フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

即売会

2018年5月17日 (木)

一年ぶりの大船で宝さがし その5

ああ楽しかった、快い疲れが残っています。
しかし、即売会の写真があまり撮れていないのが残念です。

これでは宝さがしの記事が書けない、いやいや主催者の皆様に申し訳ない、でした。

Dsc_0936_convert_20180513212958

ということで初日の写真を頂きました。

Dsc_0934_convert_20180513212857

すごい、ハイビスカスだけでなく何とサボテンも花盛り。

Dsc_0981_convert_20180515231105
Dsc_0943_convert_20180513213126

これが販売苗の真の姿だったのか」この美しさは何でしょう。

Dsc_0982_convert_20180513212306

ヒントニーの斑入りもありました。

Dsc_0939_convert_20180513213039
Dsc_0010_convert_20180513212515

ラウシーも安い。エケも安い。

Dsc_0942_convert_20180513213103
Dsc_0949_convert_20180513213153
Dsc_0030_convert_20180515225909

写真を見ているだけで心が躍ります。

Dsc_0935_convert_20180513212937

「よし、この秋は何が何でも初日に行くぞ・・・、行けるかな?」
初日が平日なのがうらめしいです。

ともかくも充実した1日、初日でなくても十分満足ということで、宝さがし報告を終わります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月16日 (水)

一年ぶりの大船で宝さがし その4

それにしても植物園は天国のようなところです。

Dsc_0077_convert_20180513204321

Dsc_0076_convert_20180513204300
サボタニ展示会が開催されている温室の中は花盛りでした。

Dsc_0078_convert_20180513204340
Dsc_0080_convert_20180513204359
Dsc_0083_convert_20180513204420

これは南国の花、ハイビスカスです。

Dsc_0068_convert_20180515225443

Dsc_0069_convert_20180515225507
こちらは熱帯スイレン、蓮の花です。

外にはばらやシャクナゲもシーズンだったようです。

色々楽しんで入園料400円で一日過ごせ、お弁当も持ち込み可能、テーマパークの中では破格です。そしてお土産はサボタニ、最高です。

Dsc_0058_convert_20180513212556
Dsc_0044_convert_20180515230743

さて、お土産にするべき即売苗はというと、こんなところ。

Dsc_0060_convert_20180515230425
これはそろっているので、土曜日の持ち込み品と思われます。

Dsc_0061_convert_20180515230931

他はスカスカして、ちょっと寂しい感じ。「よく売れたのね」という感じです。

Dsc_0048_convert_20180513212534

お店ではないので、次から次へと補充するわけにはいかないようです。

Dsc_0983_convert_20180513212336

高級品が残っていました。これは破格に安いそうです。成長が遅く、ここまでのものはなかなか手に入らないとのこと。

説明を聞いていたら、20代と思われるカップルの方が目の前で購入していきました。「安ーい!」とのこと。

わかる人にはわかる、わからない人にはわからない、趣味の世界はそんなものですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月15日 (火)

一年ぶりの大船で宝さがし その3

次はサボ・アガベほどトゲトゲしていないものです。

Dsc_0002_convert_20180513203551

まずはバッケリー錦なるもの、これは何だと思います?ガステリア属、つまり臥牛だそう。
臥牛も大きくなると葉が色々な方向に出るのか、と思ったところ、それだけではないとのことでした。本来の臥牛はこういう風に回転して全方向に葉を出すそうです。
二方向の臥牛は日本人が日本人好みに改良したそうです。万年青のイメージとのことです。
大船に行くと勉強になりますね。

Dsc_0017_convert_20180513203855

続いてはハオルシア、よく見る形ではありますが、真ん中のものの白さがすごいです。白粉ものとはまた違った白さで素敵です。

Dsc_0019_convert_20180513203914

次はコンプトニアナ、どちらかが萩原コンプトの片親と教えていただいたのですが、大久保コンプトの方でしたっけ?すみません、記憶があいまいです。

Dsc_0085_convert_20180513204659

Dsc_0089_convert_20180513204722
ピクタの黒いものと白いもの。黒いのができたから大黒と名付けた、と作出者の方。さすがですね、すごいです。

Dsc_0096_convert_20180513204928

ビックリしたのはこれ、寄せ植えではありません、群生株です。
黒法師の枝が先祖返りしたとのこと。不思議、不思議。

Dsc_0014_convert_20180513203837
Dsc_0092_convert_20180513204836
Dsc_0093_convert_20180513204856

エケベリアの斑物がいっぱい。

Dsc_0034_convert_20180513204139

その中でひときわ目を引いたのがこれ、エケベリア・ルノーディーン。

数年前、二和園さんで小さいのが販売されていましたが、育てる自信が全くなく値段を訊いただけで撤退しました。これはその二和園のものだそうです。

名人が育てるとこんなに立派になるのですね。
我が家に来なかったのは、この苗のためにも良かったと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月14日 (月)

