悪しで価値が決まるそうです。好き嫌いもあると思いますけど。

Dsc_0270_convert_20170415213914

これなんか綺麗にデザインされていると思います。万人好みではないでしょうか。

Dsc_0271_convert_20170415213931

これは唐草模様とのことですが、真ん中に口が付いているようでちょっと不思議、マスクマンですね。

Dsc_0265_convert_20170415213732

そしてブルゲリ、「大きい!こんな大きいのがあるのですね」といったところ、出品者の女性の方が特に並べて下さいました。
「小さい方が綺麗なので好みです」とのこと。
言われてみると確かに小さい方が輝いて見えます。

宝石のようで、とても植物とは思えないですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月16日 (日)

春の宝探し 多肉祭り編 

富士多肉植物愛好会の春の多肉植物祭り、招待状をいただいたので行ってきました。いや、本当は招待状なしでも行くつもりでしたが、案内をいただけるのはうれしいものです。

Dsc_0337_convert_20170415214331

東京を7時半に出発し、到着は9時半、出足は早くもうすでに駐車場はいっぱい。詰めてもらってやっと入れました。人気のイベントです。今日もやってますよ、今から行っても間に合います。近くの方は是非どうぞ。

Dsc_0299_convert_20170415214546

入口でまず目に入ったのは山のようなエケべリア、すごい!さすが多肉祭り、趣味の方の展示品と思われますが、レベルはプロ以上です。
因みにこの撮影禁止のハウス内は啓芳園園主様のハオルシア、びっくりするような銘品ぞろいです。これを見るだけでも来たかいがあるというものです。

Dsc_0275_convert_20170415214100

エケべリアのコーナーはとても華やかです。

Dsc_0274_convert_20170415214015
Dsc_0273_convert_20170415214034
中央のボウルにもエケべリアがぎっしり、我が家の寄せ植えトレーとは迫力が違います。寄せ植えはこれくらいでないとダメですね。

Dsc_0281_convert_20170415214704

個別で目についたのはやはりこれ、モノケロテス錦です。確か大和錦と紅司の交配種の斑入り、エケべリアの斑入りは葉の形が崩れることが多いのであまり好きではないのですが、これは葉の形も綺麗です。

Dsc_0282_convert_20170415214727

Dsc_0280_convert_20170415214644
出るのはため息ばかり、やはり軒下ではこのレベルにするのは無理そうです。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月 1日 (土)

春の宝探し 2017 その5

続いて向かったのが、新設されたアガベハウス。昨年は圧縮陳列され窮屈そうな容態でしたが、今はゆったりです。

Dsc_0147_convert_20170329203030
Dsc_0138_convert_20170329192721
他の園ではなかなか見られない大アガベもあります。
アガベはやはりこの大きさが魅力です。
同じ種類でも小さいころとは姿が全く違います。

Dsc_0145_convert_20170329202923
チタノータも吉祥天もカッコいいです。

Dsc_0146_convert_20170329203106
しかし、これを室内に持ち込むのは無理、我が家で育てるには、寒さに強いものを庭木の代わりに地植えするしかありません。

Dsc_0143_convert_20170329202808

それにしても、このアガベ綺麗でした。葉は銀白色に輝き棘が金色です。訊かなかったので、残念ながら名前は不明です。誰かわかる方お教え願います。

Dsc_0142_convert_20170329202704

ということで、春の宝探しは無事終了です。
昨年の春と同じコースでしたが、大満足でした。

二和園さま、グランカクタスさま、ありがとうございました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月31日 (金)

春の宝探し 2017 その4

「ここからグランカクタスまで!」CMを見てびっくりした方も多いのでは。
二和園からは車で40分ほど、グランカクタスガーデンに到着です。

Dsc_0103_convert_20170329184530

ハウスはたくさんあって廊下でつながっており、迷路のようです。

Dsc_0106_convert_20170329184634

ここの特徴は何といってもその規模、あらゆるご要望に応えることができる品ぞろえ、というか園主様の趣味で集めたとしか思えません。とにかく売れ筋のものを置きたいという世の中の商店とはコンセプトが違う感じです。

