フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ランキングに参加しています

即売会

2017年5月18日 (木)

植物園で宝探し その4

他にも展示品には面白いもの、美しいものが色々。

Dsc_0691_convert_20170514220803
これはメロカクタス属の何か、花座が帽子のようです。

Dsc_0694_convert_20170514220837
Dsc_0693_convert_20170514220820

これはエピテランサ属の月世界と小人の帽子です。
こんなに綺麗に育てるのは難しいだろうなあと想像できます。

他に多肉もいろいろありました。

Dsc_0681_convert_20170514220742
左はガステリア属だそうです。アロエかと思いました。ガステリアも大きくなると全く別物ですね。これが本来の姿でしょうか。

Dsc_0635_convert_20170514215630
さて、即売品はというと朝着いた時はこんな感じ。さすがに最終日ということでちょっとスカスカ。
「仕方ない、今回は栽培法が目的だから」と諦めていたところ、会員の方から新しい持ち込みがありました。

Dsc_0647_convert_20170515223150
「おお、素晴らしいダドレアが!」
これは事前連絡もインサイダー情報も無し。全くの偶然です。即売品が少なくなったので、日曜に来る人のために追加で持ってこられたそうです。

「超ラッキー!」と早速お買い上げ。
「やはりお宝は現物でしょ」と言うことが最初と違いますが、世の中そんなものということでお許し願います。

ソフトなお宝に加えハードなお宝もゲットし、大満足の大船でした。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月17日 (水)

植物園で宝探し その3

そして我が家にもいるロホホラ属、同じ種類でも全然違います。育て方次第でこうなるのか、それとも元々素晴らしい素質の持ち主なのか。

Dsc_0656_convert_20170514220349
翠冠玉、ふわふわの綿に覆われています。

Dsc_0658_convert_20170514220430
素晴らしい綿毛、これほど綿毛に覆われたものは初めて見ました。

Dsc_0663_convert_20170514220517
これは煙を吹いているようですね。面白いです。

ロホホラはふわふわと柔らかく、サボテンの中では異色の存在です。どうやって育てるのか訊いてみました。

翠冠玉はそれほど日当たりが良くなくても育つそうです。綿毛を維持するために頭からの潅水は避け、鉢底からやるそうです。

Dsc_0655_convert_20170514220302

烏羽玉と銀冠玉は日当たりがいい方がいい、特に銀冠玉は日当たりが悪いと綺麗な白肌にならないそうです。


植替えは春ですが、小苗の時は毎年、大きくなると2年に一度くらいでいいとのこと。太い根を切ると新しい根が出て大きくなると書いてある本があるが、太い根は切らない方がいいとのことでした。

冬の寒さには強い方とのことでした。

Dsc_0657_convert_20170514220412
我が家の環境でギリギリのところですね。もう少し手をかけて頑張って見ようと思いました。

Dsc_0671_convert_20170514220646
Dsc_0673_convert_20170514220703
展示室の窓からは美しい風景が見えました。モネの絵のようですね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月16日 (火)

植物園で宝探し その2

さて、展示品で最初に眼にとまったのはこれ、緋牡丹錦です。会場でも人気でこれの子苗が欲しいとの声があがっていました。

Dsc_0653_convert_20170514220139
花にも斑が入っています。

Dsc_0660_convert_20170514220448
花に斑が入るという言葉は知っていたのですが、今までどういう状態を言うのか今一つわかっていませんでした。これは一目瞭然、よくわかりました。

Dsc_0676_convert_20170514220722
さて緋牡丹錦を育てられた方のお話では、こういう斑が入った花からできた種を蒔いても斑入りのサボテンはほとんどできないそうです。何百粒と蒔いても斑入りはわずかで、それも全斑でうまく育たないものが多いそうです。我が家のランポー錦もそう、やはり難しいのですね。