一年ぶりの大船で宝さがし その2

大船フラワーパークの展示会は、富士多肉研究会が多肉特にハオがいいのに対し、こちらはサボテンがすごいです。

お宝さがしなので即売品しか見ていないと思われるかもしれませんが、展示されているお宝もいいものです。

それではまずサボテンのお宝を次々と。

Dsc_0031_convert_20180513204046

Dsc_0032_convert_20180513204103

ゲオヒントニア属と言うそうな、成長が遅いそうなので、この大きさになるのは大変そう。

Dsc_0029_convert_20180513204028

Dsc_0033_convert_20180513204121
ロホホラ属、我が家にもこちらで入手したロホホラがありますが、こんなになるのはいつのことやら。

Dsc_0009_convert_20180513203817

何か分からないがすごい迫力です。

Dsc_0021_convert_20180513203936

マミラリア属、きれいな赤いのは花ではなく実だそうです。

Dsc_0035_convert_20180513204158

ツルビニカルプス属の精巧殿、昔小さいのを一年もたずに腐らせた思い出が。

Dsc_0099_convert_20180513204950

ユーフォルビア、しっかり斑が入っています。

Dsc_0996_convert_20180513212433

Dsc_0987_convert_20180513212402
そしてアガベたち。

Dsc_0023_convert_20180513203953
Dsc_0024_convert_20180513204011

これはカブトガニぽいですが、葉の幅がとても広い特別品、珍しいそうです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年5月13日 (日)

一年ぶりの大船で宝さがし その1

今日は好天気、お出かけ日和です。まあ行くと決めていたので、お天気は関係ないですが。

Dsc_0054_convert_20180512215617
ということで、昨年の
5月以来久しぶりの大船フラワーパークです。大船フラワーパーク自体が改装ということで、しばらく休園していました。

Dsc_0038_convert_20180512215638

サボテン・多肉植物の展示会も場所が変わって温室の中で行われていました。

Dsc_0051_convert_20180512215655
Dsc_0050_convert_20180512215711

この温室です。温室前にはバナナの木が花を咲かせていました。

Dsc_0040_convert_20180512215756
Dsc_0041_convert_20180512215736

朝は渋滞に巻き込まれ、8時半には着くつもりが9時過ぎになってしまいました。
もうすでに会場の中には人だかりが、今日は初日と並んで出だしがいいとのことです。

温室内は天気が良くてちょっと暑い、やっぱりお天気は関係あり、宝さがしは曇りの日がいいです。まあ今回は13日の日曜日までと開催日が決まっているので仕方ありません。

Dsc_0045_convert_20180512215856

Dsc_0046_convert_20180512215917
Dsc_0047_convert_20180512215934
会場内には恒例の展示苗がありました。いずれも年季が入った作り込み株ばかり、サボテンなど自分で育ててみると、展示品のすごさがわかります、いや本当には分かってはいないと思いますが。

Dsc_0967_convert_20180512220017

これはユーフォルビア群星冠の群生株、我が家のものとは大きさが全然違います。何年たてばこんなになるのでしょう。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年4月20日 (金)

春の多肉祭りで宝さがし2018 その4

さて、啓芳園といえばやはりハオルシアです。

Dsc_0583_convert_20180415224323

園主様はハオルシアの収集家としても有名、趣味と仕事が混在した世界です。
今年も特別に温室を見せていただきましたが、色とりどりのハオルシアがカラフルな春模様を描き出しており、エケ温室と見まごうほどでした。一言でいえば、斑入りハオと白模様の大型ハオが大量にあったということです。すごいの一言、圧倒されました。
残念ながら温室の写真はありません。上の写真は出品されたハオルシアです。

Dsc_0581_convert_20180415224233
Dsc_0603_convert_20180416213925

園主様の影響か、会員の皆さまもとても研究熱心で、出品されるハオルシアは素晴らしいものばかりです。

Dsc_0582_convert_20180415224253

とはいえ多肉祭りはあくまで普及の場ということで、入手しやすい価格に設定されています。

Dsc_0585_convert_20180415224406
Dsc_0584_convert_20180415224345

万象も玉扇も銘品が並んでいます。超お買い得です。

Dsc_0609_convert_20180416214230

うわさによると例会のセリ会では、もっとすごい苗がこの10倍、20倍の値段で取引されているとか、ちょっと入れない世界です。

Dsc_0595_convert_20180416213544
私はまだまだ栽培下手なので、この辺で十分です。枯らさないように腕を磨きます。

見学も買い物も楽しんで、その上会員さんにも栽培方法を教わりました。やはりこういう会は、多肉好きの皆様とお話しできるのがいいところですね。
もう大満足で帰路につきました。
富士多肉研究会の皆さま、本当にありがとうございました。

さて、次は大船かな。
大船の植物園がリニューアルされ、5月の連休明けからサボテン・多肉の展示即売会が開催されるそうですよ。これまた楽しみです。

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年4月19日 (木)

春の多肉祭りで宝さがし2018 その3

エケベリアの他にも綺麗な斑物がありました。

Dsc_0606_convert_20180416214057

コチレドンの福娘の斑入りです。
右のは何でしょう、プロリフェラかな?