Dsc_0109_convert_20170329184757

この光景を何といっていいのでしょうか。

Dsc_0107_convert_20170329184700

ミニマの群生です。すごい。

Dsc_0105_convert_20170329184609

野生コロラータ、我が家のもここ出身です。

Dsc_0119_convert_20170329185230

Dsc_0118_convert_20170329185148
ここがテレビに出たところかな。サボがぎっしり。

Dsc_0115_convert_20170329184851

ハオルシアもたくさんあったのですが、遮光が強く雨天のこの日は暗すぎて、この写真以外みんなピンボケ、カメラが、いや腕が悪いですね。

Dsc_0130_convert_20170329185847
グランカクタスさんのすごいのは、この塊根植物の品ぞろえだと思います。銘品、珍品何でもある感じです。

Dsc_0123_convert_20170329185712
Dsc_0140_convert_20170329202350
ただお値段はちょっと高めかな。二和園から廻る順序はきっと正解、二和園で買えるものは買って置き、二和園になかったものをここで探すのがいいと思います。

Dsc_0127_convert_20170329185754
Dsc_0128_convert_20170329185820

Dsc_0121_convert_20170329185626


Dsc_0122_convert_20170329185652
たくさんありすぎて選べません。実は、この辺の芋が欲しかったのですが、二和園の園主様から難しいと聞いたところだったので諦めました.

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月30日 (木)

春の宝探し 2017  その3

6のハウスは倉庫、ここにスリット鉢を始めとしていろんなプラ鉢が入っています。プロ用の鉢を安価で分けてもらえるのでとても重宝します。

Dsc_0088_convert_20170326220149

鉢を目的に来園される方もいるそうです。知らないと入りにくい雰囲気ですが、まだの方は一度どうぞ。

二和園訪問で必須なのは帽子です。ハウスの入口や天井が低いので、頭に注意です。さすがにヘルメット持参の方はおられませんが。

Dsc_0092_convert_20170326220209

さて、二和園で目についたのは、まず爪が目立つエケ、トリメンシス(トリメンシスは昔の名前で今はトルケンシスということになっています)だそうです。それにしても、知っているトルケンシスとは形が違っている不思議な感じのエケです。変種でしょうか。

Dsc_0100_convert_20170326220317

Dsc_0101_convert_20170326220335
超デカいスアベオレンス、メキシカンと並んで引けを取りません。こんなに大きくなるんですね。

Dsc_0095_convert_20170326220229

アガベ氷山もデカい。

Dsc_0099_convert_20170326220255

サルコカウロン、高価ですがそれでも二和園価格、他よりは安いと思います。

正月に来た時に気になったユーフォルビア・クリスパはなくなっていました。そりゃそうですよね、お買い得感がありましたから。ちょっと後悔です。

Dsc_0102_convert_20170326220357

そして不思議なお芋、名前は忘れました。芋の類は難しいそうです。元々芋に栄養が蓄えられているので、根や芽は出るのですが、一見元気でも葉の育ちや日照が十分じゃないと、芋を維持できなくて次第に痩せていき、数年で枯れてしまうそうです。
「地植えならいいと思うが、やはり鉢植えだと難しいねえ」と園主様。
高価な芋、育てられなくてはもったいないです。買っても後悔しそう、やはり見るだけにしておきます。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月29日 (水)

春の宝探し 2017  その2

3のハウスもエケべリアが多いです。

Dsc_0073_convert_20170326215955
いつの間にかエケべリアが増えているようです。そういう季節だからでしょうか。

Dsc_0063_convert_20170326214739
Dsc_0064_convert_20170326214759
Dsc_0065_convert_20170326214823
思いの外きれいに整理されていて、何か雰囲気が変わっているようです。昔のごちゃごちゃ感、掘り出し物が埋もれている感じがありません。まあ、整理されていてもいなくても、眼力が無くては同じことですが。

Dsc_0066_convert_20170326214851

ダドレアもありました。仙女盃です。

Dsc_0069_convert_20170326214916
Dsc_0070_convert_20170326214940
Dsc_0071_convert_20170326215006
4のハウスはカットして養生中と思われる小苗、掘り出し物がありそうです。

Dsc_0085_convert_20170326220110

ちゃんとビニール2重張りができるようになっています。やはり必要なんですね。アガベを凍傷にしてしまった身としては見習わなくてはなりません。

Dsc_0076_convert_20170326220018
養生中のダドレア、細葉仙女盃だそう。よくヌビゲナで売られることがあります。

Dsc_0077_convert_20170326220035
Dsc_0078_convert_20170326220051
ブリトニー・グリーンフォーム、仙女盃の白粉の無いものです。この時期は紅葉が綺麗です。左上部にはサクソーサも、これはあまり見かけないものです。

Dsc_0074_convert_20170327001101

5のハウスはサボが少し、季節柄かちょっとサボは寂しいです。

続きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