フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

ハオルチア

2017年7月12日 (水)

まねっこ植え

玉扇の小苗が手に入ったので、ヤシ殻植えをやって見ました。

Dsc_0157_convert_20170708205012
この玉扇は本当に小さいです。

Dsc_0158_convert_20170708205033
ホームセンターでヤシ殻を探したところ、ヤシ殻100%の膨らむ土というのが売られていました。とても安価だったので、ちょっと不安です。

Dsc_0160_convert_20170708205054
膨らむ土というよりは、木毛セメント板という感じ、水にふやかすとすぐぶよぶよになるアレです。

Dsc_0161_convert_20170708205130
カップに小分けし、水を加えます。

Dsc_0163_convert_20170708205200
なんかべちゃべちゃ、イメージと違います。

Dsc_0165_convert_20170708205224
取り敢えず植えてみました。肥料はマグアンプをパラパラと入れただけです。
もう少し乾かしてふんわりしてから植えるべきだったでしょうか?

大丈夫かちょっと不安、もっといいヤシ殻探せばよかったかな?

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年7月11日 (火)

ヤシ殻植え

ハオルシア玉扇です。ハオルシア界では有名な方から譲っていただきました。
Dsc_0194_convert_20170708210256
特に名前付きのものでは無いのですが、その方自らの実生品だそうで、きっと綺麗な模様が入りそうな気がします。その方によるとハオルシアの模様は大きくなると変わってしまい、小さな時にいい模様が入っていても大きくなっていい物になるとは限らないそうです。
Dsc_0195_convert_20170708210323
驚いたのは植えてある土、いや土ではありません。ヤシ殻だそうです。軽くて水はけがよく空気が通りやすいそうです。まだ試している段階だそうですが、悪影響がでなければこれから順次これに替えていくつもりだそうです。

Dsc_0197_convert_20170708210345
確かに赤玉のように時間がたつと潰れて固くなることもなさそうですし、土でなくても上手く育ちそうです。

Dsc_0198_convert_20170708210402

いろいろ工夫の余地があって面白いですね。エケにも使ってみようかな。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月28日 (水)

コレクタ収穫しました

ハオルシア・コレクタ、たくさん実が付いていましたが、鞘がはじけてしまうのが心配で、ストローをかぶせていました。しかし、先日の強風大雨でストローが外れたり、水浸しになったりしました。

Dsc_1001_convert_20170626231929
そろそろ取り入れた方が無難かなということで、少し青い実もありましたが全部取り入れました。
鞘を外してみましたが、そこそこ種は入っています。

Dsc_0998_convert_20170626231838
玉扇は1鞘で
20粒くらいの種が入っていましたが、コレクタは10粒位です。人鞘が小さいのは実をつけすぎたからでしょうか。

Dsc_0999_convert_20170626231903

さて、早速蒔こうと思いましたが、ハオルシアは秋蒔きがいいとのこと。秋まで採り置かなくてはなりません。ベテランの方は消毒して冷蔵庫に入れておくそうです。面倒くさいとか言う者は、いつまでたっても名人にはなれないのでしょうね。ハオルシアの道険しです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年6月 5日 (月)

実生苗植え替えしました

ずっとやろうと思いながらできなかったハオルシア実生苗の植替え、やっと昨日植替えしました。

Dsc_0858_convert_20170604212552
ハウス造りのせいだけではありませんが、力仕事をすると他のことをする気力が全く無くなります。それだけ体力が落ちているということだと思います。

それはさておき昨年11月の種まきから半年、ようやくここまで成長しました。全部で18本ありました。植替えにはそれなりに根気が要ります。

Dsc_0860_convert_20170604212613
直径は3mmほどです。実生苗には選抜がつきものですが、この大きさでは全く区別がつきません。もっとも無名の玉扇なので選抜もなにも無いのですが・・・。

Dsc_0862_convert_20170604212638
取り敢えず「みんな頑張れ」です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月28日 (日)

種が入りました

ハオルシア・コレクタです。種が稔ったようです。
一本の花芽に種が入った鞘が沢山付きました。

Dsc_0761_convert_20170527220211
「種がいっぱい入りましたよ」と先輩に報告したところ、「コレクタは一番簡単」とのことでした。

Dsc_0759_convert_20170527220142

親株を大事に思うなら、あまり種を付けない方がいいそうです。
「それ早く言ってよ」もうたくさん付けてしまったので、もう手遅れです。仕方がないので、取り敢えず蒔けるだけ蒔くことにします。

因みに難しいのはピリフェラ錦だそうです。斑入りを母木に使うと子供に斑が入ることが多いそうで、ピリフェラ錦を交配親にして種を採り、斑入りの交配種を作り、それをまた母木にして元の交配親をかけ戻すそうです。何回か繰り返すと、元の形の錦ができるそうです。ただ、ピリフェラ錦に種を稔らせるところが、なかなか上手くいかないそうです。

Dsc_0762_convert_20170527220238
蒔いた種が成長して、花を咲かすのに何年位かかるのかを聞いたところ、「5年くらいかな」とのことでした。それを繰り返すとすると、できるのは早くても15年以上はかかりそうです。世の中には恐ろしい世界があるのですね、踏み入ったら抜けることができなさそうです。見るだけにしておくのが無難ですね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月26日 (水)