Dsc_0654_convert_20170514220213

つぎは花籠、そしてヒントニー、難物と言われるアズテキウム属です。
棘がなく(痛くない)カッコいいので興味はあるのですが、育てる自信がありません。

Dsc_0664_convert_20170514220547
お話では、腐ったりすることはまずないそうで、それほど難物ではないとのことでした。ただ成長がものすごく遅いそうです。きちんとした温室設備がないと死ななくても育たないそうです。やはり無理ですね。

がっかり。

Dsc_0668_convert_20170514220626
これ面白いですね。家でも作って見ようと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年5月15日 (月)

植物園で宝探し

今日はようやく大船へ、サボテン・多肉植物展示会の最終日です。
即売会もあるのですが、最終日ということでこちらの方は期待薄、どちらかと言えば栽培方法を教わるのが目的です。
「なんだ、宝探しじゃないじゃん」と思った方、お宝はハードだけでなくソフトなものもありますよ。栽培方法も立派なお宝です。

Dsc_0633_convert_20170514215604
朝一番で行ったので、植物園はまだ静かでのんびりしています。

Dsc_0649_convert_20170514220110
誰もが写す案内板です。大船の植物園は今年は7月から大改装のため、年度いっぱいお休みだそうです。ひょっとするとこの看板も見納めかもしれません。

Dsc_0648_convert_20170514220038
展示会場に到着、入口で寄せ植えがお出迎え、昨日は寄せ植え教室もあったそうです。

Dsc_0638_convert_20170514215717
Dsc_0636_convert_20170514215810
Dsc_0639_convert_20170514215901
それにしてもすごいですね。

Dsc_0645_convert_20170514220010
いつものようにサボテン・多肉がずらりと並んでいます。

Dsc_0642_convert_20170514215937
まずはカンテ様、大きいですね。カンテは育てるのが難しく、なかなかこんな大株には育てられません。この辺りも訊いてみたいところです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月20日 (木)

春の宝探し 多肉祭り編 その5

このあと栽培中のところも見せていただきました。

Dsc_0304_convert_20170415215328

この辺は養生中のカット苗でしょうか?そんな雰囲気です。細かくふるった赤土が印象的です。根がもぐりやすそうです。

Dsc_0305_convert_20170415215354

この入れ物もきっちりと収まっています。特注品かな?

Dsc_0306_convert_20170415215413

Dsc_0307_convert_20170415215429
これがだんだん成長して、こうなっていくのだろうなという感じで並んでいました。

Dsc_0308_convert_20170415215445
この辺は斑物、特別扱いされているようです。

ここまで来てあることに気が付きました。
「網の上に直置きしてる!これって空冷栽培じゃ?

Dsc_0309_convert_20170415215504

寄せ植えしたトレーもちゃんと網の上に置かれています。

ここを訪れる前日、オリジナル栽培法として書いたばかり。もっとも吊り鉢にしている先輩からヒントを得たので、完全なオリジナルじゃないですが、既に実施されていました。
私は昨年始めたのですが、こちらの方が年季が入ってそう。

実は「そんなの常識のタッタタラリラ」だったらしいです。知らなかった。しかし、考えてみると実施されてるということは効果があるということです。

まるでデタラメを書いたわけじゃなかったというところが救いですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月19日 (水)

春の宝探し 多肉祭り編 その4

さて、即売苗の方はこんな様子。9時半着は既に出遅れ、トレーには空きが目立ちます。

Dsc_0276_convert_20170415214119
Dsc_0279_convert_20170415214615
Dsc_0277_convert_20170415214140
Dsc_0272_convert_20170415213958
3
個は当然千円、安いです。やはり苗を買うなら趣味の方からが一番ですね。

Dsc_0278_convert_20170415214159

セダムもありました。

Dsc_0283_convert_20170415214746

山盛りミニマ。

Dsc_0302_convert_20170415215310

Dsc_0291_convert_20170415214924
ハオルシアもいい物がたくさん残っているように見えますが、これは空いたトレーのものを寄せたもの、要するに「まだ残っていた!ラッキー」というような感じ、無くなったものには何があったのか気になるところです。