Dsc_0607_convert_20180416214130

こちらも福娘の斑入りだと思われます。
ベンケイソウの斑入りには、葉の形が崩れるものがありますが、こちらは葉の形も綺麗でとても華やかです。

Dsc_0608_convert_20180416214200

こちらも美しい斑入り、パキべリアでしょうか?それともエケ?これもよく判らないです。

Dsc_0604_convert_20180416213952

アガベも斑入りの立派なのがありました。
カブトガニの斑入りです。この大きさは、カブトガニとしてはほぼ最大、立派な大人です。アガベにしては小さいですが、アガベ特有の迫力があります。

Dsc_0605_convert_20180416214023

こちらはパリーの縞斑です。華やかで綺麗です。
パリーの斑入りは中斑か縞斑であり、覆輪斑は見かけたことがありません。ちょっと不思議です。そのうち現れるのでしょうか。

Dsc_0594_convert_20180416213229

斑入りではありませんが、面白いのがありました。アドロミスクス・クーペリーの丸葉タイプです。達磨クーペリーとはこれでしょうか。ユーモラスな姿に魅かれます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年4月18日 (水)

春の多肉祭りで宝さがし2018 その2

中が気になるハウスがありました。

Dsc_0599_convert_20180416213731

こちらは珍し気なエケベリアなどが並んでいます。どうもナーセリーになっているようで、売り物ではありません。

Dsc_0600_convert_20180416213759
でも色とりどりでとても綺麗です。エケハウスはこのお花畑のような雰囲気がいいですね。

Dsc_0586_convert_20180416212909

珍しいエケは他にもありました。
綺麗な斑入りです。

Dsc_0587_convert_20180416212938

そしてまた斑入り。

Dsc_0601_convert_20180416213829

こちらはアガボイデスの斑入りです。初めて見ました。

Dsc_0588_convert_20180416213006

こちらは普通のミニマです。

Dsc_0602_convert_20180416213849

こちらは普通でないミニマ。色々ありますね。

Dsc_0590_convert_20180416213044

こちらは値札が付いていたモノケロテス錦、まだ高価です。
育てる自信がないので見るだけにしておきます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2018年4月17日 (火)

春の多肉祭りで宝さがし2018 その1

414日、15日に富士宮市の啓芳園で開催された富士多肉研究会さんの春の多肉祭りに、今年もまた行ってまいりました。

Dsc_0578_convert_20180415224123

9時半ごろには着きたいと思って家を出たのですが、今年は高速道路がすいていて開催時間の9時に到着、駐車場にもすんなり入れてテンションが高まります。

Dsc_0597_convert_20180416215919
しかし、もう既にお客さんが来ている様子です。

Dsc_0593_convert_20180416213207

「そりゃそうだ、早い者勝ちですもんね」

Dsc_0591_convert_20180416213120

多肉祭りは会員さんが育てられた多肉を格安で販売されています。
エケベリアなどの販売苗はとても綺麗に育てられています。

Dsc_0580_convert_20180415224213
多肉のレベルは高く、価格は安いです。高級品も破格に安く、普及品は激安です。

Dsc_0579_convert_20180415224146

トレー毎持って帰りたい感じですが、多肉の普及のために、格安で出品されているので、品の無い買い方はできません。

Dsc_0592_convert_20180416213143

右下はフィロボルス、一鉢350円でした。
「安い!これは買う」と思ったのですが、ひと回りしている間に他のものに気を取られ、忘れてしまったのが心残りです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年12月 7日 (木)

アガベ寺で宝さがし その4

さて即売会のほうはというと、錦玉園さん、鶴仙園さんの老舗両店と趣味家の方がお店を出されておりました。

当然のことながら行列の方はこちらが目当て、相変わらずの多肉人気です。のんびりお話しながら買物できた昔が懐かしいです。

Dsc_0541_convert_20171203231520

こちらはお馴染み錦玉園さん、いつもながら綺麗な苗です。

Dsc_0542_convert_20171203231539
同じものでも錦玉園産は別のものに見えてしまいます。

Dsc_0540_convert_20171203231502

最近人気のメセン類も取りそろえ、相変わらずの充実ぶり。

Dsc_0543_convert_20171203231557

ブルゲリなどもありました。

Dsc_0546_convert_20171203231642

一方、鶴仙園さんはハオルシアなどが中心、黒のラン鉢にゼオライトが敷き詰められ、また違った趣です。

Dsc_0544_convert_20171203231618

鶴仙園さんには、こういう珍し物も多く、錦玉園さんと両方で上手く多種類をカバーされています。

Dsc_0545_convert_20171203231713

趣味家さんのほうは写真がありませんが、サボとアガベが中心だったような気がします。

2時間ほど滞在し、知り合いとおそばを食べて調布まで歩きました。天気も良く、紅葉の中をお散歩できて、本当に充実した日曜を過ごせました。

こういうところのイベントは、買い物以外にも楽しみがいろいろあって、出かけ甲斐があります。

次は世田谷のボロ市でも行こうかなあ。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村