よし、実生をしよう

ハオルシアも花芽が伸びてきました。

Dsc_0389_convert_20170423202220

伸び過ぎて画面に納まりません。

Dsc_03922_convert_20170423202242
開花時期を合わせるため、1本目の花芽をカットしたのですが、
2本目も成長が早く先に開花してしまいました。元気があるのですかね。

ハオルシアの花は開花が遅い方の花粉をとって、早く開花した花の雌しべに付けると実りがいいとのこと。成熟のスピードが雄しべと雌しべで違うのだそうです。みんな研究されているのですね。

Dsc_0394_convert_20170423202304

花はこんな感じ、小さくて受粉が難しそうです。昨年は玉扇の花でいろいろ試したのですが、実ったのは1花だけでした。ただ、種が大きいのでベンケイソウより種が採れた実感はありました。

コレクタは初めて、とにかくやってみるしかありません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月 2日 (日)

寄せてみました

ハオルシア植替えを兼ねて寄せ植えしました。

Dsc_0990_convert_20170325214630

寄植えといっても私の場合、センス良くカッコいいものを作ろうなどとは思いません。あくまで栽培目的です。もっとも思ってもできませんが。

Dsc_0985_convert_20170325214043
左からミルキーウェイ、オブツーサ、ピリフェラ錦です。
どれもよく子株を出してぎゅうぎゅうになっていたので、どうせなら思いっきり子株を出してもらおうと植えこんだ次第です。

Dsc_0986_convert_20170325214127

ミルキーウェイ、良く増えるので珍しくはないですが、とても綺麗で気に入っています。

Dsc_0987_convert_20170325214306

オブツーサはごく普通のものです。大粒でも紫色でもないです。

Dsc_0988_convert_20170325214528

ピリフェラも綺麗ですが、いまいち形がビシッと決まらないです。

小さいものを寄植えするのがセオリーらしいですが、今回寄せたのは親の方です。

Dsc_0992_convert_20170325214354

しっかり子株も取りましたが、なぜかこちらは寄せず。
実は終わってから、セオリーを知りました。
「しょうがねー」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月21日 (火)

花芽もカット

どうしようか迷っていましたが、植え替えたついでにカットしてしまいました。

Dsc_0922_convert_20170319221149

でも大丈夫、2本目が出ています。こちらの花芽を大事にしていくつもりです。

Dsc_0921_convert_20170319221125

実は他のコレクタにも花芽が出ているのを発見したので、こちらの方が花の時期が合うのではと思ったからです。なんとかこれらの苗の種を採って実生をしたいものです。

Dsc_0923_convert_20170319221303

ところでハオルシアの植替え、難しいですね。アガベと同じように根が突っ張るので、思ったより鉢の深さが必要です。後から見るとみんな浅植えになっています。もう一度やり直す根性はないし、一年このままで辛抱してもらうしかありません。

Dsc_0925_convert_20170319221324

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月15日 (水)

ハオルシア実生報告(4か月)

昨年の11月に蒔いたハオルシア・玉扇、4か月経ちました。

Dsc_0882_convert_20170313214905

種を蒔いて以来ずっと密閉したままです。蓋を閉めたらすぐに内部に霧が発生し、中がよく見えない状態に。中が見たくて仕方が無かったのですが、じっと我慢しておりました。


Dsc_0881_convert_20170313214839

ようやく春を迎え、「そろそろいいかな」とついに蓋を開けることに。
ちょっとハラハラします。

Dsc_0886_convert_20170313214929
ジャーン!ついに蓋を開けました。

ちゃんと育っていました。全部で
19本出ていますが、1本は透明になっているので育ちそうにありません。確か蒔いた種は22粒、ここまでの結果は18本、初めてにしてはまずまずではないでしょうか。

開けてもすぐに植え替えたりせず、しばらくは蓋を半分ほどずらし、ゆっくりと外気にならすそうです。
これも先人の教えの通り、ノウハウを公開していただけるのは本当にありがたいです。

ところでハオルシア、ハオルチアどっちでしょう。タイトルとカテゴリーが混乱しています。
これは最初にハオルチアとしていましたが、ベテランの方の多くがハオルシアと呼ばれているので、それに倣い呼び方を変更したためです。
「じゃあ全部変更すれば?」面倒なのでどっちでもいいが本音です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年3月 8日 (水)

ハオルシア植替えました

そろそろ春ということで、ハオルシアも植替えです。
取り敢えずこれから。

Dsc_0821_convert_20170306200707

これは例の超巨大コンプトというもの、これから巨大になるかもという期待だけがあるハオルシアです。

Dsc_0822_convert_20170306200726

スリット鉢が歪んでいます。根が暴れていそうです。

Dsc_0823_convert_20170306200744

抜いてみるとこんな様子、根はだいぶ圧迫されていたようです。

Dsc_0828_convert_20170306200823

新しいスリット鉢を用意、大小あります。

Dsc_0829_convert_20170306200844
小さいほうでも前の鉢より一回り大きく、場所もないのでこれでいいかと思ったのですが、超巨大コンプトの名前に敬意を表し大きいほうにしました。

Dsc_0826_convert_20170306200804
土はこんなもの、振るった赤玉と鹿沼、バーク堆肥、パミスなどのミックスです。

Dsc_0830_convert_20170306200909
肥料は完熟油粕とマグアンプです。

Dsc_0832_convert_20170306200932
ということで植替え後です。まだちょっと鉢に負けている感じです。「大きすぎる鉢に植えると失敗する」という名言がありますが、ちょっと心配なバランスです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村