Dsc_0298_convert_20170415215223
ブラックオブツーサもこの値段でした。写真を撮っている間にも次々と無くなっていきました。そりゃそうですね。

Dsc_0297_convert_20170415215057

ちょうど花の時期がよかったサボテン、綺麗な花ですね。サボテンは花も見ごたえがあります。多肉でこういう芸があるのは少ないですね。アデニウムくらいしか思い浮かびません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月18日 (火)

春の宝探し 多肉祭り編 その3

多肉植物祭りの続きです。

エケべリアとコノフィツム以外もありました。

Dsc_0293_convert_20170415215003

ベンケイソウの仲間たちです。

Dsc_0294_convert_20170415215021
これはアドロミスクスの何か。

Dsc_0310_convert_20170415215520

すごく綺麗な斑入り、サンシモンバイオレットとエケべリア・クロマだったかな?

Dsc_0289_convert_20170415214900

レツーサ錦かな?これも綺麗ですね。何といっても園主様がハオルシアの大家なので、ハオルシアのレベルは高いです。

Dsc_0284_convert_20170415214838

Dsc_0285_convert_20170415214815
アガベも数は少ないですが、雪山みたいなのの向こうの氷山とかイスシメンシス錦とか、貴重品はしっかりありました。

Dsc_0295_convert_20170415215038

ダドレアは少なかったです。気が付いた限りではこれだけだったと思います。やはり人気がないというか、栽培する人が少ないですね。そう言えばダドレアの斑入りとか見ないですね。派手さが無く、変化が少ないのも人気がない原因かもしれません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物ランキング

2017年4月17日 (月)

春の宝探し 多肉祭り編 その2

次に見せていただいたのはコノフィツム。

Dsc_0267_convert_20170415213820
エケべリアと違って全て単独
植えなのですが、まるで絨毯を敷き詰めたよう。
お花畑ぽい感じでしょうか。

Dsc_0266_convert_20170415213759

コノフィツムといっても色も形も様々、全体をみるとカラフルで圧倒されます。

Dsc_0269_convert_20170415213858

群生株が多いのも迫力の要因でしょうか。

Dsc_0268_convert_20170415213840
コノフィツムに無知な私でもこれは知ってる、そして多分全ての方が知っているウィッテベルゲンセ。ここまでの群生になるのはずいぶん時間がかかるそうです。
ウィッテベルゲンセも模様が色々、面白いものです。この模様の良し悪しで価値が決まるそうです。好き嫌いもあると思いますけど。

Dsc_0270_convert_20170415213914

これなんか綺麗にデザインされていると思います。万人好みではないでしょうか。

Dsc_0271_convert_20170415213931

これは唐草模様とのことですが、真ん中に口が付いているようでちょっと不思議、マスクマンですね。

Dsc_0265_convert_20170415213732

そしてブルゲリ、「大きい!こんな大きいのがあるのですね」といったところ、出品者の女性の方が特に並べて下さいました。
「小さい方が綺麗なので好みです」とのこと。
言われてみると確かに小さい方が輝いて見えます。

宝石のようで、とても植物とは思えないですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2017年4月16日 (日)

春の宝探し 多肉祭り編 

富士多肉植物愛好会の春の多肉植物祭り、招待状をいただいたので行ってきました。いや、本当は招待状なしでも行くつもりでしたが、案内をいただけるのはうれしいものです。

Dsc_0337_convert_20170415214331

東京を7時半に出発し、到着は9時半、出足は早くもうすでに駐車場はいっぱい。詰めてもらってやっと入れました。人気のイベントです。今日もやってますよ、今から行っても間に合います。近くの方は是非どうぞ。

Dsc_0299_convert_20170415214546

入口でまず目に入ったのは山のようなエケべリア、すごい!さすが多肉祭り、趣味の方の展示品と思われますが、レベルはプロ以上です。
因みにこの撮影禁止のハウス内は啓芳園園主様のハオルシア、びっくりするような銘品ぞろいです。これを見るだけでも来たかいがあるというものです。

Dsc_0275_convert_20170415214100

エケべリアのコーナーはとても華やかです。

Dsc_0274_convert_20170415214015
Dsc_0273_convert_20170415214034
中央のボウルにもエケべリアがぎっしり、我が家の寄せ植えトレーとは迫力が違います。寄せ植えはこれくらいでないとダメですね。

Dsc_0281_convert_20170415214704

個別で目についたのはやはりこれ、モノケロテス錦です。確か大和錦と紅司の交配種の斑入り、エケべリアの斑入りは葉の形が崩れることが多いのであまり好きではないのですが、これは葉の形も綺麗です。

Dsc_0282_convert_20170415214727

Dsc_0280_convert_20170415214644
出るのはため息ばかり、やはり軒下ではこのレベルにするのは無理そうです。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

2016年10月14日 (金)

秋のお勉強 その4

まずはコレクタ・ユニオン、出品された方がおられました。
「ユニオンって何でしょうか」からスタート。こういう時は素人丸出しのほうが良いのです。

Dsc_0438_convert_20161012232024

「ユニオンとはユニオンダレンシスの略で、特に網目がはっきり出るコレクタのこと」だそうです。
「江隈ユニオンというのが有名で、ブランドになっており、昔はすごく高価だったけど、最近はもっとすごいものが色々出てきたので、それほどでもなくなってきた」とのこと。

聞き手が素人なので、間違いがあるかもしれません。ご容赦願います。

「小林ユニオンというのは会の大先輩で小林さんと方がおられ、その方から受け継いだもの」とのことでした。因みに小林さんは国際多肉の小林会長さんとは別人とのことです。

そして育て方です。「コレクタはよく陽に当てないとダメ、徒長したり、黒い肌色が薄くなったり、模様がはっきり出なかったりする、ただし直射日光は避ける」とのお話。ハオルシアはどこの温室でも結構遮光が強く、薄暗い感じがしていたのですが、どうもそうではなさそうです。陽加減が難しそう。

コレクタはそもそも育てるのが難しく、軟弱に育てると夏に周りから溶けることがあるそうです。怖ろしや。

そして、なんとスマホに親苗の画像を入れておられました。そして、その他にもお持ちの苗の写真がいっぱい。
「ほらこれですよ、綺麗でしょう」
「うわ、ほんとに美人ですね」
「こちらも素敵でしょう」
「ほんとにカワイイですね」
おじさん二人がスマホを眺めてニヤニヤ、何やら怪しい会話です。
そこに大久保コンプトの出品者さんも加わり、ハオ談義です。

Dsc_0436_convert_20161012232001

「大久保コンプトは萩原コンプトの片親、もう片方は・・・」すみません、聞き漏らしてしまいました。そもそも話についていけません。そしてやはりハオルシア日当たりが大事とのことでした。

「陽加減が分からなければ、自分の温室の棚の色々な場所に何本か置いてみて、どこが良く育つか見ればいいんですよ」

なるほど、しかし温室も無く、苗も同じものは2本と無いのです。素人とはいえ、まさかそのような状態とは、さすがに教える方も想定外のようです。
この方はコンプトだけでも60本以上実生用の親苗としてお持ちとのことでした。

Dsc_0433_convert_20161012231922

最後にこちらの紫オプツーサ、出品された方はその日は来ておられないとのことでした。
でも、先ほどの方から、
「これはいいオプツーサだね。よく陽にあてて上手に育てないと、なかなかこのように平たく育たない」
とのお言葉をいただきました。
この大きさだと、真ん中が盛り上がってしまうことが多いそうです。
他にもいろいろ教えていただきましたが、結論は「とにかくやって見るしかない、みんな失敗してうまくなるんだから」とのこと。
全くそのとおりですね、これからハオルシアの実地訓練、いよいよ開始です。細々とですが。

大船の展示会の皆様、どうもありがとうございました。


Dsc_0435_convert_20161012231941

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村